風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

CIMG9461
 詩集を読もうと思って、「白秋全集」の「詩集編 1」を取出して来たのだけれど、その贅沢な編集ぶりと、感覚偏重にお手上げだった。
 それで以前より気になっていた、「吉本隆明全詩集」を取り出してきた。
 2003年、思潮社・刊。1,811ページ。価格2万5千円を、中古本1万5千円で入手。
 2重箱であり、写真は内箱の表である。
 なお僕は、勁草書房「吉本隆明全著作集」全15巻を読んでいたらしく(寄贈して今は手許にない)、この全詩集の多くの詩は、理解は別にして既に読んでいる。
概要
 吉本隆明の詩を、政治論や文学論、まして多くの論争から離れ、詩とのみ対して、本の順番ではなく、詩作の順番から取り付いたなら、取っ掛かりようもあるかと、初期詩編より読み始めた。大冊だけれど、「雨垂れ石をも穿つ」の気持ちで進みたい。
感想

 初期詩編「Ⅰ」は、1941年~1944年の7編である。
 宮沢賢治の影響を感じられる「朝貌」や、「序詩」の「大イナル祖国ノ闘ヒノ中ニ/自ラヲ捧ゲテ征カネバナラヌ」の戦争少年ぶりが、眼につく。
 初期詩編「Ⅱ」は「呼子と口笛」と題され、1943年・作の14編を集める。
 「呼子」は妹に宛てた書簡体で、生活詩派風な所がある。
 「フランス語回顧」では、当時の敗国・フランスを思い遣って、抵抗の思いがあるか。
 「ワタシノ歌」では、漢字・カタカナ混じりの文体で、壮士の歌だ。また一方、「花」では、木蓮の花をうたって、危うく戦争翼賛へ手放しで傾かない心情を描いている。


 

光のひび2
 Amazonのkindle本より、駒田晶子・歌集「光のひび」をダンロード購入し、タブレットに収めた。
 同じ「現代歌人シリーズ」の、
佐藤弓生「モーヴ色のあめふる」の読後感は、今月17日の記事にアップした。
 価格は1,000円。kindle unlimitedより、追加金無料で買える。
概要
 駒田晶子(こまだ・あきこ、1974年~)は、結社「心の花」所属。
 第49回・角川短歌賞・受賞。先行する歌集「銀河の水」により、現代歌人協会賞、ながらみ書房出版賞、宮城県芸術選奨新人賞、各受賞。
 歌集「光のひび」紙本版は、2015年11月、書肆侃侃房・刊。kindle版は、2016年1月・刊。
感想
 子育ての歌があるので、家庭を持って、時には違和感を滲ませて詠っているようだ。
 なお紙本版の古本が廉価で出ているので、紙本の古本で良い人は、それを購入するのも1手だろう。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、11番目の句集、香西照雄「対話」を読み了える。
 今月15日の記事、
稲垣きくの「榧の実」に次ぐ。
概要
 原著は、1964年、星書房・刊。中村草田男の長文の序、646句(1282句より、本書のため自選)、年譜、あとがきを収める。
 1938年~1963年の句を、第1部(1938年~1945年)、第2部(1946年~1955年)、第3部(1956年~1963年)の3部に分ける。
 香西照雄(こうざい・てるお、1917年~1987年)は、東大「成層圏」時代より中村草田男に師事し、1946年の「万緑」創刊に参加。
 中村草田男を補佐し、(没後の選者として)後継した。また「竹下しづの女句文集」の編集・発行等も業績とされる。

感想
 中村草田男の「人間探求派」であり、桑原武夫「第二芸術論」の時代を経て、現代俳句の道を行った。
 ただ二物衝突どころか三物衝突(例えば「祭り笛獅子頭めきバスが来る」)と思われる句がある。1句に多くを詰めこみ過ぎて、難解、字余りの句もある。
 現代の総合的な句風に至る過程だったのか。
引用
 以下に5句を引用する。
あせるまじ冬木を切れば芯の紅
母の咳妻の歯ぎしり寒夜の底
鬼百合や妻が少女となりし家
紫雲英道幾筋断ちて基地始まる(伊丹基地にて)
遠のけば白鳥まぶし稼ぐ妻よ
0-41
写真ACの「童話キャラクター」より、「桃太郎」のイラスト1枚。





↑このページのトップヘ