風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、詩集「食卓に珈琲の匂い流れ」を読みおえる。
 先月9月27日の
記事(←リンクしてあり)、「詩集未収録作品」に継ぐ。
 原著は、1992年、花神社・刊。2部22編。
 「娘たち」の末2連では、「そしてまた あらたな旅だち/遠いいのちをひきついで さらに華やぐ娘たち//母や祖母の名残りの品を/身のどこかに ひとつだけ飾ったりして」と、女性のファッションへの愛着と継承に注目する。 
 「今昔」では青年僧・良寛を旅人の回想として、「沈黙が威圧ではなく/春風のようにひとを包む/そんな在りようの/身に添うたひともあったのだ」と描く。
 標題作「食卓に珈琲の匂い流れ」では、「さながら難民のようだった新婚時代/(1行・略)/みんな貧しくて/それなのに/シンポジウムだサークルだと沸き立っていた/やっと珈琲らしい珈琲がのめる時代/一滴一滴したたり落ちる液体の香り」と、中流の生活を得た安心を述べる。
 時代の経済的発展を認めながら、心が喪いそうな事に敏感である。
コスモス6
「フリー素材タウン」より、コスモスの1枚。


CIMG9085
 ある日、メールが流れて(ぼかして書く事情がある)、同人歌誌「COCOON」創刊号(正しくはIssue01)の購入を勧められた。
 1冊500円で送られて来、継続購読を勧められたので、第2号~第5号の4冊も予約した。
 「COCOON」は、結社「コスモス短歌会」内の同人季刊歌誌「棧橋」(120号で終刊)の後継誌で、若手が集まり、シニアの「灯船」と兄弟誌である。
 同人23名(1965年以降生れ)、発行人・大松達知。
 大松さんの「創刊のことば」と「創刊までのこと」が、力強い。
 以下に4首を引く。
 K・育子さんの「青葉風吹く」48首より。
路地ひとつ曲がればしろくふくらめる月をいくつも連れ帰りたり
 K・智栄子さんの「星の子」12首より。
ゲンバクハ降ッテ来タノデハアリマセン落トサレタノデス 青桐がいふ
 オバマ大統領の広島訪問を否定しないが、政治の言葉に文学のレトリックを用いる事は(詩人でも、そう書かないだろうが)、文学への侮辱である。原爆はアメリカの科学者が作り、大統領が命令し、爆撃機から落されたのであって、「死が天より降って来た」のではない。
 K・絢さんの「プラム」12首より。
外食もいいけど家の食事だな そんな顔して乳を吸ふ子だ
 I・佑太さんの「上弦の月」12首より。
三日月のかたちにねむる猫のうへ夏の夜明けの雲ながれをり
 大松達知さん、小島なおさんをはじめ、皆様の力詠を期待する。
 

CIMG9081
 昨日(10月1日、第1土曜日)午後2時より、F市きらら館にて、第11回「苜蓿忌」が催された。
 「苜蓿忌」とは、詩人・広部英一(元・詩誌「木立ち」代表)の業績と人徳を偲ぶ集いである。
 上の写真は、館前公園の詩碑の前で催された、碑前祭である。30名近くの参加だった。
 現・「木立ち」代表のK・明日夫さんの挨拶、Y・清吉さんによる詩「野菊」の朗読、献花、「木立ち」関係の新本の献本が行われた。
CIMG9082
 場所を、きらら館内の1室に移して、偲ぶ会(茶話会)が持たれた。
 M・迪男さんの司会のもと、K・明日夫さんの挨拶、(実弟・広部正雄さんのハープ演奏、2曲を挟みつつ)9名が思い出や感慨を述べた。
 K・明日夫さんのまとめの言葉の後、故・詩人の夫人の謝辞(13回忌を済ませたとも話された)で、「苜蓿忌」を閉じた。


↑このページのトップヘ