風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

 青土社「吉野弘全詩集」(2015年2刷)より、第7詩集「叙景」を紹介する。
 第6詩集
「風が吹くと」の紹介は、今月11日の記事にアップした。
 「叙景」は、1979年、青土社・刊。4章22編を収める。
 自身の「あとがき」で、叙景詩について「パート1に、それらしいものを収めたが、とても叙景詩などと呼べるしろものではなく、…」と述べている。叙景詩を創作する意図の元は、詩誌「櫂」での連詩の試みと、選をする投稿詩に作者の思いで溢れ…情景や事物の質感は見当たらないことであった、と述べた。
 叙景歌は多くあり、叙景詩があってもよく、古井由吉には叙景小説とも呼べる作品「島の日」があるが、あと2つとも困難な道だろう。
 第1章の終い「木が風に」は、「蜜月の喃語に近く/意味を成さない囁きをかわし、戯れ、睦み合い/木と風は互いに飽くことがない。」と自然を暗喩にしている。
 第2章の「白い表紙」は、電車の中で育児書を読む娘さんを描いて、「母親になる準備を/彼女に急がせているのは/おなかの中の小さな命令――愛らしい威嚇/彼女は、その声に従う。/声の望みを理解するための知識をむさぼる。」と、優しいいたわりの思いを寄せている。
チューリップ1
Pixabayより、チューリップの1枚。


 結社歌誌「コスモス」2017年4月号より、初めの「月集」を読み了える。
 
同号の到着は、今月20日の記事にアップした。
 「月集」と僕が呼ぶのは、「月集スバル」(選者、選者経験者が、無選5首を載せる)と、それに次ぐ「月集シリウス」(7首出詠して、4首or5首掲載)を合わせての事である。
 「月集スバル」には、特選めいた「今月の四人」欄があり、巻頭のH・茂男さんの「老兵となりて忘れしこと多しなかんづく笑顔はみづから捨てき」は、内容と詠みぶりが優れている。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。「月集シリウス」のK・絢さんの5首より。
見るたびに残念なので見ないふり皸(あかぎれ)だらけの私の両手
 育休を取っているのだろう、初子の育児に懸命である。ストレスが溜まるのだろう、夫に怒りが向いて、「子の写真入りの賀状を刷り終へて離婚はやめておくかと思ふ」とも詠む。穏やかな家族になりますように。
クロッカス8
Pixabayより、クロッカスと蜂の1枚。



 昨日(3月23日、木曜日)午前9時半より、メンバー3人の短歌研究会B第13回が、ある喫茶店の1隅で持たれた。
 
同・第12回は、先の2月22日の記事にアップした。
 研究会Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込みである。
 前回に続き、戦後を詠んだ初の歌集「小紺珠」より、「入江の夏」の章(68ページ)より入る。
 冒頭の1首の「岸壁」と「入江(見おろす)」の位置関係が僕はわからなったが、「岸壁の横に入江が見おろせたのだろう」との推測に至った。
 生活詠の中に、戦場(中国大陸)の回想詠が混じり、ある時は静かに、ある時は激してか破調に詠まれる。
 わが子の事を、「争ひてさまざまにしも生きゆかむ」、「睡きまなぶたさすりやり何に悲しゑ」、「あな優々(やさやさ)し」と、愛しんでいる。
 「来耜(らいし)」は「鋤」の事とMさんが、「便衣」は「普段着」の事とTさんが、「我們」は「われ等」の意味と僕が、それぞれ調べたことを披歴して、歌を理解した。
 「硝子戸」の章には、着物を売る妻、庭畑の胡麻など、戦後すぐの困窮生活が描かれる。「英雄で吾ら無きゆゑ暗くとも苦しとも堪へて今日に従ふ」の1首に、現役時代のある頃の僕が支えられた事も、二人に話した。
 歌人と会って、歌人集会で、鋭く発言したらしく、僕が推測する歌がある(「汝も吾もたまたま遇ひて今日の日に言ひたきことを言へば鋭し」、「権威なき立場に立つとわれは言ひ騒然とせし中のこゑを待つ」)。
 また倒置法、結句の字足らずを、有効に用いている作品がある。
 他にも様々に語って、「七夕」の章を終り(73ページ)、次回の研究会Aの日程を決め、11時に散会した。
クロッカス7
Pixabayより、クロッカスの1枚。



↑このページのトップヘ