風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

 先の1月16日(火曜日)朝9時半に集合予定の所、15分頃に喫茶店前でTさんとMさんに会った。大雪の道路困難を心配して、早く家を出たのかも知れない。
 3人での短歌研究会A第42回である。先の
同・第41回は、昨年12月16日の記事にアップした。年末の研究会Bを休んだので、1ヶ月ぶりの再会だった。
 喫茶店の席に掛けて、3人ともモーニングを頼んだ。
 歌誌、歌集の貸し借り、返却をして、研究会に入る。研究会Aは、各自の詠草の検討である。
Mさんの9首より。
 1首目の「庭隅にしんと椿が覗きゐる」の上句より、「椿の花が咲く」を僕が奨めた。しかしちょっと芸がなく、結句の「風花が舞ふ」の「花」とも重なるので、後にメールで「椿の紅(あるいは「白」)の咲く」に直しては、と連絡した。
 8首目の上句「山雀と鵯とが交互に鳴きて来る」は、「互みに来ては鳴く」にするよう、僕が奨めた。「互みに」は「かわるがわる」の意味もある。
 9首目の「除湿機の水流しより」をTさんが、「水捨てしのち」に直すよう奨めた。
Tさんの10首より。
 1首目の結句、「野寒布(のしやつぷ)岬」は「納沙布岬」と混同しやすいので、ルビを振るよう、2人が奨めた。
 9首目の2句3句「異形のものこそ恋しけれ」の2句が字余りなので、「異形のものの」にするよう(「こそ」なしの已然形はあるので)僕が奨めたが、Tさんは「こそ」に拘るので、僕は退いた。
僕の10首より。

 5首目の「「ああ多い」呻き句集を読みゆくに多いは悪に似るようである」の2句目「呻き」を「厚い」に直すよう、Tさんが奨める。句集で多いといえば句数の事で、採りたくない。
 9首目の3句から「パソコンの前を立ち来て外を眺める」の4句より、「立ち来て」を「はなれて」に直すよう、Tさんが奨めたが、原作の具体のままにしたい。
 そのあと、僕の今期1ヶ月の歌、60首近くを、2人に読んでもらい、感想をもらった。
 次の研究会Bの日程を決め、10時45分頃に散会した。
0-10
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。



 思潮社「吉本隆明全詩集」(2003年2刷)より、「第Ⅳ部 初期詩編」の「Ⅺ 残照編 (1949~1950)」を読み了える。7回目の紹介である。
 先行する
同・「Ⅹ 詩稿Ⅹ」は、今月13日の記事にアップした。
概要
 27編を集める。なお(1949~1950)と添え書きされるが、1950年には「Ⅻ 日時計編Ⅰ」148編が制作されている。
 手製の原稿用紙24枚の表裏48ページの詩稿とされる。全50編のうち、残り23編は判読困難とされて、収められなかった。
感想
 この詩編群では、これまでよりも思想性が露わになっている。
 「午前」では「清廉 潔白 端正な形の眉/ああそいつはぼくの心理のいづれのはしくれも占めてゐない/汚濁 反抗 忿瞋と泥沼/まるでどうにもならないやりきれなさで充ちてゐるんだ」と戦後派のやりきれなさを描いている。
 「理神の独白」では、「ぼくは生存の条件/を何か他の要素でおきかへたため 脱落して路頭にある」と孤立の思いを確かめている。
 「列島の民のための歌」では「大凡ありとあらゆる地上の愚劣と卑小は/この島を占有してゐる/いまも眠つてゐる太古のままの民たちよ」と日本庶民の未開を嘆く。
 「昔の歌」では「ぼくもうたをうたふからには/たしかに人間の集積してきた巨大な精神を/すべて忌みきらひ反抗するのであつて/妥協の余地はないのである」と、反抗の詩人としての決意を明らかにしている。
 「長駆」では「たゆたふことなく論理は心理の影像を帯びはじめた」と心理と論理の一体化した、思想を展べる基礎が現われる。
0-01
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。



海、悲歌、夏の雫など 千葉聡
 今月6日の記事「3冊をダウンロード」で報せた内、千葉聡・歌集「海、悲歌、夏の雫など」を、タブレットで読み了える。
概要
 紙本版は、2015年4月14日、書肆侃侃房・刊(現代歌人シリーズ1)。Kindle版は、2016年1月27日・刊。
 価格は、紙本版が2,052円(Amazonのマーケットプレイスの中古本で、10円+送料350円より)、Kindle版が1,000円、Kindle Unlimited版が追加金無料。
 千葉聡の第5歌集である。208首、「桜丘高校の小さな黒板―あとがきにかえて」を収める。
感想
 ネット上に「千葉の短歌は未熟だが熱い」と書かれ、たしかに現代の大人(たいじん)の成熟には遠い。
 しかし彼は、成熟を目指していないと僕は思える。成熟が後退成長か、世間との馴れ合いを意味する時節、彼は成熟を拒否し、いつまでも若くあろうとする。1歩ずつの前進、成長は必要だけれども、と僕も思う。
引用

 以下に7首を引く。
「千葉Qへ」手紙の最後に書いてある T田が俺につけたあだ名が
悩みごと二つかかえてナイトラン大桟橋に着き伸びをする
Tの字は震えに震え「真剣に歌を詠めよ」と説教ばかり
母さんがくれた茶色い文庫カバー 太宰(だざい)専用カバーと決める
君に会って別にどうすることもない ただ会うということ 会うことだ
「始めまーす」マイに続いて全員が「はーい」と叫んでアップ始まる
県大会出場を決めたわがチーム 明日も練習 その次の日も



↑このページのトップヘ