風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

CIMG9226
 昨日の記事で受贈を報せた2冊の内、エリザベス・グレイス・著、稲木信夫・訳「日本女性プロレタリア詩人中野鈴子」を読みおえる。
 2016年3月・刊。私家版。軽装版、57ページ。
 イギリス在住のオックスフォード大学院生(当時)、エリザベス・グレイスさんの修士論文(2009年)を、詩人であり中野鈴子・研究家の稲木信夫さんが邦訳した本である。訳文が生硬で、やや読みにくい。
 中野鈴子は中野重治の妹であり、戦前から戦後にかけて、プロレタリア詩人として活躍した。
 しかし蔵原惟人、アルチュセールら旧・左翼の理論家に批判的に取り上げようとしても、既に古過ぎる。
 茨木のり子・詩集「倚りかからず」(1999年・刊)の中の「倚りかからず」冒頭で「もはや/できあいの思想には寄りかかりたくない」と謳われた通りである。
 僕の読書のストライクゾーンは広い(これに就いては1度書きたい)が、僕の経歴から高く評価するだろうとこの本を下さったのなら、危険球のボールである。
 中産階級出身らしい、母性からの(中野鈴子は一人の子供も持たなかったが)、戦時下抵抗という視線は新しいけれども。


 

CIMG9226
 遅くなったが、先の11月21日の記事(←リンクしてあり)にアップした、「2016ふくい詩祭」のおり、「水脈の会」代表の稲木信夫さんより、彼が邦訳したエリザベス・グレイス・著「日本女性プロレタリア詩人中野鈴子」を頂いた。
 エリザベス・グレイスはイギリスの文学研究者である。稲木さんは、中野鈴子・研究をライフ・ワークとすると公言しており、すでに研究書3冊を上梓している。
CIMG9223
 先日、坂井市にお住まいの作家・評論家の張籠二三枝さんが、評論「三好達治 詩のエピソード」を送って下さった。紫陽社・刊。
 彼女は3冊の小説集を上梓すると共に、「三好達治の詩を読む会」代表として、すでに「三好達治 詩(うた)語り」を2014年に上梓している。
 僕のような者に本を贈られるのはありがたく、共に読みおえて、ここに紹介したい。


 昨日(12月8日、木曜日)に、僕と女性二人のメンバー3人による、短歌研究会B第10回が、ある喫茶店の1隅で持たれた。
 同・第9回は、先の11月14日の
記事(←リンクしてあり)にアップした。
 時刻は9時半からの予定だったが、Mさんがお孫さんの手術で、30分遅れたのはやむをえない。
 前回に続いて、岩波文庫「宮柊二歌集」の「山西省」の、昭和18年分に入る。
 章立ての「塞下悲報」の「塞下」と、次の「冀西晋北」の、訓みも意味もわからない。後者は地名かと推測した。
 「塞下悲報」は戦地にあって、師・北原白秋の逝去を知り嘆く歌1連である。
 「おどろ」「青みどろ」「うつそみ」「からくして」「みそかには」と、慣れない言葉が多いが、例によって電子辞書版広辞苑第6版で調べて、ほぼ判った。
 1首に「河音」「風音」と重なる事、「青」が重なる事が、Mさんより指摘されたが、戦中詠の非常時の作品として、読むべきだろう。
 また字足らず、大幅な字余りの歌が多い事も、上記の事情を読書の考慮に入れねばならない。
 戦後の歌で始まる歌集「小紺珠」に入り、初めの「砂のしづまり」1章のみを読む。
 「遊ばせて」「遊びつつ」の句が出て来るが、「ありがてぬかも」(生きていられない)の句があり、「自死を考えていた」という回想があったと僕は記憶しており、のんびり遊んでいたのではなく、時代・思想の激変に苦しみながら、身をもてあましたのだろう。
 この章で今日の研究会Bを済ませ、次の研究会Aの日程を決め、11時頃に散会した。
暖炉1
フリー素材サイト「Pixabay」より、暖炉の1枚。




↑このページのトップヘ