風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

IMG_0001
 今月16日の記事、「入手した2冊」で報せた内、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年10月号を、作品中心に読む。
 
同・9月号の感想は、8月20日の記事にアップした。
巻頭作品20首
 永田和宏「夏のをはり」は、実感がこもって、老いの自覚と共に、親しみやすい。「永田和宏作品集 Ⅰ」を今、読み継いでいるせいもあるだろう。1首を引く。
病むために仕事辞めるにあらざれど仕事を辞めて病む友多し
 道浦母都子「梅花藻とベトナム」後半では、ベトナム戦争時の被拷問者、枯葉剤の被害者に会って、用意した慰問の玩具等が、役立たぬ現実を知る。
開かざる掌(て)にクレヨンを渡したるそのときにじかんがはたと止まった
特集「覚醒する子規――生誕一五〇年」は、ほとんど読まなかった。時代が閉塞すると、なぜ復古に走るのか。僕は子規の随筆1、2冊、俳歌少々、「歌詠みに与ふる書」を読んだくらいで、とても子規論を読む気にならない。
特別作品30首
 小林幸子「満月祭」30首は、力量のある1群である。原発災害を、近しく詠んでいる。1首を引く。

森と森のあひの窪地に緑色のシートをかぶせてある仮置き場
作品12首
 天野匠「途中下車」12首が、庶民の現在を描く。次の1首が、危機下の行楽を描いて鋭い。
公園の浅きプールに子ら遊ぶ大人も濡れて楽しそうなり
作品7首
 小林亜起子「地獄覗き」7首は、家族の果て、生活の果てを描いて、感銘を与える。
ニシキギの雨に紅増しそういえばひとり暮しが楽なこの頃



CIMG0424
 秋のお彼岸の中日(9月23日、秋分の日)も近く、彼岸花とコスモスの花をアップする。
 昨年9月23日、記事
「彼岸花、コスモスとウメモドキ」をアップしている。
 今年の写真は、9月20日に撮ったものである。
 近所の不耕作田の、彼岸花の群生は、ここ1つになってしまった。
 他に5、6本の株が2か所あるだけとなった。路肩の管理が厳しくなったせいだろう。

CIMG0427
 同じ不耕作田とその続きの田の、畦道を挟んでコスモスが咲いている。
 草丈は高いとはいえ、はかなげな花である。
 以前はあった、赤花が失せた。
 ウメモドキの写真は、待ってください。


 9月12日の記事、かん吉「人気ブロガー養成講座」(3)の、Part7に、「魅力的なプロフィールを書く」がありました。
 その中のアドバイス、「書けることは何でも書く」、「実績は公開しよう」などに従い、かん吉さんのブログ「わかったブログ」のプロフィール欄も参考に、このブログのプロフィールを書き換えてみました。
 PC版では、右サイドバートップの、プロフィールの「新サスケ」をクリックしてください。またスマートフォン版では画面をずっと下にスクロールして、「読者ボタン(Twitter、Facebookページ)」の下、3カウンターの上に、アイコンマークの右、「新サスケ」の文字がありますので、それをタッチしてください。
 それぞれ、ほぼ9月19日に書いた、プロフィールが現われます。
 PC版では、狭い枠に、改行が効かずずらずらと並ぶので、やや読みにくいかと思います。スマホ版でも改行は効きませんが、画面一杯に表示されます。
 <略歴>で出生、職歴など。<詩歴>に継ぐ<著書>では3冊の詩集を。<受賞歴>では2つの小さな詩の賞を。<歌歴>では、25年を越える短歌との関わりを。それに現在の所属等の<現在>、幾つかの<資格>、<ブログ>を。それぞれ簡単に公開しました。
 このブログを読んでくださる、一助になればと思います。
 (追記)「詩歴」を、詳しく書き直しました。
0-86
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ