風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 角川書店「増補 現代俳句大系」第15巻(1981年・刊)より、5番目の句集、鈴木六林男「桜島」を読み了える。
 先の8月23日の記事、松村蒼石・句集「雁」を読む、に次ぐ。

 原著は、1975年、アド・ライフ社:刊。13年間の602句、長文の著者・後記を収める。
 鈴木六林男(すずき・むりお、1919年~2004年)は、戦前の新興俳句運動に関わった。戦場より負傷帰還、戦後の前衛俳句運動に関わったようだ。

 「桜島」の初めでは、字余りの句が多いが、師・西東三鬼の没後は少なくなる。社会的に実践する中で、吟じて来たようで、難解な句がある。例えば「父を逃れ母を逃れて墓標と撮られ」。
 あとがきに「ノートにある作品はすべて収録した」とある。それにしては句数が少なく、寡作と言える。


 以下に5句を引く。
病めば自愛の冬日さえぎり機関車過ぐ
戦争が戻つてきたのか夜の雪
なが雨の車窓から振り消えない手
三鬼なし夜寒の山が汽笛出す
稲輓く馬何の化身として憩う
0-64
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。




 思潮社・現代詩文庫242「続続 荒川洋治詩集」より、2回めの紹介をする。
 「『坑夫トッチルは電気をつけた』から」を読む。
 先の8月27日の記事、同「『一時間の犬』から」を読むに次ぐ。

 「かわら」から。彼は容貌にコンプレックスがあるのだろうか。「醜怪な顔」と、ぼんやりと言っている。彼は醜怪ではなく、理解されること少なく、苦労した文学者の顔だ。
 「林家」から。次の2行がある。「ぼくもまた政治家なので/文学も出世の手段としか考えない」。反語だろうか。本音だろうか。俳歌ではボスなど、権力を振るう人もいたようだ。詩と小説では聞かない。自己表現の芸術に対して、畏れがない。
 「デパートの声」では、東京上流の人のデパートでの言葉に、上京した頃の彼が、コンプレックスを持ったらしい事を描いている。
 「坑夫トッチルは電気をつけた」より。方言ではないけれども、田舎言葉を使っている。電気器具に通電する事を「電気をつけた」と言う。「球」を「たま」と読ませて電灯球を指すのも、「球が切れた」で電球のフィラメントが切れた事を指すのも、田舎風であり、違和感があって理解を妨げる1因となる。
 彼は戦無派の詩の荒野を、どこまで行くのだろう。
0-63
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



 9月5日に、同人誌1冊と、文庫本3冊が届いたので、紹介する。
IMG_20190906_0005
 県内の詩人・作家・評論家の定道明さんが、同人誌「青磁」第40号を送ってくださった。優しい手紙と共に。
 「青磁」は、県内を主とする、小説・評論の同人誌である。2019年8月29日、青磁の会・刊。
 手間と費用が掛かり、評価されにくい、小説の同人誌を続けることに、敬意を払う。定道明さんの2編、張籠二三枝さんの1編、だけでも読みたい。

IMG_20190906_0002IMG_20190906_0003
IMG_20190906_0004
 9月2日にメルカリで、3冊1括450円で注文した、山田詠美の文庫本が、9月5日に届いた。
 「蝶々と纏足 風葬の教室」、「放課後の音符(キイノート)」、「ぼくは勉強ができない」、いずれも新潮文庫である。
 目当ては「放課後の音符」だったけれど、3冊1括で廉価に出品されていたので、注文した。初に読む山田詠美の生徒もの小説など、楽しみにしたい。


 

↑このページのトップヘ