角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)の第11巻(1982年・刊)より、8番めの句集、石川桂郎「含羞」を読みおえる。
 先行する
百合山羽公「故園」は、先の1月28日の記事にアップした。
 石川桂郎(いしかわ・けいろう、1909年~1975年)は、石田波郷「鶴」創刊号(1937年)より投句、1948年の波郷「馬酔木」復帰に伴って「馬酔木」同人。「俳句研究」「俳句」の編集長を経て、1964年より俳誌「風土」主宰。
 散文では横光利一に師事し、短編集「剃刀日記」他、俳人評伝「俳人風狂列伝」他がある。
 「含羞」は、1956年、琅玕洞・刊。1938年~1956年の、453句を収める。石田波郷・序、中村草田男・跋。
 貧困の中の家族を描いて、温かみのある秀作が多い、と思われる。
 以下にすべて戦後の作より、5句を引く。
栗飯を子が食ひ散らす散らさせよ
あまり寒く笑へば妻もわらふなり(一片の炭無し)
毛虫這ふごとき寡き銭(ぜに)渡す
芹摘む母もの濯ぐ妻晴れわたり
葛野萩薬餌提げ来て通ひ妻
040
写真ACより、チョコレートの1枚。多くの男性の意を表して。