風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 8月18日(第3日曜日)の午後1時半、メンバー3人が喫茶店に集まって、短歌研究会A第59回を持った。
 同・第58回は、先の7月18日の記事にアップした。
 僕は少し早めに着いて、アイスコーヒーを注文してスマホのインスタグラムを見ていると、定刻前にTさんとMさんが現れた。2人はレモンスカッシュを注文し、歌誌の貸し借り・返却、方言集の手渡し等のあと、研究会Aに入る。


 短歌研究会Aは、お互いの詠草の検討である。
Mさんの10首より。
 1首めの「逸れしか」を「逃れしか」に、「走井」を「湧井」に直すよう、僕とTさんが提案した。
 8首めの上句「ライトバンの後部ガラスを」の「後部ガラス」を「リアウィンドー」に直すよう、僕が提案した。他に何ヶ所か。
Tさんの10首より。
 6首めに「生活」の語があるので、「くらし」と訓むのかと僕がTさんに訊くと、「たつき」と訓ませるつもりだったが、普通の「くらし」で良いとの返事だった。
 9首めの中句「おさまらず」は、旧かなでは「をさまらず」だと、僕が指摘した。他に何ヶ所か。
僕の10首より。

 参院選を詠んだ3首があり、政治的過ぎるかと思ったが、2人はそれくらい詠んで良い、との意見だった。
 10首めは、中句「話振れば」に無理があるなどするので、別の歌と差し替える事にした。他に何ヶ所か。

 研究会のあと、僕の今期110首余を2人に読んでもらい、感想をもらった。次回短歌研究会Bの日程を決め、さらに研究会Aの次回が第60回になり節目なので食事会をする約束をした。
 10時45分頃に散会した。
0-57
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



 現代詩作家・荒川洋治氏(高校文芸部の1年・先輩)の恩賜賞・日本芸術院賞受賞記念講演が、8月17日(第3土曜日)の午後2時より、福井県立図書館の1室で行われ、僕も予約聴講した。
 詩の催しとして、今年6月24日の記事、第2回「蝸牛忌」参加の記に次ぐ。

荒川洋治 講演会
 午後一時半、会場に着くとすでに開場しており、待ち合わせた詩人のA・雨子さんが廊下にいない。会場内に彼女の姿を見つけ、(3椅子1組の右端に座っていたので)1つ後ろの席に座り、約束していた「方言集」新版3部、室生犀星の「我が愛する詩人の伝記」(古本、ビニールカバーに包んで)を渡した。
 講演のあとサイン会があるということで、何も持って来なかった(先日に買った現代詩文庫「続々 荒川洋治詩集」を持って来れば良かった)僕は、そのサイン会で方言集を渡そうと、A・雨子さんより1部を戻してもらった。


 講演者の荒川洋治氏の入場、登壇には会場(定員150名1杯)から、暖かい拍手が起こった。県・教育長(?)より、記念品・贈呈。
 講演は、詩・評論の活動を振り返って始まった。小学生時代は内気な子で、自分で打破するべく、中学校の生徒会の書記・会長を務めたこと。中学時代、国木田独歩の「山林に自由存す」に倣って海岸の松林を巡ったところ、20余編の詩が生まれ、自信が付いたことなど。
 ユーモアを交え、時に毅然と語り、僕は小声で笑ったり涙を拭ったりして聴いた。高校生時代の思い出として、僕の本名(フルネーム)やM・晴美さんの名前も挙げられた。
 後半、僕は腰が痛くなり、迷惑になる前にいったん退席し、喫茶室でアイスコーヒーを飲んで、休憩した。20分くらいで席に戻った。講演は自作「美代子、石を投げなさい」の朗読で、予定の3時40分丁度に結着した。講演終了・退場にも会場より、惜しみない拍手が送られた。

 サイン会の前、廊下で荒川洋治氏に方言集を、「プリントの粗末なものですけど」と手渡して、一礼した。
 帰ろうとすると、作家・評論家のH・二三枝さん(高校文芸部の後輩)に会ったので、「荒川さんに挨拶したら」と促した。彼女は「このあと、荒川さんたちと三国町(2人の出身地)で、慰労会(?祝賀会?)があるの」と言うので、僕は思わず「羨ましいなあ」と嘆声を上げた。




 今月2日の記事、届いた2冊(9)で報せた内、川野里子の短歌評釈「葛原妙子」を読み了える。
IMG_20190801_0001
 購入の経緯については、初めのリンク記事に述べたので、ご参照ください。
 笠間書院、コレクション日本歌人選070、2019年7月25日・刊。122ページ。
 歌誌「かりん」選者の川野里子(6冊の歌集あり)が、戦後・前衛派の歌人・葛原妙子の短歌50首を選んで評釈すると共に、略伝、略年譜、解説、読書案内(全歌集、参考書、等)を付す。

 1通り読んでみて、称賛のあまり、作者の意図・心情を越えたと思われる評釈がある。塚本邦雄の美化よりは、良いと思うけれども。
 生活短歌を詠む僕は、出来るかぎり、葛原妙子の短歌を生活に還元したい。

 これから砂子屋書房「葛原妙子全歌集」4,900首に突撃する予定だけれども、僕は切り抜けられるだろうか。川野里子のこの評釈本は、携えることなく、処分したい。



 

↑このページのトップヘ