風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

CIMG9342
 稀にはバイオレンス物も良いだろう、と石田衣良(いしだ・いら)の小説集「少年計数機」を読む。
 文春文庫、2004年・13刷。
 僕はこれまで、5冊の石田衣良の文庫本を読んでおり、直近では旧ブログ「サスケの本棚」2016年8月7日の記事、
「池袋ウエストゲートパーク」がある。
 「少年計数機」は、「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ(10冊以上)の、2冊目である。
 「妖精の庭」、「少年計数機」、「銀十字」、「水のなかの目」の4作を収めるが、「水のなかの目」は終いを先に読んで、読む事を止めにした。
 「妖精の庭」は、ネット覗きシステムより、モデル「アスミ」のストーカーとなった32歳の男を、やっつける話である。
 「少年計数機」は、すべてを両手の計数機で数えずにいられない、10歳足らずの少年が、父の違う兄に誘拐される話である。二人の母親に頼まれた主人公マコトが、仲間と共に少年を救い出し、兄とその仲間を逃亡させる。
 「銀十字」では、70歳過ぎの男二人(ホーム住まい)が大活躍して、引ったくり二人組を捕まえ、更に更生させる。読者ターゲットに、老人を入れる狙いか。
 「水のなかの目」は、これまでと違って、主人公マコトが殺人を犯すようで、ストーリーも合わず、2、3ページで止しにした。

 解説の北上次郎が書いているが、脇役たちも鮮やかに描かれている。



桜トンネル
 あちこちで予告した通り、4月10日(月曜日)の午後、人出を避けて一人花見をした。
 上の写真は、足羽川堤防の道に、両側から桜が咲いた、花トンネル。
 マニアらしいカメラマンや、ポーズを取る女性がいた。

桜・遠景
 橋の上から、遠見の桜。女子高生の連れやカップルが、ベンチで休んでいた。
 当日は晴れ、翌日は雨で、僕は盛りの桜を見られて佳かった。

ズワイ蟹・こちら向き
 話は変わって、日曜日に妻がどこからか(怪しい所ではない)季節外れのズワイ蟹を1パイ(蟹は、1パイ、2ハイと数える)、買って来て、僕に食べるよう言った。
 これも月曜日の午後に食べた。旬のもの程ではないが、肉の剝き方にも慣れ、美味しかった。
 甲羅を剥いでのミソは、僕は酒飲みではないので、特別な美味しさではなかった。


CIMG9334
 最近に届いた3冊を紹介する。
 まず「福井県ふるさと文学館(福井県立図書館・内)」より、詩誌「群青」宛てに、ふくい風花(かざはな)随筆文学賞二十周年記念誌「風花」。
 2期目という事で、第11回~第20回の、最優秀作品(一般の部、高校生の部)や、審査委員長・津村節子氏(作家)の評などを収める。
 詩誌「群青」はかつて、僕が編集役をしていたが、既に終刊している。

CIMG9338
 「水脈の会」より、詩誌「水脈 59号」を送られた。堅実な発行を続けている。
CIMG9341
 村上春樹の名作改稿「パン屋を襲う」(新潮社、2013年・刊)。
 あるブロガーさんとコメントの遣り取りをしていて、「パン屋再襲撃」に先行する「パン屋襲撃」は実在する、という話になった。
 Amazonのマーケットプレイスで、改稿・版が高くなかったので、すぐ注文した。
 上2冊は、拙い感想を付して、このブログで取り上げたい。


↑このページのトップヘ