風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

 結社誌「コスモス」2017年4月号より、「その一集」特選欄を読み了える。
 先行する
同「月集」の読了は、今月25日の記事にアップした。
 約750名と数えられる「その一集」会員の内、特選は9選者×各5名の45名である。100名に6名の選出となる。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。ブルガリア在住のM・佐枝子さんの「ソフィアから」5首より。
年の暮れドアの飾りを松飾りに替へてしみじみ故国をおもふ
 日本人の少ないブルガリアで、時に日本の風習を行い、当地の歌の友達もない中、孤独に歌に励んで、優れた歌を寄せている。
チューリップ2
Pixabayより、チューリップの1枚。


CIMG9302
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年4月号を、短歌作品を中心に読み了える。
 
同誌の到着は、今月16日の同題の記事にアップした。
 短歌作品はすべて(投稿、引用を除く)読んだものの、評論を読む事が課題だが、加藤孝男(以下、文中・敬称略)「鉄幹・晶子とその時代⑯」、古谷智子「胸もゆるかな 片山廣子ノート㉕」と言われても。
 特集の「誌上交流戦 短歌甲子園の歌人たち」は、すべて読んだ。発案者、選者、引率者の紹介文は、小島ゆかり「孤独と連帯」、笹公人の文中の「リアルな青春ドラマがそこにある。」など、6文章とも感動的である。
 誌上交流戦(「短歌甲子園」の岩手県版と宮崎県版の経験者を対比させて)を読んだが、「神童も二十歳過ぎれば…」の感がある。第3のステージを拓いてもらいたい。
 巻頭20首の岡井隆「税申告まで一箇月の日々」は、題名は散文的だが、初めは「死にたいといふ声がまた遠くからきこえる午後を茶葉で洗ふ歯」と入る。軽い鬱を一過性と気に掛けず、健康法で(?)歯を磨いている。
 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」第11回は、刊行した3冊の歌論書などを巡って語られる。


CIMG0127
 冬の間、内玄関に取り込んでおいた鉢物類を、3月24日に軒下へ出した(上の写真)。
 春ごとの作業なので、慣れている。軒下へスノコを敷き(コンクリにじかに置かないため)、大きな鉢からスノコと3段鉢台へ置く。玄関の掃除(落ち葉など)を含め、30分程だった。
 昨年12月19日の記事、
「冬の観葉植物」で2番目に紹介した、サンスベリアは冬を越せなかったようだ。
 ミニ薔薇1株は、剪定をして靴箱の上にある。また昨年に植え替えた紐サボテンは、軒下へ出し(写真の左上)、開花を期待している。
 鉢台の3鉢の折鶴蘭は、葉がたくさん枯れているようだが、また新しい葉や蔓が出て来る。
 鉢出しの時には、
万両に赤い実があったが、写真撮影の3月26日には消えていた。小鳥たちも目敏い。


↑このページのトップヘ