風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

IMG
 ジョージ・G・スピーロ「ケプラー予想」(新潮文庫、2014年・刊)を読み了える。副題は「四百年の難問が解けるまで」。
 同書の
購入は、2016年11月13日の記事にアップした。
概要
 購入記事でも書いたが、僕は数学の証明に到る「物語」が好きだ。
 「フェルマーの最終定理」は、S・シン・著の同題の新潮文庫で、1994年10月、アンドリュー・ワイズに由って証明されるに到るまでを述べる。
 「四色問題」は、一松信・著の同題の講談社ブルーバックス(旧版)で、コンピューターを用いて証明されるまでを描いた。
 「ポアンカレ予想」は、春日真人・著「百年の難問はなぜ解けたのか」(日本放送出版協会、2010年・刊)で、グレゴリー・バレルマンに由る解決までを描いた。
 本書は、1611年、天文学者、ヨハネス・ケプラーが予想した球充填問題を、1998年、トマス・ヘールズがコンピューターをも用いて証明するまでの経過を描く。
感想

 元もと、数学は苦手なので、難解な数学的方法はわからない。
 ただ苦闘の歴史が重ねられ、道化的人物も登場し、天才的数学者が幸運をも掴んで、厳密に証明するまでの物語を読むのみである。ここには明瞭な進歩がある。
 思想界のように、ソクラテス以来、進んでいるのか判らない世界とは違う。近代でも、マルクス思想、実存主義、構造主義、ポストモダンとか、移り変わって信用が出来ない。
引用
 本書の末尾から引く。
 しかし物語は終わらない。なぜなら数学には終わりはないからだ。問題が解決され、仮説が検証されていく速度よりも、新しい問題や仮説が生まれる速度のほうが大きいのである。


IMG

IMG_0001
 今月8日(水曜日)の夕方、妻と、共に人生初めての歌舞伎鑑賞をして来た。
 普通なら観にゆけないのだが、遠く住む一人息子の妻が、歌舞伎が好きで、2人分のチケットを送ってくれたのだ。
 福井フェニックス・プラザ大ホールで、夕方6時・開場(実際は観客が集まり過ぎて、5時45分・開場)、6時半・開演。
 場内は椅子席で一杯で、場内放送では、千余人の観客だった。僕たちの席は、前から2列目、左から4番、5番で、花道の間近くだった。
 催しは、「中村勘九郎 中村七之助 特別公演」。写真の上が、パンフレットの表、下が裏である。
 初めは「歌舞伎塾」。女形の化粧と着付けの実演を、ビデオ・カメラで撮って大画面に写す。同時進行で、大太鼓と笛の実演があり、歌舞伎での音の決まり事を教わる。観客の質問コーナー、飛び入り参加コーナーもあった。
 次は狂言を素材とした舞踏劇「棒しばり」。主人に腕と手首を縛られた太郎冠者(中村鶴松)と、両腕を水平に棒に縛られた次郎冠者(中村勘九郎)が、それでも盗み酒をし、酔って舞う(連れ舞いあり)という趣向である。
 両手を縛られながら、舞いは激しく、肉体鍛錬と厳しい稽古を思わせるものだった。見せ場では、大きな拍手が起こった。
 高校生時代の課外授業に、狂言の鑑賞(校内講堂で)があり、その時の学習(言葉遣いの「おじゃる」など)が、半世紀経て役に立った。
 小鼓の1青年が、観客には目も向けず(作法だろうが)、芸道一筋、という印象で好ましかった。

 3番目は、中村七之助の「藤娘」。衣装の変化には関心がなかったが、だらりの帯が藤の花のデザインで美しかった。身を後ろに反らせる(いわゆるイナバウアー)姿、見返りの姿も、あでやかだった。しまいに花道で華やかに踊って、圧倒された。
 9時頃に退場。妻の運転する車で、夜闇の中を無事に帰宅した。
 しまいに、場内販売の特別パンフレット(カラー写真・多数、千円)の、表紙をアップする。スキャン画像の画素数が大きすぎて(1枚5Mまで)、リサイズしてトリミングするのに苦労した。

無題コピー (2)



CIMG0514
 畳替えのため、机の上の物を移動した時、改めてガラス(?)の動物の置き物を見直した。
 ガラスのように見えるが、硬質プラスチック製だと思う。
 左から、熱帯魚(3体)、鹿の類、イルカ、象、ペンギン、野牛、亀、アシカ、鳩の11体である。
 昭和末期頃、100円ショップに寄るたび、1体ずつ買い集めた物である。今はもう、売っていないようだ。
 縁起的にも僕に合うようで、ずっと机の本棚に置いてある。
 今夜(11月8日)は、歌舞伎の講座と舞台とを、妻と鑑賞に行く予定で、込み入った記事を書けない。
 11月10日には、歌舞伎の話題を取り上げる予定で、お待ちくださいますように。



↑このページのトップヘ