風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

 河出書房「ドストエーフスキイ全集」第2巻(1956年・刊)より、中編小説「初恋」を読み了える。
 先の5月21日の記事、
同・「白夜」に次ぐ。
概要
 創作されたのは、ペトラシェフスキー事件で監禁中の1849年で、1857年の「祖国雑誌」に匿名で掲載された。
結婚の挙式費用に窮したためとされる。
感想
 旧題は「小さい英雄」で、主人公は11歳の少年である。上流社会に紛れ込み(親、兄弟への言及はない)、暴れ馬を乗りこなして金髪美人の貴婦人と親しくなり、ひそかに慕うM夫人の窮地を救う。
 しかし題名は「小さい英雄」のままが良かった。
 M夫人への思慕も、初恋というより、15歳で母を(17歳で父を)亡くしたドストエフスキーの、幼年時代の豊かな生活と母への親しみを、失くしたことへの追慕であろう。
 ドストエフスキーの小説には、どうしてこう激情型の人物が現われるのだろう。
 父親が課したという、厳しい躾(のちには規律)への、反動だろうか。
0-45
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。


歌壇 7月号
 今月16日の記事「歌集1冊と歌誌2冊を入手」で報せた3冊の内、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2018年7月号を、ほぼ読み了える。同・6月号の感想は、先の5月26日の記事にアップした。
特集 年齢をどう詠むか―熟年から老年にかけて
 大島史洋(以下、敬称・略)の総論「年齢と老い、そのこだわり」は、斎藤茂吉と土屋文明の歌を例に挙げて、古いかな、と感じる。
 実作の80歳代~100歳代の10名の、各5首と短文は、迫力がある。中地俊夫「替へどき探る」5首より「いい年をしてと言はれていい年の顔を鏡に映してみたり」。穏やかな方の歌である。当地には罵倒語「いい年こいて」がある。
 小島ゆかり・選「年齢を詠んだ歌 五十首選」で、50歳の歌から採っているのは、「熟年から」を、まともに受け取ったのだろう。
蘇る短歌 坂井修一
 第4回「壁」は、新旧の古典から、「壁」の歌を取り上げて、キーワードに拠る短歌の読みの面白さを教える。
ザ・巨匠の添削 小池光
 第1回「斎藤茂吉」では、茂吉でさえ添削は抑えており、改作みたいな事はなくて、ホッとする。
短歌作品
 前衛派は夕暮れて、穏健派が占めているように思う。物足りなく、先で雪崩れ落ちる事のないように願う。



CIMG0933
 今日2回目の記事更新です。
 今日(6月22日)の昼食を、公開します。
 今月10日の記事
「昨日の夕食を公開します」より、公開シリーズを辿れます。
 トレーの上は、向こう側左より、卵焼き(半分くらい、つまみ食いした)、梅干し2粒(以前は嫌っていたが、からだに良いクエン酸を含むと知って)、味噌汁(ペーストタイプのインスタントもの)、カップの爽健美茶。
 手前左より、野菜の煮物(じゃが薯、人参、玉葱、蒟蒻)、焼肉、ご飯(0・7合ほど)、デザートにメロンの切り身(これが書きたかった)です。
 メロン以外、贅沢はありませんが、おふくろの味派なので、満足しています。





↑このページのトップヘ