風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)より、第11巻(1982年・刊)の5番めの句集、柴田白葉女「遠い橋」を読みおえる。
 先行する
目迫秩父「雪無限」は、今月5日の記事にアップした。
 原著は、1956年、近藤書店・刊。
 飯田蛇笏・序、410句、西島麦南・跋、「あとがき」を収める。
 第2句集であり、第1句集「冬椿」(1932年~1947年の作品)より、100句を採っている。なぜ戦前の句を採るのか、わからない。
 柴田白葉女(しばた・はくようじょ、1906年~1984年)は、父・白嶺の期待を受け、共に飯田蛇笏「雲母」で活動した。1954年、「女性俳句」創刊に参加、1962年「俳句女園」創刊・主宰。
 父から娘に文学が継がれることは、幸田文、萩原葉子、井上荒野(共に小説家)などの、例がある事だ。
 妻、母の思いを、自然に表した句がある。
 すべて「冬椿以後」より、5句を引く。
冬ばらのしたたる紅に心飢う
風の中ゆくセルの手に新刊書
春の日のさしてすぐ消ゆ鏡うら
よそながら歓楽の灯にふれて秋
打水や妻子待つ灯へみないそぐ
焚き火3
「写真AC」より、焚き火の1枚。




CIMG9245
 1月14日に、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年2月号の、発送通知がAmazonよりあり、15日の午前にゆうパケットで届いた。
 雪の積もる中、日曜日に届けてくれて、郵便配達員さんありがとう。
 表紙は、節分の鬼遣らいに因んだもの。左端は雪をまとう裸木。
 巻頭初めの、「あこがれは欲のかなたにあるものと」の上の句に、頭をガツンとやられている僕である。
 また今号には、「歌壇賞」2編、候補作品、選考経過が載っており、読み甲斐がある。
 読みおえたなら、ここで紹介したい。
 
同・1月号の感想は、今月6日の記事にアップした。


CIMG0094
 今日は雪降り・積雪の当地だけれども、数日前までは暖冬で(1回、雪が降り、すぐに消えた)、庭のサザンカが花盛りだった。
 写真は、2階の窓より見おろしたもの。右端は屋根にかかって、よろしくない。
 昨年11月26日の記事、
「サザンカ3種」で紹介したうち、真ん中の種類である。40年くらい経た大木、と書いたが、全身に花をつけた様子を見おろすと、改めて大木ぶりがわかる。
 その時に紹介した他の2種は、散ったり衰えるかした。
 写真を撮った時、ナンテンの実も写したのだが、小鳥に食われたか、わずかしか残っていなかった。
 ウメモドキの実も早々に無くなった。微量の毒を含むとされる、ピラカンサスの黄実は残っていたが、今はどうなったか。


↑このページのトップヘ