風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第4歌集「やぐるま」を読み了える。
 
第3歌集「無限軌道」は、今月5日の記事にアップした。
 原著は、1986年、雁書館・刊。
 歌集名について、「π(ぱい)」などが候補に挙がったが、イメージ・チェンジして「やぐるま」に決まった経緯は、歌集で初めての「あとがき」で詳しく述べられる。
 作品は、1981年~1984年の4年間の作で、そのあと彼はアメリカで2年間の研究生活(家族同伴)を送る。
 彼は優しさに就いて、歌集「無限軌道」で「やさしさはやさしさゆえに滅ぶべし 夕ぐれの野を漕げる野あざみ」と読んで、圧し留めようとしている。
 それは歌壇や生物学研究で、ライバルと厳しく競争しなければならなかった故だろう。ただし女性歌人や子どもたちには、優しい面もあったようだ。
 また妻の歌人・河野裕子との関わりも、多く詠まれている。
 この期に、作品発表の他、評論(「普遍性という病」、「虚像論ノート」、他)、対談(斎藤史、岡井隆)、女性短歌討論会(河野裕子、阿木津英、道浦母都子、永井陽子ら)の企画・司会など、短歌活動は盛んだった。
 以下に7首を引く。
草原に汽罐車ありき鉄塊は銹びて臓器のごとくやさしき
もの言わで笑止の螢 いきいきとなじりて日照雨(そばえ)のごとし女は
将来を未来に賭けて待つべくも銹(さび)つつ虚空に朴(ほお)しずもれる
精神の岬灯(ひ)ともし怺えおるゆえ願わくば迂回されたし
悪口雑言いきいきとして艶めくに思えばおまえになき喉仏
あるときは枝として子がぶら下がるゆさゆさと葉を繁らせてわれは
にこやかにわれの時間をかすめゆく「できれば」と言い「ぜひ」と重ねつ
0-41
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。





CIMG9431
 先日にAmazonのあるマーケットプレイスへ注文した、佐田公子・歌集「さくら逆巻く」が、8月10日に届いた。
 極く安い本だったので、自己評価・良ながら、傷んだ本かと思っていたが、帯・カバー・本文も良い、サプライズ級の本だった。
 2011年9月、角川書店・刊。佐田公子さんは、短歌結社「覇王樹」代表の佐田毅氏の夫人であり、事務局を担当している。
CIMG9433
 Amazonに予約してあった、綜合歌誌「歌壇」2017年9月号が、お盆進行で常より早く、8月11日に届いた。
 僕は綜合歌誌で、これ1種のみを取っている。
 いずれも読み了えたなら、ここで紹介したい。


CIMG0365
 今月2日の記事「ムクゲ2種」に続き、庭のムクゲ2種とそれに空蝉の写真をアップする。
 上の写真は、赤紫色の1重である。
 株は大きいのだが、花は今のところ少ししか咲いていない。
CIMG0374
 上の写真は、白の八重咲き(千重咲き?獅子咲き?バイラス病?)である。
 背の高い木になって、花の写真を撮りにくくなった。
 他にも、自然交配した実生生えの木が3つかあるので、開花したなら、紹介したい。
CIMG0368
 しまいに空蝉(うつせみ)の写真をアップする。蝉が羽化したあとの、抜け殻である。
 写真は、勝手口近くの、コンクリ台のものである。
 前足を上端に掛け、あとの足をコンクリの凸凹に掛けている。
 意外と小さい。風雨に当たって、小さくなったのかも知れない。
 都会の人には、図鑑以外には珍しいだろうと、アップしてみた。



↑このページのトップヘ