風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

 沖積舎「梅崎春生全集」第4巻(1984年・刊)より、5回めの紹介をする。
 同(4)は、今月2日の記事にアップした。


 今回は、「熊本牧師」「飯塚酒場」「弁慶老人」「西村少年」の4短編小説、255ページ~279ページ、25ページを読んだ。
 「熊本牧師」は日曜学校への登校を、「西村少年」は同級生の恋への嫉妬を描いて、時代を戦前の小学生時代に採っている。
 「飯塚酒場」も、戦中の1943年初め頃の人気酒場で、早く1回分を飲み干して行列の後ろに付く、競争を題材とした。
 「弁慶老人」は、学生やプロの押し売りを撃退する事を楽しみとする、画家・早良十一郎とその隣人・大河内弁慶・老人が、地境の四ツ目垣の根元に植えるもので、諍う話である。
 少年時代、戦中、戦後の些細な事を取り上げながら、宗教や社会への怒りを含めているようだ。
1 (4)
写真ACより、「秋の人物コレクション」の1枚。



 岩波文庫の一茶「七番日記」(上)より、6回めの紹介をする。
 同(5)は、今月5日の記事にアップした。




 今回は、文化10年正月~6月まで、320ページ~386ページ、67ページを読んだ。
 この正月、継母弟との遺産分割の和解成立、田畑・山林・家屋敷を得て、北信に定住した。その安住を窺わせる句がある。これまでにも、帰郷の折に巡回し、門人を得ており、江戸仕込みの宗匠として活躍できた。門人には有力者や素封家が多く、生活できた。
 岩波文庫では、見開き2ページの左端に語注欄があり、読み進めやすい。

 以下に5句を引く。
かすむ日や飴屋がうらのばせを
(芭蕉)
(わが)蒔いた種をやれやれけさの露
笠き
(着)るや桜さく日を吉日(きちにち)
赤犬の欠
(あくび)の先やかきつばた
青空はいく日ぶりぞ蟬の鳴
(なく)

ヒグラシ
写真ACより、「ヒグラシ」の写真1枚。


 最近に手許に届いた2冊を紹介する。
 県内にお住まいの詩人・立石百代子さんが、絵本「喰うな!おれのだ!」を送って下さった。

喰うな!おれのだ!
 能登印刷出版部・刊、2020年9月10日・2刷。30ページ。
 親・娘・孫、3人の協力での出版である。
 A4判よりやや大きく、僕の多機能プリンタで表紙をスキャンできるかと危ぶんだが、ぎりぎりの大きさでスキャンできた。

 俵万智・歌集「未来のサイズ」の刊行を知り、読みたくなって、メルカリの新刊部より、メルペイ残高で購入した。

未来のサイズ
 角川書店、2020年9月30日・刊。価格:1,540円(税込み)。
 カバーの歌を読んで、俵万智が多行書きに転換したかと、ファンが嘆くことはない。本文では、1首1行の歌ばかりである。





↑このページのトップヘ