風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第5歌集「華氏」を読み了える。
 今月13日に紹介した第4歌集「やぐるま」に継ぐ。
概要
 原著は、1996年、雁書館・刊。
 1984年~1986年の在米(家族同伴)研究生活を含む、1984年~1992年の600首と、あとがきを収める。
 帰国後の研究室・主宰、結社歌誌「塔」主宰と、多忙となり、前歌集より10年が過ぎてしまったと、あとがきで自身が述べている。
感想
 在米研究生活の歌では、斎藤茂吉の「つゆじも」の歌が念頭にあったと、自身が歌集「やぐるま」のあとがきで述べた。慣れない海外生活で苦労する、息子・娘をよく支えたと、河野裕子が永田和宏との共著、歌とエッセイの「たとへば君」の中で書いた。(今、その本が手許にない)。
 このブログに7首程を引用すべく、付箋を貼るのだが、貼った枚数が40余枚。歌人仲間・生物学研究者間でのライバルとの競争、家庭生活(主に歌人夫人・河野裕子に対して)に絞らざるを得なかった。
 師・高安国世への挽歌、夫人との相聞の大事なリンクであるダンドボロギクの歌、巻末近く母の墓を墓苑に探し当てられなかった歌も、引けなかった。
 厳しく忙しい生活で、天真爛漫なところのあった、歌人夫人・河野裕子に救われていたのだろうと、勝手に推測する。

引用
 以下に8首を引用する。
不機嫌な妻子を措きてまた戻る夜半(やはん)を灯しおきしわが実験室(ラボ)
負けてはならぬあの場面にてもどかしく探しあぐねていし一単語
娘の前に妻を怒鳴りて出でし道駅までの道のしらしらとせる
ひたひたと間を詰めきたる幾たりの若きらの名は記憶せんとす
らりるれろ言ってごらんとその母を真似て娘は電話のむこう
冬の陽にしおしおと大根の葉は乾く望まざれども敵増えゆくか
食えと言い、寝よと急かせてこの日頃妻元気なり吾をよく叱る
荒れている妻を離れて子と作るありあわせとうむずかしき技(わざ)
0-51
写真ACの「童話キャラクター」より、「かぐや姫」の1枚。




 

 8月14日の記事で、ダウンロード購入を報せた、かん吉「人気ブロガー養成講座」(本題の「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ」が長いので、副題で書く事にする。)の、第1章~第3章を読み了える。全8章。
 第1章「ブログが成功すると人生が変わる」は、ブログ運営の勧めである。これは前著「人気ブログの作り方」でも書かれていた。
 ブログを書く時間と、続ける決意(ただ書いていれば良いわけではないが)があれば、ブログは続けられる。人気ブログになる為には、彼の書くようなコツが要る。
 第2章「ブログコンセプトを考える」。「マーケティング的ブログ差別化戦略」では、コンセプトの差別化を説く。
 僕もささやかながら、ブログの副題に「純文学系読書・中心です。」と付け加えた(純文学系読書・記事からしばらく離れていて申し訳ないが)。パソコン版のタイトル・ロゴ画像も替えた。
 第3章「成果を出す記事ライティング」。全23Sectionと詳しい。
 「読者が喜ぶ記事を書く」のSectionがあるが、読書日記といえど、自己表現の1つなので、読者が喜ぶようにばかりも書いていられない。
 彼が繰り返し書く「記事タイトルの重要性」も、ある程度は理解する。
 この本を読んでいて、見付けた手段に、「ハイライトを引く」がある。文に付箋を貼るようなものだ。引いた所だけ、「ノートブック」よりまとめて見られる。簡単な技法だが(気になる文章の頭を長押しして、指でなぞる)、これまでわからなくて難儀していた。
 この本や前著、livedoorblogの解説本に拠りながら、少しずつこのブログを変えている。
0-81
写真ACより、「童話キャラクター」のイラスト1枚。近づく秋の風情に合わせて。


CIMG0385
 今月19日の記事、「庭のムクゲ2種」の最後に、「あと1本、実生の木が残っている」と書いた。
 8月20日、その最後の7本目のムクゲに、この夏の初花が咲いたので、紹介する。
 リンクを辿って行くと、これまでの6種のムクゲに会えるので、是非ご覧ください。
 今回の花は、白二重、底紅の花である。二重といっても、外の一重に、内側に乱れた花びらの付いた花である。あとに咲く花で、もっと整った花があるかも知れない。
 八重咲きの血が入っているので、最初に紹介した、純白一重と赤紫八重(花笠咲き)の交配かも知れない。あるいは2回目に紹介した、白千重と赤一重の花の交配か。
 これで庭にある、7本のムクゲの花の、紹介は終わりである。
 いまも何種ものムクゲが咲き、庭を彩っている。


↑このページのトップヘ