風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

CIMG9386
 今月22日の記事「入手した2冊」で、頂いた事を報せた、同人詩誌「果実」76号を読み了える。
 
同・75号は、昨年10月22日の記事にアップした。
 今は政治家の強引な言動で、言葉に関わる者にとって、災難の時代である。詩を書く者にも、レトリックの美しさを誇る詩は、後退しつつあるようだ。
 「詩人は言葉の専門家ではなく、心の専門家でなけれなならない」という、僕の主張通り、「人の心」に執するものだけが、詩を書き続けられるだろう。
 N・昌弘さんの「黄色い世界」「マジシャン」は、背高泡立ち草、認知症患者に「成り代わる」方法で以って、辛うじてレトリックを成り立たせている。
 H・則行さんの「形見」は12歳で死に別れた父への思い、K・不二夫さんの「どちらがいいか」では妻との信念の齟齬が、W・本爾さんの「隣の空き地に」では、隣りの空き地に家を建て越して来る若い夫婦との、人間関係への期待が、詩を成り立たせている。
 T・篤朗さんは、東日本大震災「瓦礫のむこう」、核問題「人」と、困難なテーマに向かっている。「まんとひひ」の道化、「百日紅」の自然詩、「夕鶴」の民話も、失われて行く世界への予感が潜むようだ。


 このブログの小さな事項を、3つ変更した。
 6月16日の
「ゆりの里公園2017」の記事末尾で少し書いたが、タイトル画像を替えた。
 共に百合の黄花の群落であり、優劣はわからないが、このままとする。
 また、「更新ping設定」で、2つのランキング・サイトへのping設定をした。サイトへのURLをコピー&ペーストするだけである。これで記事投稿の度に、自動的に配信される。
 これまでに1度、試みたが、公開直後にランキングサイトに反映されなくて、数分かかる事を知らず、取り消してしまった。
 そう、それから何百回となく、手動でトラックバックの欄に、ランキング投稿URLのコピー&ペーストを繰り返して来たのだが、解放された。
 また「投稿状態」の初期設定を、「公開」→「下書き」に替えた。投稿する前に何度か、「下書き保存」してから「プレビュー」で確認するので、その方が手数がかからない。
0-14
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



 河出書房新社「ドストエーフスキイ全集」第1巻(1958年・2刷)より、3作目の長編小説「ネートチカ・ネズヴァーノヴァ」(米川正夫・訳)を読み了える。5月26日の記事「分身」に次ぐ。
 3部に分かれると見られ、第1部は幼い娘・ネートチカの語りで、母(苦労の果てに亡くなる)と継父(自負を持つヴァイオリニストながら、自堕落の果てに亡くなる)との貧しい生活を描く。
 第2部では、みなし児となったネートチカが、公爵に救われ、公爵令嬢カーチャと幼い恋をする。
 第3部では、公爵の家族がペテルブルグからモスクワへ発ち、ネートチカは公爵夫人の長女、アレクサンドラ・ミハイロヴナとその夫の許に引き取られる。数年後、その夫の腹黒さを発いて、家を出る予感の中で、この小説は未完のまま終わる。
 1849年、ペトラシェフスキー事件によって逮捕され、銃殺直前に特赦、4年の流刑・5年の兵役のあと、ドストエフスキー(1821年~1881年)の関心が戻らなかったためである。
 なおドストエフスキーは、6歳頃に母を亡くし、18歳頃に父を亡くしている。
 この小説は、単行本、文庫本で刊行されていず、全集でしか読めないだろう。
 登場人物は、ネートチカを含め、激情型が多い。僕の生活が1時、波乱気味だったので、温和な生活を望み、共感はあまりない。
 しかし、みなし児が貴族に救われるストーリーのように、ドストエフスキーは文学による救いを信じ続けたようだ。
0-13
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ