風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

 7月6日のサラダ記念日が過ぎ、七夕が過ぎ、7月11日を迎えようとしています。
 僕の本棚には、「サラダ記念日」が、なぜか4冊ありますが、抜き出して来た帯付き本は、1987年、275版です。
 ベストセラーとなってしばらくして、僕も買いました(流行には危険を感じて、しばらく安全を確かめる性格)。
 第1歌集は240万部売れ、吉本隆明は「文学現象を越え、社会現象だ」と述べていました。
 時はバブル期(拙作「「明るさは滅びの徴し」バブル期のかつてのある日ふと怖れにき」)。
 あの吉本隆明が、「このあと、われわれは死後の世界へ入るのだ」と(僕の記憶に間違いなければ)叫んで(著書で)いた時代です。
 「サラダ記念日」掉尾の歌は、「愛された記憶はどこか透明でいつでも一人いつだって一人」です。
 第2歌集は40万部だったそうで、200万人はどこへ行ったのでしょうね。
 俵万智はその後、不倫、シングルマザー、仙台移住、沖縄へ避難、宮崎県移住と、私生活では花盛りでは無かったようです。
 ただし俵万智の評価は高く、ファンも多いようです。
 先の7月6日には、サラダ記念日30周年の集いが執り行われた、とか聞いております。文学誌の記念号も発行されました。
 そして僕は、短歌を詠んでいます。(タブレットより、起稿しました)。
0-16
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



CIMG9402
 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊、写真は函の表)より、初めの句集、米沢吾亦紅「童顔」を読み了える。
 同・第11巻のしまいの句集、
久保田万太郎「流寓抄」に継ぐ。
 原著は、1959年、近藤書店・刊。水原秋桜子・序、447句、後記を収める。
 米沢吾亦紅(よねざわ・われもこう、1901年~1986年)は、大学卒業後、造船の世界に入り、のち名村造船所の重役となる。
 1931年、秋桜子「馬酔木」の虚子門よりの独立に従った。1956年「馬酔木燕巣会」結成、1958年「燕巣」創刊・主宰した。「人事句の名手、職場俳句の草分けとして活躍した」(三省堂「現代俳句大事典」2005年・刊、に拠る)とされる。
 句集は「寸樹抄(1945年以前)」、「浪々抄(1946年~1951年)」、「明日香抄(1952年~1958年)」の3章を立てるが、戦後の句のみより、以下に5句を引く。
空稲架に童乗りしが解きはじむ
寒釣の鮠がのこせし手のあぶら
山椒の一葉の味も山疲れ
若き水夫巷の暦提げ帰る
槻芽吹く子等にひゞかぬ氏素性



CIMG9400
 「日本の古本屋」の某店より、生方たつゑ・歌集「冬の虹」が届いた。
 1985年、新星書房・刊。
 7月6日の記事
「ひとりの手紙」に続く、歌集購入である。
 角川書店「生方たつゑ全歌集」(生前版)の後に、この歌集のある事を知り、某サイトで捜したところ、1点だけ5万円の値で出ていた。とても買えないので、「日本の古本屋」で捜したところ、3800円+送料300円で出ていて、代金前払い(郵便振替)で購入した。
 よく考えれば割高な本だが、5万円のショックがあって、つい買ってしまった。
 この2冊以外にも、「全歌集」以後の歌集はあるようだが、今はここまでにして置きたい。



↑このページのトップヘ