風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

てんとろり
 今月7日の記事、笹井宏之・第1歌集「ひとさらい」に続いて、第2歌集「てんとろり」の紹介をする。
概要
 書肆侃侃房より、2011年1月・初刷、同2月・2刷。
 「ひとさらい」以後、2005年から2009年に26歳で夭逝するまでの作品より、「未来」での師であった加藤治郎が451首を選んだ歌集である。
感想
 句割れの歌(「きんいろのきりん あなたの平原で私がふれた唯一のもの」)や句跨り(「リビングに小さな川が流れいてせせらぎが寝室までとどく」)の歌が多い。さらに1漢字の訓みの中で句が別れる場合がある(「人殺しにも幸せの木琴がかすかに鳴り響きますように」(ひとごろし/にもしあわせの/もっきんが/かすかになりひ/びきますように))。この例は、他の若い歌人の歌に読んだ事があるが、彼が初めだろうか。
 初句7音を含めて、定型への反発が内にあったのかも知れない。
 叶わない相聞の歌、死への予感(治癒の望みもあったようだが)、死後への詫び言と取られる歌もあって、駆け抜けた短い生の様が感じられる。
 代表歌の1つとして、「風。そしてあなたが眠る数万の夜へわたしはシーツをかける」がある。「数万の」は。「数万人」の「あなたへ」という意味かと思ったが、歌の流れからいうと、一人の「あなた」の「数万日の夜へ」の意味のようだ。
引用

 以下に7首を引用する。
暮れなずむホームをふたりぽろぽろと音譜のように歩きましたね
美しい名前のひとがゆっくりと砲丸投げの姿勢にはいる
札束でしあわせになるひとびとを睫毛あたりで肯定してる
真夏日の夜の公園にばらばらの鍵盤としてちらばる私
さざなみのねむりのふちをゆっくりと宿をはずしたやどかりがゆく
悲しみでみたされているバルーンを ごめん、あなたの空に置いたの
たましひの還る世界に似て遥か インターネットといふ混沌は
(「佐賀新聞」掲載作品より)



CIMG0592
 昨年11月26日の記事の、サザンカ3種と同じく、この冬も庭に3種のサザンカが咲いた。
 今年は天候と花の位置などによって、明瞭な写真が撮れなかった。カメラと技術のせいか?
 上の写真は、内側の花弁が白、外側の花弁が赤の花である。

CIMG0599
 赤花八重(?)のサザンカである。
 季節が来ると、大木1面に咲いて、見応えがある。

CIMG0597
 白花千重のサザンカである。咲ききった花が、上部にしかなく、良い写真を撮れなかった。
 かなり露出補正をしたのだけれども。
(これまで深夜零時3分に公開してきましたが、負担が大きいので、朝7時3分の公開にしてみます。)


ひとさらい
 先の11月27日の記事で到着を報せた、笹井宏之の歌集2冊の内、第1歌集「ひとさらい」を読み了える。
概要
 夭逝の歌人、笹井宏之(ささい・ひろゆき、本名・筒井宏之、1982年~2009年、享年26.)は、難病の「重度の身体表現性障害」(著者あとがき、より)を患い、初め楽曲制作等を行っていたが、よりエネルギーの少なくて済む短歌創作へ移っていったようだ。
 21歳の頃から歌を創り始め、「第4回歌葉新人賞」受賞、結社「未来」への参加、と2度の転機があったようだ。
 「ひとさらい」は、「未来」入会前、2005年3月~2006年4月までの作品を、歌人の加藤治郎・荻原裕幸が携わって纏めた。2011年1月、書肆侃侃房・刊、2015年9月・3刷。
感想
 1代限りの、前衛短歌の復活だろうか。岡井隆の重厚、塚本邦雄(少ししか読んでいない)の華麗に対し、命懸けの軽業(綱渡り、梯子乗り、等)だろうか。
 「八月のフルート奏者」の感想(初めの「笹井宏之の歌集2冊」より辿れる)で、ポップ感と書いたけれども、それは佐賀新聞文芸欄を読む祖父母を意識したもののようで、この歌集ではファンキーな感覚である。ファンキーとは、あるサイトに拠ると「いい意味で、型にはまっていなくて、一風変わっているさま」の意である。
 引用歌にあるが、暗喩の中庭で歌意を拾い上げ、生の真実を表わす。
 これも引用歌に、昭和戦後の庶民の像も、捉えている。
引用

 以下に7首を引用する。
風という名前をつけてあげました それから彼を見ないのですが
父さんが二百メートルほど先のいくさで子猫ひろって帰る
羊歯のふり巧みになって帰宅する農家の人とすこししたしい
野菜売るおばさんが「意味いらんかねぇ、いらんよねぇ」と畑へ帰る
「ねえ、気づいたら暗喩ばかりの中庭でなわとびをとびつづけているの」
安物の衣類をまとい夕暮れと夜のさかいに立ち尽くす主婦
食い荒らし食い荒らされて生きてゆく にんげんたちの一夜の宴




↑このページのトップヘ