風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

 今夜の記事更新は、お休みします。
 風邪気味で、微熱、悪寒、くしゃみがありました。
 葛根湯を飲んで、少し良いようです。
 またすぐ復活します。
 お休みなさい。

0-97
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 結社歌誌「覇王樹」2018年9月号に載せて頂いた小論、「啄木『一握の砂』の「道・路」」をネットにアップすべく、僕のHP「新サスケ’s Ownd」のページに数日掛けて打ち込み、完成しました。
 上の赤色の字の題名をクリックすれば、小論・記事にジャンプします。
 これは「覇王樹」の年間の散文テーマ「道・路」に応じたものです。

 AmazonのKindleより、啄木『一握の砂』を無料ダウンロードし、検索機能で「道」・「路」の付く歌を選び出しました。さすがにそれにメモを付けてゆく膂力はなく、Wordに間隔を空けてキーボードで写し、資料に当たりながらプリントにメモを増やしていきました。
 原稿量に制限があるので、Wordの原稿用紙、20字10行、15枚にまとめました。誌面ではルビが振ってありますが、原稿用紙にルビを打つ方法がわからなく、手書きでルビを添えました(HPでは、()の中に入っています)。

 記事としては長いですが、啄木の1面が現われているかと思います。横書きながら、どうぞご一読くださいますように。
サボテン紅玉
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


IMG_20180920_0002
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2018年10月号を読む。
 Amazonよりの到着は、先の9月21日の記事、
「頂いた本など9冊より(2)5冊」の2番目で報せた。
概要
 2018年10月1日付け・刊。169ページ。
 原資の値上げ、消費税増税に耐え、定価を据え置くご苦労を思う。綜合歌誌も諸誌多い事でもある。
特集
 「短歌の名鑑賞」は、それぞれ感銘深い文章である。しかし何か不満が残る。
 1首~数首の鑑賞では、歌人は語れない。歌集論、歌人論まで至らなければ、歌論と言えない。時代の歌壇論とまでは言わないけれども。
巻頭20首
 佐藤モニカ「夏の市場」20首より、次の歌が気になる。
トランプをきりつつ思ふ若き日のおほかたの夢手放ししこと
 短歌での成功と、貧しくない幸せそうな家庭を得ながら、それでも夢は他にあったのだろうか。
戦争と歌人たち 第55回  篠弘
 戦争に関わった歌人を徹底的に追求し続けている。今回は匿名の「桐谷侃三」の暗躍を取り上げている。彼は「きりがやつ・かんざん」と訓んでいる。その卑劣さが暴かれている。
 いま、たやすく「非国民」などと詰る者は、後世の追求を恐れるべきである。

 僕は短歌指導書をわずかだが読んだけれども、それで眼を開かされた、という経験がない。多くの歌を読んで、効率悪くとも、学んで行くしかないのだろう。


↑このページのトップヘ