風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

CIMG9347
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年5月号を、ほぼ読み了える。
 特集の「わからない歌の対処法」について。発端は服部真里子の「水仙と盗聴、わたしが傾くとわたしをめぐるわずかなる水」に対し、小池光が「まったく手が出ない」と批判した所からである。
 僕は、この歌はよくわかる、と思う。「水仙の花が(揺れて)会話しているようだ。それを盗み聴こうと、からだを傾けると、水仙の葉茎の水と呼応するかのように、わたしの中の水が(揺れるように)感じられる」という受け取り方である。わからないのは、最近の歌を読んでいないか、教師生活が長かったためだろう。
 僕はその歌を含む歌集「行け広野へと」(本阿弥書店)を買い、前ブログ「サスケの本棚」で紹介(ただし真理子と誤まって)している。
 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」は第12回に至り、最終回である。小高賢と夫人の逝去、同人歌誌「棧橋」の終刊、新歌集「無縫の海」などを巡って、語っている。次号には20の質問への答えを載せるという。


 結社歌誌「コスモス」2017年5月号より、「COSMOS集」を読み了える。
 先行する
同・「その一集」特選欄・読了は、先の4月28日の記事にアップした。
 「COSMOS集」は、入門の「その二集」と、それに次ぐ「あすなろ集」の、特選欄である。
 「あすなろ集」より30名、「その二集」より12名が、各5首(稀に6首)に選者の付した題を付けられて、掲載される。
 初心の純粋さが、羨ましい。励んで昇級し、活躍してほしい。
 僕が付箋を貼ったのは、「あすなろ集」特選より、次の1首。S・佳乃さんの「曼陀羅カルタ」5首より。
一瞬に炎となれり 人界を離れる父は吉日選ぶ
 特選の5首とも、父への挽歌である。挽歌は、逝いた人を崇めるのに、佳い詩型である。
 取り残されて頼りを失った身は、暦日の運勢にさえ頼ろうとする。短歌に拠って、立ち直るだろう。
 今後、「コスモス」誌の批評を、このブログに載せる事はないだろう。
 24年余を助けてくれて、さようなら、「コスモス」。
031
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。





紫木蓮 - コピー
 庭の花を紹介します。
 まず紫木蓮(普通種)です。何度か幹を切り替えたので、叢生になっています。
 白木蓮、ピンク木蓮、赤木蓮に続いて咲き、黄木蓮を残します。

CIMG0244
 ツツジの赤花です。少し紫がかっています。
CIMG0242
 ツツジの白花です。清楚な色です。
CIMG0239
 ツツジのピンク花です。心の明るむ色です。
 まれに先祖返りして、赤花が出ますので、その枝は折り取っておかねばなりません。
 庭のツツジはこの3種のみですが、僕が枝取り(下枝を地中に埋めて発根させる)で殖やしたので、あちこちに咲いています。



↑このページのトップヘ