風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。

CIMG0251
 庭の黄木蓮が咲いた。現在では、もっと鮮やかな黄色花の品種がある。
 白、ピンク、赤、紫と紹介して来て、最後の5種めの木蓮である。同類の赤花姫辛夷の花は過ぎた。

CIMG0254
 桜草の花だと思う。庭に自然生えした株より、ガレージ脇に移植した4株の内の1つである。
 スギナがはびこっていたのだが、妻がきれいに除いてくれて、写真を撮れるさまになった。


 蒼井杏の歌集「瀬戸際レモン」kindle版を読み了える。
 元本は、2016年6月20日、書肆侃侃房・刊。新鋭短歌シリーズ27。
 kindle版は、2016年7月24日・刊、800円。ダウンロードしたのは、メモに拠ると今年4月20日。kindleunlimitedの、月額980円の読み放題に入っているが、僕は対象本を月に980円以上は買っていないし、本の購入に期限やジャンルで追われるのは嫌だ。
 蒼井杏(あおい・あん)は、2016年「未来」入会、加藤治郎に師事。第6回・中城ふみ子賞・受賞。第57回・短歌研究賞・次席。
 略歴に「とてもひとみしりな雨女。」と書いているけれども、短歌に拠って自信を得、歌集出版にまで至ったのだろう。
 筋のわからない歌、良さのわからない歌もあるけれど、か細く生きる娘さんの気持ちが伝わる、優れた歌が多い。
 以下に6首を引く。
あきらめるたびに頁を繰る絵本 ちいさいわたしに読み聞かせている
わたくしを全消去する はい/いいえ 夢の中までカーソルまみれ
体温が足の裏から逃げてゆくわたしでなければうまくゆくんだ
わりばしがほらねぱきっと割れなくて予言みたいに雨が降ります
七時まで白夜なきもちでカーテンの波打際で待っていますね
やっぱりね、やっぱりねってトーストのおおかみ色をかじっています

035
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。
Amazonサイトからは、歌集の写真を引けない(アフィリエイト以外は)ようだ。






 角川書店「生方たつゑ全歌集」(1987年・再版)より、歌集「春祷」を読み了える。
 前歌集
「鎮花祭」は、先の4月10日の記事にアップした。
 「春祷」は、1968年、新星書房・刊。
 後書「をはりに」で、「『定本生方たつゑ歌集』を出版したあと、急に私は短歌を発表しなくなった。…数多い作品は今までの歌集とはおもむきをかへて、書おろし短歌とよばれてよいものが含まれてゐる。…私は『休息のないひとり』のあゆみの重たさをしみじみと知った。」と書いた。
 前歌集「鎮花祭」に続いて、戦後前衛短歌から後退しているように見えながら、次の歌集「虹ひとたび」では能を題材に新しい作品を創っているので、期待を繋いで良い。
 この「春祷」には、氷見、化野、鳥取砂丘、谷川岳等の、旅行詠も多い。
 以下に7首を引く。
人をりて屋根に唄ひつつタール塗るすがすがとして飢ゑゐるまひる
ねむる禽の膨らみやさしあたたかく吾も膨らみて寝ねたし夜は
金銭のちからに人のうごきゆく世と嘆ききて買ふセロファン紙
梟がまひる見えざる目をあきて膨れし顔のやさしくうごく
かなしみにすり替へらるる血塊のやうに沈まむ陽に向くときに
奪はれてゆきたし北の潮荒れてさわさわと鳴る渚にをれば
日本海の雪に沿ひきて眠らむをあこがれとせり咎むるなかれ

 なお題名の「祷」の字は、正字より新字に替えてある。
034
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。


CIMG9362
 妻が貰いものの図書カード千円分を、僕に呉れたので、久しぶりに本屋へ出掛けた。本の購入は、出来るなら通販や、電子書籍のダウンロードを好むから。
 ショッピングモール「パワーセンター ワッセ」内の書店「KaBoSワッセ店」へ行く。IT関係は、僕の環境より進み過ぎているようで、手頃な本はない。
 岩波文庫でも欲しい本がなく、隣りの棚の「講談社学術文庫」より、「寺山修司全歌集」を買った。1188円。
 家には思潮社「寺山修司コレクション」第1巻~第3巻があり、第1巻の「全歌集全句集」を読んだ事は覚えていた。しかし初期歌篇などが無いのでは、と思った。
 家で確認してみると、「コレクション」本にも初期歌篇は収められていて、内容は同じようだ。
 しかし僕は後悔していない。「コレクション」本では、活字が小さく、読みにくいからだ。文庫本でも1首1行に収まっており、読みやすい。今すぐに読み始める事はなく、しばらく機会を待つつもりだ。


CIMG9347
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年5月号を、ほぼ読み了える。
 特集の「わからない歌の対処法」について。発端は服部真里子の「水仙と盗聴、わたしが傾くとわたしをめぐるわずかなる水」に対し、小池光が「まったく手が出ない」と批判した所からである。
 僕は、この歌はよくわかる、と思う。「水仙の花が(揺れて)会話しているようだ。それを盗み聴こうと、からだを傾けると、水仙の葉茎の水と呼応するかのように、わたしの中の水が(揺れるように)感じられる」という受け取り方である。わからないのは、最近の歌を読んでいないか、教師生活が長かったためだろう。
 僕はその歌を含む歌集「行け広野へと」(本阿弥書店)を買い、前ブログ「サスケの本棚」で紹介(ただし真理子と誤まって)している。
 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」は第12回に至り、最終回である。小高賢と夫人の逝去、同人歌誌「棧橋」の終刊、新歌集「無縫の海」などを巡って、語っている。次号には20の質問への答えを載せるという。


↑このページのトップヘ