風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 角川書店「生方たつゑ全歌集」(1987年・再版)より、歌集「花鈿」を読み了える。
 前歌集
「虹ひとたび」は、今月18日の記事にアップした。
 歌集「花鈿」は、1973年、牧羊社・刊。井上靖・序文、「あとがき」を付す。
 1972年・刊の歌集「紋章の詩」に内容的には先行するらしく、全歌集では先に置かれている。
 序文で井上靖が「極北に立った鋭さを見せています。…生方さんを取りまく外界がすっかり構築され直した感じです。」と讃えている。「あとがき」で夫の2度の入院、古家が国指定重要文化財となった事などを書き、「私が、もはや、人生の結末への準備をしなければならない要求にせまられたのは嘘ではない。」と述べている。また「私個人としては、大きい『あらたまり』のこころにゆすぶられてよみあげたものであることを信じたい。」とも述べている。
 「虹ひとたび」の記事で僕が書いた、新しい地平、新しい歌境に入りつつある自信だろうか。
 以下に7首を引く。
絶えまなく噴き熄まぬもの化合(けがふ)して夏旺んなる千島火山帯
狐の嫁入りの民話を信じきたりたるわが少女期の甦るは五月
歪みたる瓶も鉱化せる石鹸も惨の証(あかし)してかなしきあさか(広島―爆心地―)
血のやうな赤きプラムの果汁吸ふ病めばやさしくなり合ふわれら(夫病めば)
花のマッス窓にかがやく晨(あした)にて体温ひくきしあはせ分つ
胎児のやうに跼む谷石をふむときに収斂はくる秋のこゑして
ひる暗き土蔵の中のてのひらに重し磨滅の踏絵を持てば
09
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。



このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖積舎「梅崎春生全集」(全8巻)の第2巻より、7回目の紹介をする。
 
同・(6)は、今年3月21日の記事にアップした。
 今回に僕が読んだのは、「青春」「虚像」「ある男の一日」の3短編小説である。
 「青春」は、旧制高校だろうか、仲間内で卒業に失敗した二人のみ、「ぼく」と「城田」が、飲み屋で落ち合ってヤケ酒を飲み、阿蘇山に行こうと(熊本高校生だろうか)、タクシーに乗る。「城田」は途中で降りてしまい、「ぼく」も先の途中で降り、うどん屋でさらにお酒を飲む。店主の女と1夜を共にして、翌朝独りで出掛けようとする所で終わる。のどかな時代の、暗い話だ。
 「虚像」は、台湾に兵だった「高垣」に内地から、恋文を寄越した「幾子」を、戦後の電車内で見掛けるが、注視も声掛けもせず、心理的にあれこれ思うのみだったストーリーである。戦争の心の傷が、薄らぐ時期だっただろうか。
 「ある男の一日」は、裁判所に証人として出廷した男が、「良子」という娘を喫茶店に1時間半も待たせたあげく、映画を観るのだが途中で映画館を出て、別れてしまう話だ。戦争のエピソードは無いが、これも戦争の傷跡がさせるストーリーだろうか。
 いずれも1948年に発表された短編である。
050
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。



このエントリーをはてなブックマークに追加

 吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)より、2番目の詩集「植物の断面」を読み了える。
 最初の詩集
「月が出る町」は、今月13日の記事に紹介した。
 「植物の断面」は、1929年(昭和4年)、厚生閣・刊。
 序文で百田宗治が、春山行夫の詩論を多く引いて、短く論じている。その引用された言葉の1つに、「意味のない詩を書くことによつてポエジイの純粋は実験される。」がある。
 モダニズム詩集として、シュールリアリズム(超現実主義)、ダダイズム(反文明・反合理的な芸術運動)、オートマチズム(自動記述法)、カリグラム(文字をグラフィックに配置した詩)、映像主義(シネポエム)などの詩編を収める。
 モダニズムは狭義に、第1次世界大戦後、1920年代の前衛的動向を指す。
 言葉の無意味化の果て、こめられた幼げな感情は、ボキャブラリ的に中産階級の優越感と、形式的には崩壊への危機感のみのように、僕には思える。
 ヨーロッパでファシズムが興っており、日本共産党への弾圧も繰り返された時代だった。翌1930年には、愛国勤労党・結成、ナチス進出などがあり、戦争の足音が聞こえたのだろう。
 「白い少女」の語を、6段14行重ねた詩は、カリグラムだろう。
 モダニズム詩として、有名な1編がある。「* 白い遊歩場です/白い椅子です/白い香水です/白い猫です/白い靴下です/白い頚です/白い空です/白い雲です/そして逆立ちした/白いお嬢さんです/僕の Kodakです」。映像主義とウィットが、無意味からわずかに救っている。
049
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ