風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、14番目の句集、有働亨「汐路」を読み了える。
 今月5日の記事、
藤田湘子・句集「白面」に次ぐ。
概要
 「汐路(しをぢ)」は、有働亨(うどう・とおる、1920年~2010年)の第1句集。
 原著は、1970年、琅玕洞・刊。水原秋桜子・序、562句、沢田緑生・「汐路の航跡」を収める。
感想
 カナダ大使館、ロンドン大使館に在勤中の、海外吟が貴重である。カナダ、イギリスだけでなく、ヨーロッパ各地を巡っての句がある。
 海外吟でも、季節のある地であったためか、季語を守った。
 何回かの欠詠期を含め、「馬酔木」で活躍し、生涯5冊の句集を刊行し、後年は後輩の指導に当たった。
 俳句には厳しかったが、家族思いであるらしく、句集の題名に娘さんの名を採った「汐路」、「冬美」、それに「妻燦々」がある。
 レトリックに苦心した句があり、成功すると目覚ましい作となった。
引用
 以下に5句を引く。
病妻に街夏めくを告ぐるのみ
樹氷照りロッキーの冬揺ぎなし
ふるさとの川の浅さの水草生ふ
麦秋の野を容れたたむコンパクト
廃墟なりささやき降りて春の雨(ポムペイにて。1968年・69年の章)
0-93
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。


CIMG0945
 今日2回目の記事更新です。
 庭でグラジオラスが咲いています。
 元々ムクゲの株元にあったのですが、枝葉の陰になって、あまり咲きませんでした。
 それが既報の通り、水道水再配管のため古木の2本を伐りましたので、日が当たるようになって、たくさんの花を咲かせたのです。

CIMG0947
 近づいての撮影です。
 昔、僕はグラジオラスを畑と呼べるくらい、大量栽培していました。
 秋の小さな子球根を、翌年は莟を摘んで、肥大栽培し、球根を殖やしたのです。
 土には砂、腐葉土、発酵鶏糞などを混ぜ、列を作って、促成肥培させました。
 ところがある年、バイラス病が流行ってしまい、グラジオラス花畑を諦めました。
 写真のグラジオラスは、無病のようです。


IMG_20180711_0001
 又吉直樹のベストセラー小説「火花」を読み了える。
 文庫本の小説として、今月10日の記事にアップした、
原田マハ「生きるぼくら」に次ぐ。
概要
 文春文庫、2017年3刷。
 メルカリでポイント300円分(送料込み)で購入した。表紙写真ではわからないかも知れないが、カバーはかなり痛み、本文の三角折れも何ヶ所かあった。
 でも「ブックオフ」で108円で売っているとしても、時間とガソリン代を考えたら、こちらが便利だろう。
感想
 僕は流行にあまり乗らない方で、様々な流行商品やベストセラー本を買わない(村上春樹を除く)。本なら文庫本になって、ブックオフで100円で売られるようになったら、買いましょうという意地悪い姿勢である。急いては事を仕損ずる。
 文庫本の古本は、安ければ(今回も高い値を付けた本が多かった)、状態はそんなに気にしない。全集類は別だが、Amazonのkindle本で極端に安く出たりして、その価値も変わっている。
 視点の「僕」はコンビ「スパークス」の「徳永」で、師匠にしたコンビ「あほんだら」の「神谷」の生き方を描く。
 「徳永」が芸人には居なさそうな良識派で白けるのと、「神谷」のように借金で破綻する男はかつて僕の周りにも何人もいた事で同情し得ない事が、興を盛り上げない。
 僕が感動したのは、「スパークス」の解散ライブの場面だけである。
 作者が、これからも小説を書き続ける事を、願っている。


↑このページのトップヘ