風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケが、2017年10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

 今回は、ブログの小変更についてお報せします。村上春樹の「小確幸」みたいですが。
 ブログの項目を変更するのは久しぶりで、昨年10月10日の「カテゴリの変更4項目」以来です。
 これまで、PC版のわがブログより、人気ブログランキング、ブログ村に投票のあと戻る時、画面の左上隅の⇐マークをクリックしなければなりなせんでした。マウスでポインタを移動するのに、少し遠いです。
 他の方のブログでは、もう少し右下の、表示ページ欄名の右にある☓印をクリックすればよいブログがあり、クリックが楽です。憧れていましたが、適いませんでした。
 バナーを「別ウィンドウで開く」にすれば良い事は、わかっていました。15日の午後でしたか、2つのランキグのバナー作成欄で、「別ウィンドウで開く」バナーのHTMLソースを見つけ、さっそくPC版の投票バナーを替えました。試してみると、思い通りです。
 実はスマホ版の投票バナーも替えたのです。しかし「別ウィンドウで開く」のバナーから投票すると、1pvに数えられません。スマホなら◁マーク、タブレットなら「戻る」を押せば良いので、マウスの操作の面倒がありません。それで姑息ですが、元のバナーに戻しておきました。
 ただし投票バナーは、PCで右サイドバー(スマホ版では、スクロールした下部)にあるものの事で、上部のメニューバーのものの事ではありません。メニューバーでは初めより、「別ウィンドウで開く」になっています。ただし投票の接続に1部、不安があります。読者の方には、右サイドバーの大きなバナーより投票してくださるよう、お願いします。

0-11
写真ACより、「アールデコ・パターン」の1枚。


 5月18日の午前中は、深夜のブログ更新の後片付けをして、午後は内科医院へ行った。成人病の薬、5週間分をもらう。
 午後は、昨夜の睡眠時間が短かった(ランキングでトラブルに遭っているため)ので、読書記事を更新できそうになかった。
 日本将棋連盟の第31期竜王戦5組、船江恒平6段vs藤井聡太6段の対局を、ニコニコ動画で実況中継(2人による解説付き)を放送していたので、それを終局まで観ていた。ニコニコ動画で、視聴者は27万8千人。
 短めの手数で藤井聡太6段が勝利し、史上最年少の7段となる。
 プレッシャーに負けない、ヒーローの快進撃である。
 プロ囲碁の世界(僕はアマ6段)も、将棋のこのアピールに学んで、人気を高めてほしい。
0-32
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。



 5月17日(木曜日)の朝9時半、メンバー3人がある喫茶店に集まって、短歌研究会A第45回を持った。
 4月19日記事の、
同・第44回以来である。
 僕とMさんがモーニングを摂って、Tさんはアメリカン・コーヒー。
 歌誌の貸し借り、返却のあと、詠草検討の研究会Aに入る。
Mさんの10首より。
 3首目。4句5句の倒置を止めて、順直にするよう、僕が奨めた。
 5首目。「落つ泥を」を「落ちし泥を」に、6首目の「苑に勢ひし」を「苑に生ひたつ」にするよう、Tさんが奨める。
 8首目。「黒き種ごと持ち上げて芽吹きたる畑の葱苗」を「黒き殻ごと持ち上げて」「畑の葱が」に直すよう、Tさんと僕が奨める。
 9首目。4句5句を入れ替えて、動詞止めにするよう、僕が奨める。他にアドバイス幾つか。
Tさんの10首より。
 1首目。「運動レシピ」の「レシピ」が変なので、僕が電子辞書を繰るなどしたあげく、「メニュー」の語を思い出して解決。
 5首目。「娘子」を萬葉集風に「をとめ」と読ませたいなら、ルビを振るよう、Mさんと僕が奨めた。
 10首目。「朝風のごと軽やかに」を「清々と」に直そうかと、Tさん自身が言った。
僕の10首より。
 5首目。パソコンで音楽を聴きながら画面操作をする、という状況が二人にはわからないので、没。
 9首目。「パソコンを繰る」の「繰(く)る」には「あやつる」の意味はなく、歌壇では通っている気もするが、推敲する事にする。
 (二人に刺激を受けて、帰宅後に3首を推敲した)。

 検討のあと、僕の今期70首近くを二人に読んでもらい、感想をもらった。
 次の研究会Bの日程を決め、11時頃に散会した。
0-51
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ