風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

 最近に手許に届いた5冊を紹介する。

IMG_20200618_0001
 ミラーレス一眼カメラを買った際、同時に注文したガイド本「ソニー α6300 マニュアル」に加えて、花の写真の撮り方を知りたく、Amazonで「花の新しい撮り方」を買った。
 学研カメラムック、2018年・刊、価格:1,200円+税。
 いきなり①露出補正、と難しいが、ヒントはありそうだ。



IMG_20200618_0002
 季刊同人歌誌「Cocoon」Issue16が届く。2020年6月15日・刊。定価:500円。
 結社「コスモス短歌会」の若手歌人(1965年以降・生まれ)を同人とする。
 僕はIssue17の分まで、予約してある筈だ。


IMG_20200618_0003IMG_20200618_0004
 メルカリより、森絵都の文庫本2冊を、400円で買った。
 紀行文集と、毎日中学生新聞に連載したショート・ショートを収めた本とである。


IMG_20200618_0005
 総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)7月号が届いた。定価:900円。11月号分まで、予約してある筈。
 コロナ禍のもとの短歌のありようを集めて、有効と考える。






 6月17日午前10時より、メンバー3人が橘曙覧記念館の会議室にて、短歌研究会A第68回を持った。
 同・第67回はコロナ禍のため、スマホのSMSでの2人歌会を4月19日に記事アップし、5月は休会した。




 会議室には、4脚の長椅子がロの字型に並べられている。少し早く着いた僕は、小窓2つを開けておいた。
 TさんとMさんが現れて、Mさんはカップのタピオカジュースを提供してくださった。歌誌の貸し借り等のあと、短歌研究会Aは、お互いの詠草の検討である。

Mさんの12首より。
 1首めの2句3句「栗の花房咲き盛り」の3句を、「咲き垂れて」にするよう、Tさんが奨めた。
 8首めの2句3句「畑隅に植うコスモスの」の「植う」を、「植うる」にするよう、僕が奨めた。
Tさんの9首より。
 1首めの2句3句「木暗らがりにきらきらと」は3人で検討して、「木下の陰をきはやかに」で納まった。
 2首めの結句「踏まんとしたる」は、本人にも引っ掛かりがあったようで、「踏みさうになる」を僕が奨めた。

僕の10首より。
 1首めの、男1人で卵かけご飯を食べる贅沢感は、わかりにくかったようだ。
 7首めの「レジスタンス」の語をグーグルで捜し出す歌より、奥さんの歌をもっと詠むようにと、Tさんに請われた。

 検討を了え、次回の日程を決め、11時半頃に散会した。

0-27
 写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。



 6月16日(第3火曜日)午前10時より、和田たんぽぽ読書会の6月例会が、和田公民館の広い1室で開かれた。コロナ禍により、3ヵ月ぶりの読書会だった。会員6人が集まり(1人欠席)、全員マスク着用、窓を開け放っての会となった。
 同(5)は、3月26日の記事にアップした。




 課題図書は三浦しをんの小説、「ののはな通信」であり、僕は既に感想を、4月11日の記事にアップした。



ののはな通信

 読書会の再開を喜び合い、ぎりぎりの時間に着いた僕は年会費2千円を会計担当へ納めた。
 担当の方が司会をし、事務局からの報告では、市の合同読書会、県の合同読書会、たんぽぽ読書会の文学散歩、ともに延期であり今のところ日程を決められない、という事だった。

 感想に入り、同性愛の関係と、外交官の日常を、克明に描いたという意見があった。2人は通信を交換する事で、自分の日記のように、平安を得たのだろうかという感想があった。
 僕は現代の書簡体小説である事、若い時のS関係を至純の愛とする事には評価が異なるだろう事、外交官夫人のはなが難民キャンプ奉仕に向かう所は勇ましく誠実なストーリーだと述べた。
 返事が予想できる内容だ、もっと読もうと思わない、という意見が出た。
 戦時中の女学校生だった方は、自分もそのようなSがあり、手紙を貰ったり言葉を掛けて貰った事は良い思い出だと語った。
 同性婚を認める国があったり、同性愛も表に出る時代となった、しかし自分の子がそうだったら困るなどと話し合った。
 正午近くまで話し込み、7月の課題図書・島本理生「ファーストラヴ」を分け合い、そのあと散会となった。

↑このページのトップヘ