風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

CIMG9472
 思潮社「吉本隆明全詩集」(2003年2刷)より、初期詩編の2回目の紹介をする。
 
同・1回目は、先の10月22日の記事にアップした。
 なお上の写真は前回と違って、2重箱の外箱である。右上角に傷みがある。
概要
 
初期詩編Ⅲ(1944年の作品)19編と、Ⅳ(1945年の敗戦前の作品)2編を取り上げる。以降は戦後の詩となる。
感想
 初期詩編Ⅲは、「草莽」と題される。
 「原子番号0番」では、「私のやうな青くさい年齢になると/何をやつても救はれないやうな/どん底の意識を感じるのです」と、戦時下の本音を述べているようだ。
 「原子番号三番」では、「風は透明次元からの借りもので/…/唯光度と四辺の新鮮度が/大きな問題となつて現はれるやうです」と、戦後の彼の詩法を明かしているようだ。
 宮沢賢治の影響がある詩は、山形県の米沢高等工業高校に在籍していた、東北性があるかも知れない。
 「雲と風と鳶」では、「もう明日からはしづかな沈黙をまもつて/小さな自意識をかみしめませう」と、慎ましい孤独感を述べる。
 「草ふかき祈り」のような、戦争詩もある。
 初期詩編Ⅳは、「哀しき人々」と題される。
 「雲と花との告別」では、「おれたちは結局すべてのものの幸のために生命を捨てるのだ」と、戦時思想の極を述べている。

 今月25日の記事で、新サスケがペンネームで、柴田哲夫「詩集 日々のソネット」kindle版を発行した事を報せた。
 また27日の記事で、パソコンでの購読法を案内した。29日には、詩集ご購読者の声を紹介した。
 詩集出版に至るまでの経緯と、費用を明らかにする。
申し込むまで
 2011年にソネット詩集「光る波」(紙本、遊撃舎・刊、第3詩集)を刊行したあと、ソネット詩編が溜まり、今春の詩の会合で先輩から「次の詩集は、どうですか」と言われるまでになった。
 しかし肝心の資金が足りない。電子書籍が廉価で出版できるらしいと知り、ネットで「電子書籍出版 代行」と検索すると、「電子書籍出版 パブフル」という事業者が安価で親切らしい。
 そこで今年5月頃からWord版の原稿作りを始めたが、2ヶ月くらいで様式の間違いに気づいた。初めより打ち直し、9月下旬に原稿が出来た。
申し込みから出版まで

 「パブフル」のホームページから問い合わせのメールを送り、9月28日に返信が届いた。3つあるプラン(後述)より、「パブフルサポートプラン」を選び、原稿を送った。そのあと10月8日の、出版原稿と表紙の案内を含め、10月18日の出版案内を過ぎても、10月30日に至るまで、45通のメールを遣り取りした。
 本の価格はkindle本で540円(税込み)、追加金無料のkindle unlimited版も設けた。
 詩集の出来には、わずかに不満な個所があるが、ほぼ満足である。
費用
 「パブフル」の出版には、3プランがある。
(1)電子書籍出版プラン(19,800円)。
(2)セルフパブリッシングプラン(24、800円)。
(3)パブフルサポートプラン(29,800円)。
 僕は「電子書籍出版に至るまでの全ての作業をパブフルが受け持ちます」という、(3)パブフルサポートプランを選んだ。他に表紙代5,000円、文章校正代10,000円を足して、計44,800円(税込み)を支払った。
宣伝について
 自力での宣伝として、PC用、スマホ用、それぞれにメッセージボードをブログタイトル近く下に設置した。またブログ「あんこと麦と」の、あかつきさんよりご教示と励ましを頂き、双方用にAmazonストアへのリンクバナーを設置した。
 毎月1日に、販売成績のレポートがあるという。少し不安である。

0-45
写真ACの「童話キャラクター」の「桃太郎」より、犬のイラスト1枚。


覇王樹11月号
 最近に手許に届いた、4冊の書籍を、順番に紹介する。
 まず僕が所属する、結社歌誌「覇王樹」の2017年11月号が、10月25日に届いた。11月1日、覇王樹社・刊、36ページ。
 僕の特選6首・他は、もう1つのブログ、「新サスケと短歌と詩」の
10月27日付け記事より、順次アップしているので、横書きながらご覧ください。
詩集ふくい2017
 10月26日に、「年刊 詩集ふくい2017 第33集」が届いた。福井県詩人懇話会の年刊アンソロジーで、10月30日・刊。僕はソネット「戻る」1編を寄せている。
 「’16ふくい詩祭」記録と合わせて、197ページ。同・記録の写真の1部は、僕がコンデジで撮ったものである。

87
 僕の参加する同人詩誌、「青魚」No.87が、10月28日に届いた。僕はソネット4編を寄せている。それらは、ブログ「新サスケと短歌と詩」で、紹介したい。
 10月25日、鯖江詩の会・刊、32ページ。

果実77号
 同人詩誌「果実」77号が、10月28日に、同時に届いた。県内の教員・教員経験者を同人とする詩誌である。
 10月、果実の会・刊、39ページ。
 上記4冊とも、それぞれ読み了えたなら、ここで紹介したい。

CIMG9468
 ガレージ脇に咲く、桜草4株の1つをアップする。今のわが家で、唯一の花である。



 

↑このページのトップヘ