風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。Kindle版の無料キャンペーンも随時行ないます。多くの方のご購読を願っております。

 谷崎精二・個人全訳「ポオ全集」(春秋社・版)第1巻より、4回めの紹介をする。
 同(3)は、先の5月27日の記事にアップした。



 今回は、「穽と振子」「細長い箱」「タア博士とフェザア教授の治療法」、3編を読んだ。
 「穽と振子」は、宗教裁判で残酷に殺されようとする「私」が、次第に降りて来る振子の刃の下で台に固定される刑から逃れ、次第に狭まる菱形の焼けた鉄板からも、敵軍の侵攻によって救われる、空想的な話である。
 「細長い箱」は、誠実なワイヤットが妻に急死され、郵船でニューヨークへ運ぶべく、木の箱に入れて乗せ、難破した郵船と共に(脱出の機会がありながら)沈む話である。大事にする木の箱の中身への関心で、読者を引っ張る。
 「タア博士とフェザア教授の治療法」は、精神病院の患者たちが看護師らを監房に押し込め、奇妙な盛宴を催す話である。

 ポオの生活困窮、アルコール依存による混乱か、悪い冗談のような内容になって行くのが惜しい。
 記憶の「穽と振子」では恐怖を感じたのに、今回は感じなかったのは、僕の感性・想像力の衰えか。翻訳が悪いのではないだろう。

棺
写真ACより、「棺」のイラスト1枚。


 今日2回めの記事更新です。
 ブログの上部メッセージボードと、右サイドバーのバナーでお報せしている通り、ハンドルネーム・新サスケはペンネーム・柴田哲夫で、Kindle本・短編小説「底流」を、今年2月20日に自力発行しました。

Kindle「底流」表紙
 今回、2回めのKindle本・無料キャンペーンを、6月6日17時~6月11日16時59分の予定で、開催中です。本人が既に、無料となっている事を、確認済みです。
 右サイドバーの「底流」のバナーからはもちろん、AmazonのKindleストア・カテゴリで「柴田哲夫 底流」と検索しても、直ちに購入ページへ行けます。
 半世紀以上前、高校生が書いた短編小説ですが、3年間の思いを込めて書いた、濃密な小説です。
 無料キャンペーンは、今回で仕舞いとしますので、関心がおありの方は、是非この機会にお求めください。



 角川ソフィア文庫「西東三鬼全句集」より、「『変身』以後」を読み了える。
 先行する「変身」(2)は、今月3日の記事にアップした。



 1961年秋より、1962年4月に没するまでの、句である。わずか54句に過ぎない。
 自身が1952年に創刊・主宰した俳誌「断崖」のように、癌による死を見つめる、断崖に至った。
 しかし句境は澄んで、清明である。突っ張って来た、詰屈が失せている。

 今回で、角川ソフィア文庫「西東三鬼全句集」の紹介の、仕舞いとしたい。
 まだ拾遺句集があるが、自身が採らなかった句である。
 また自句自解も2集を収め、興味深いが、屋上屋の感じがするので、紹介しない。

 以下に5句を引く。
父と兄癌もて呼ぶか彼岸花
這い出でて夜露舐めたや魔の病
ばら植えて手の泥まみれ病み上り
ついばむや胃なし男と寒雀
木瓜の朱へ這いつつ寄れば家人泣く
0-24
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ