風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

IMG_20180204_0002
 先の2月2日(金曜日)に、2冊の本が届いた。
 1冊は、郷土の文学者(詩、小説、評論を執筆)の定道明さんがご恵贈くださった、小説集「外出」である。
 2018年2月1日、編集工房ノア・刊。
 その前の
小説集「風を入れる」は、昨年2月12日の記事で紹介した。
IMG_20180204_0001
 もう1冊は、藤野早苗・歌集「王の夢」である。
 Amazonのマーケットプレイスで、ネットオフに注文していた本。
 娘さんが中学校で不登校になった(現在は大学で学んでいる)事からの回復を含めて、歌集に収載との事をブログかフェイスブックで知り、早速求めた。
 新本(2014年11月20日、本阿弥書店・刊)を求めるべき所を、Amazonに新本の在庫はなく、マーケットプレイスで古本を買うよりなかった。状態段階は「非常に良い」表示だったけれど、帯にイタミがあった。本文はきれいである。
 いずれも読み了えたなら、ここで紹介したい。




CIMG0694
 立春の今日、家うちにある花を、紹介する。
 上の写真は、先日の妻の誕生日に、遠く住む息子夫婦が贈ってくれたものである。息子は忙しいし、花にはほとんど関心がないので、子の妻が選んでくれたのだろう。
 明るい色のムスカリ、プリムラ、白い小花、観葉植物のアイビー(ヘデラとも呼ぶ)の小鉢植えを、あしらったもの。青い羽根の小鳥のマスコットが添えてある。
 暖かい所が良いだろうと、台所(朝夕にストーブを焚く)の台上に置いてある。

CIMG0695
 これも2、3年前に息子夫婦が、妻の誕生日に贈ってくれた、プリザーブドフラワーである。
 特殊溶液で水分を抜き、特殊色素液で発色させるそうである。水遣りをしなくても枯れなく、湿気が少ない国では5年~10年も、保つそうだ。
 写真は、やや赤色強く補正してある。薔薇2輪と、他はわからない。
 他には、昨年12月17日の記事
「コチョウランとストック」で紹介したうち、コチョウランの花は萎れたが、ストックは数本が花を残している。
 花ではないが靴箱の上には、名前不明の観葉植物、ヒモサボテン、アロエ、各小鉢が乗っている。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、3番目の句集、鷹羽狩行「誕生」を読み了える。
 1月21日の記事、
千代田葛彦「旅人木」に次ぐ。
概要
 原著は、1965年、昭森社・刊。山口誓子・序、444句、秋元不死男・跋、後記を収める。
 鷹羽狩行(たかは・しゅぎょう、1930年~)は、1948年に山口誓子「天狼」に入会、1977年に俳句専業となる。1978年、俳誌「狩」創刊・主宰。2015年、日本芸術院会員。
 第1句集「誕生」は、俳人協会賞・受賞。
感想
 1958年(28歳頃)に7歳年下の妻と結婚、愛妻句を多く作り、1964年となって長女を得て愛児句を成した。
 7歳も年が違い、少女妻と吟じているように、労わってやるよりなかったのだろう。また34歳頃に子を得て、父として喜びだったろう。
 慎ましいながら幸せな家庭を吟じて明るい。
 句集刊行の1965年は、60年安保の政治の時季も過ぎ、経済成長に向かっており、句集「誕生」の受け入れられる素地はあったのだろうと、僕は推測する。
 「燈火親しむ汝はフランス刺繍」は「燈火親/しむ汝はフラ/ンス刺繍」と切れるのだろうか、大胆な句割れ・句跨りである。このような句も目立つ。
引用

 以下に5句を引く。
寒林となりて河港の舟檣(マスト)透く
火事跡のまた匂ひ出づ雪催ひ
鳥雲に妻の指切りぐせ今も
金亀子(ぶんぶん)に裾つかまれて少女妻
雪握る充実の音父となりし
0-03
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ