風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

「歌壇」4月号b
 総合歌誌「歌壇」2019年4月号が、3月14日に届いていた。15日の記事、「歌集3冊と詩集1冊をダウンロード」を書く時には、手許にあったが、ダウンロード本と別にしたいと思っている内に、日にちが延びてしまった。「証文の出し遅れ」である。
 それに心配もあった。プリンタでスキャンして、パソコンに取り込むのだが、ライブドア・ブログは1枚5Mb以内の画像のみアップできる。
 前の「パソコンで困ったときに開く本」をスキャンした時、10Mb以上あって取り込めず、台形補正カメラで写して、取り込んだ。プリンタの解析機能が上がっているせいだ。
 今回もプリンタでスキャンしてみた。スキャンが遅く、あるいはパソコン本体とWi‐Fiで接続しているせいかも知れない。
 今回の映像は、6.9Mb程だった。サイズ・ダウンを試みて、ピクチュアの写真を拡大し、補正画面より写真を右クリックすると、サイズ・ダウンの画面が出るので、50%まで下げると、いきなり309Kbまで下がってしまった。少しだけサイズ・ダウンする試みは次に取っておくとして、画像も荒れていないよううなので、その画像を使った。

 3月4日に新パソコンを立ち上げたばかりなので、新しい便利な機能を、上手く使いこなすまでに至っていない。
 なお同3月号の感想は、2月24日の記事にアップした。


IMG_20190215_0002
 砂子屋書房・現代短歌文庫91「米川千嘉子歌集」より、第1歌集「夏空の櫂」を読み了える。
 到着は、先の2月16日の記事、届いた4冊(2)の内、続(同)と共に紹介した。プレミアム本を定価で入手した方法については、リンクをご覧ください。
概要
 現代短歌文庫・本の発行は、2011年・初版。
 米川千嘉子(よねかわ・ちかこ、1959年~)は、1979年、結社「かりん」入会、1982年、早稲田大学・文学部・卒業。
 1985年、「夏樫の素描」50首で、第31回角川短歌賞を受賞して、デビューした。
 歌集「夏空の櫂」は、1988年、砂子屋書房・刊。第33回現代歌人協会賞・受賞。
 350首、馬場あき子の長い跋文「愛、その湊合の場」、著者・あとがきを収める。
感想

 この歌集で詠われ、後に夫となった男性は、「かりん」の科学者・歌人、坂井修一である。綜合歌誌「歌壇」の自由な歌論を、好感をもって読んでいる。
 愛の歌は鬱屈している。例えば「暗鬱にしか愛し得ざりし」と詠む。世の常識に従わず、自我を通しつつ、愛の成就を願って、苦しむようだ。新婚の二人きりの現実も描かれる。
 勤めの教師としても、一途な思いを詠む。
引用
 以下に7首を引く。
無私の愛をわらへどわれらながくながく手つなぎて植物園をめぐりぬ
マウスの子の小ささにただに驚けばわが無知を愉し気に笑ひしよ(少年のマウス)
電子音にひと日まみれて来し君が言葉なくながきくちづけをくれぬ
腕のばせば幼き顔に人眠るさびしさに覚めまた眠りゆく
消えてゆくストームに子らの輪は迫りわかききびしき顔に歌へり
苦しみて告げし一語もためらひも草の香も君は忘れむいつか
牛乳を煮つつ思へりゆるゆると怒りが悲しみとなりて細るを



 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、第5歌集「又々玄」の後半を読み了える。
 先の2月25日の記事、同(前)に次ぐ。
概要
 発行は石川書房、1980年・刊。3部作・歌集「玄」の第3冊にあたる。
 今回は「走る稲妻」の章346ページより、しまい392ページまでを読んだ。
 「玄」の題名は、師・宮柊二より頂いたものであり、今の自分には過大だと恐れる、と「あとがき」に述べている。
感想
 写生というのではなく、自分や他人の現れる叙景歌、また自然詠に優れている。
 テクノロジーの急進を恐れつつも、民主主義教育下の少年少女に未来を観ている。
 巻末に「新中国周行詠」の大連作を成している。1979年、勤める会社の友好訪中団の1員として、15日間に渉り、各地を巡った。旧中国の遺跡の壮大さ、新中国の真摯さに打たれている。
引用

 以下に7首を引く。
溜り潮しんと光れり釣人の群るる荒磯(ありそ)の岩間に澄みて
人間の手をはや離れ戻ることあたはぬ技術(テクノロジー)恐れむとすも
断崖の真下の一つ岩に拠りいこふ船あり白く小さしも
娘は嫁して白木蓮(はくれん)の咲く時に遇(あ)ふ過ぎて移るかわが身辺も
放たれて馳せ交ふ子等は無心なり水の広場にともなはれ来て
シンバルは少年指揮は少女にて太鼓のリズム流しはじめつ
明朝(みんてう)の死の荘厳は思ふべし地下陵の玉座生けるかにせり
0-16
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



Instagramより、取り込みました。
柊の斑入り葉の小木。貴重な自然生えです。


↑このページのトップヘ