風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

Kindle本の第1歌集「雉子の来る庭」をKDPしました。右サイドバーのアソシエイト・バナーよりか、AmazonのKindleストアで「柴田哲夫 雉子の来る庭」で検索して、購入画面へ行けます。Kindle価格:250円か、Kindle Unlimitedで、お買い求めくださるよう、お願いします。

 新潮社の「川端康成文学賞 全作品 Ⅰ」(1990年・刊)より、1981年・受賞の竹西子「兵隊宿」を読み了える。
 先行する野口冨士男「なぎの葉考」は、先の7月28日の記事にアップした。

 リンクより、関連旧記事へ遡れる。

 「兵隊宿」は、港に近い町の、部屋数の多い民家に、出港する前の兵隊が次々と泊まる話である。息子のひさし少年の目で描こうとするが、作家が直接描く場面もある。
 将校や兵隊たちに同情的である。戦争を美化するのかと、敗戦後すぐには、許されなかったストーリーだろう。1981年となり、反戦の風潮も緩んできたのだろうか。少年の目、母親が兵隊の行く末に胸を痛める思い、小母さんの庶民感情の言葉、によってようやく成り立っている。
 僕も71歳の死に近づく(人生100年とすると、30年あるが)歳になって、この小説を許せる気がする。
 多くの読者は、竹西寛子の名前を知らないだろう。1985年・受賞の田久保英夫となると、マニアックな読者しか知らないだろう。僕は野口冨士男の名前を知らなかった。世の移り行きと共に、読書の嗜好も変わり、古く忘れられる作家があり、新しく注目を集める作家が生まれる。



02 (7)
 イラストACより、鉢植えの1枚。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 筑摩書房「現代日本文学全集 補巻8 上林曉集」より、8番めの短編小説「擬宝珠庵(ぎぼしあん)」を読み了える。
 先行する「嬬恋ひ」の感想は、先の7月2日の記事にアップした。

 リンクより、関連過去記事へ遡り得る。

 「擬宝珠庵」は、戦争末期、作家が郷里の四国へ疎開する場合を考え、裏山へ建てることを空想した、掘立小屋の名前である。賞愛する庭の擬宝珠を分け植え、読書執筆の生活を持とうとする。鍬を取っての農業は、40歳過ぎの自分には無理だと書いている。僕にさえ甘い空想である。「私といふ男が、人の世の温かさをこそ知れ、まだ無情と冷酷と憎悪に痛めつけられて死ぬ思ひをした試しがないので、…」と、作家も気づいている。
 空想に頼ることが、悪いことだけではない。それにより、生き延びる日々が、ある人々にはあるだろう。
 短編の私小説ばかり書いたことも、あながち否めない。俳歌の人々も、日々の悶々や喜びを作品にして、生きる支えとする。俳歌人にはプロが少ない(アマチュアの多さに比して)が、上林曉が作家の生を全うしたことは立派である。性格的にどうかという面もるが、文学創作が「世に生れ合せた生き甲斐であり、自分の人生そのものである」とする面から、やむを得ないところもあるのだろう。



ギボシ
 写真ACより、擬宝珠の写真1枚。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2021年8月のカレンダー、2種を紹介します。
 同7月のカレンダー2種は、7月1日の記事に紹介しました。



 暁龍さん作成の卓上型カレンダーの8月分です。
8月カレンダー・暁龍
 全13枚、リング綴じ式で、立て置きやすい。
 8月分のカレンダーのイラストは、打ち揚げ花火を背景に、筒花火や線香花火を楽しむ3にゃんず、あんこさん、麦くん、まる君です。女の子の、あんこさんが右手に持っているのは何か?そう、チャッカマン(商品名)です。わが家で手花火をする時は、火を点けたロウソクのロウをコンクリ床に垂らし、熱いうちにロウソクを立て、ロウが冷え固まってロウソクを固定させるのを待つ、高級技を使っていました。チャッカマンで良いなら、その苦労はしなくて済みます。目から鱗、です。
 暁龍さんは、プロ・マンガ家、あんこと麦とのブロガーインスタグラマー(フォロワー4万5千人以上)、またTwitterYouTubeでご活躍です。
 カレンダーは昨年末に、メルカリより購入しました。ふだんはプリンターの上に置いています。

8月カレンダー・アクサ生命
 企業もの(アクサ生命)のカレンダーの、8月分です。イラストは、アクサ生命のゆるキャラ、くるりん君が縁側で少年(誰?)と、西瓜を食べているところです。
 長方形の写真を撮るため、2007年販売の台形補正機能のあるコンデジ(カシオ製、3万円)を今だに使っています。台形補正機能の内、名刺などを撮るマクロモードで撮って来ましたが(本の表紙をかつて撮っていた)、そうでないホワイトボード等を撮るベスト・ショットに撮影シーンを変えました。少しは明瞭になったでしょうか。気づくのが人の何倍も遅い!
 





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ