風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

 kindle版「立原道造詩集」の5読めを終える。
 2016年6月24日に4読めを終えて(旧ブログ「サスケの本棚」の管理画面からの検索に拠る)以来である。
 この詩集は、2015年10月6日に、Amazonより、99円で買っている。81ページ。
 10インチ・タブレットの横長画面1面に、ほとんどのソネットが1編ずつ収まっており(2、3編の例外を除き)、とても読みやすい。
 今回は集中してではなく、寝る前に、喫茶店で、2、3編ずつ読み進めた。
 僕が今回、注目したのは、立原道造(1939年、24歳で没した)の、後期の作品である。
 例えば「また春に」の第2連、「花でなく 鳥でなく/かぎりない おまへの愛を/信じたなら それでよい/僕は おまへを 見つめるばかりだ」と書き、「ここがすべてだ!……僕らのせまい身のまはりに」と終わる。
 また「ふるさとの夜に寄す」第2連では、「いまは 嘆きも 叫びも ささやきも/暗い碧(みどり)の闇のなかに/私のためには 花となれ!/咲くやうに にほふやうに」と書いた。
 1931年の満州事変、1937年からの日中戦争に入っており、没年には第2次世界大戦が始まり、1941年の太平洋戦争へ傾く、暗い時代に、社会や自然にも背を向け、恋人と詩の世界に籠ろうとした。
 暗い時代の詩人の在り様を示した、作品群である。
ツララ2
Pixabayより、氷柱(つらら)の1枚。


CIMG9286
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)の2017年3月号の、発送通知がAmazonより2月14日にあり、2月15日(水曜日)に届いた。
 先の
同・2月号の感想は、今月6日の記事にアップした。
 特集は「短歌の中に残したいことば」。日常では使われなくなった歌語を残そう、という趣旨らしい。古典復帰なら良いが、復古とならぬ事を僕は願う。1時は、カタカナ語の歌語が取り上げられた時代もあったのだが。
 第28回「歌壇賞」受賞第1作30首を、先月号発表の受賞者二人が寄せている。
 評論等の散文も、時間をかけて読みたいが、毎日の小さな用事、ネット、本の読書などに追われて、なかなか読み尽くせない。


 昨日(2月14日)の午前10時より、ある喫茶店の1隅で、短歌研究会A第32回を持った。
 
同・A第31回は、先の1月19日の記事にアップした。
 メンバーは3人だが、Mさんの都合がつかなくなり、Tさんと僕の二人だけの研究会となった。
 まず今日欠席のMさんの9首をめぐって。プリントはTさんが預かっていた。
 「さらさらと…流るる音す」を、「音きよく…流れてゆけり」にしては、どうか。「出来ゐるを」→「出来ゐると」の方が、良くはないか。「夫(つま)の誕生日」→「夫の生れ日」に音数を合わせたらどうか(この僕の提案は、間違っているかも知れない)。他に連体形にする事、「ゐる風鈴が」→「ある風鈴が」、主語をしめす助詞が入る余地があるのではないか、等と検討した。
 Tさんの8首では、2句めで区切れを入れたらどうか、「揺らしつつ冬田に」」の2句では「つつ」を省いたらどうか、「晴れし朝」では「晴るる朝」とする方法もある、と提案した。「橡(くぬぎ)」は同字の(とち)と間違われるので、「檪」の字にした方が良い、とも。
 僕の10首では「探り得ず」→「探し得ず」の方が良い、3句と4句で2回切れている、「悪しと知れども」→「悪しと思へど」、「吊らるる」→「吊られる」(口語調の1首なので)、「昨晩に」→「「前の日に」(「昨夜」(よべ)に代わる良い言葉がなかったので)、「確かむ」の結語に対し「何を確かめるのか」明瞭にする事、等が提案された。
 そのあと、僕がここ1ヶ月間に詠んだ50首程を、Tさんに読んでもらい、自選のアドバイスを貰った。
 今月の研究会Bの予定を確認し、11時半頃に散会した。外に出ると、雪が降っており、駐車場の自動車にも雪が積もっていた。
ツララ1
Pixabayより、氷柱(つらら)の1枚。



↑このページのトップヘ