昨日(2月14日)の午前10時より、ある喫茶店の1隅で、短歌研究会A第32回を持った。
 
同・A第31回は、先の1月19日の記事にアップした。
 メンバーは3人だが、Mさんの都合がつかなくなり、Tさんと僕の二人だけの研究会となった。
 まず今日欠席のMさんの9首をめぐって。プリントはTさんが預かっていた。
 「さらさらと…流るる音す」を、「音きよく…流れてゆけり」にしては、どうか。「出来ゐるを」→「出来ゐると」の方が、良くはないか。「夫(つま)の誕生日」→「夫の生れ日」に音数を合わせたらどうか(この僕の提案は、間違っているかも知れない)。他に連体形にする事、「ゐる風鈴が」→「ある風鈴が」、主語をしめす助詞が入る余地があるのではないか、等と検討した。
 Tさんの8首では、2句めで区切れを入れたらどうか、「揺らしつつ冬田に」」の2句では「つつ」を省いたらどうか、「晴れし朝」では「晴るる朝」とする方法もある、と提案した。「橡(くぬぎ)」は同字の(とち)と間違われるので、「檪」の字にした方が良い、とも。
 僕の10首では「探り得ず」→「探し得ず」の方が良い、3句と4句で2回切れている、「悪しと知れども」→「悪しと思へど」、「吊らるる」→「吊られる」(口語調の1首なので)、「昨晩に」→「「前の日に」(「昨夜」(よべ)に代わる良い言葉がなかったので)、「確かむ」の結語に対し「何を確かめるのか」明瞭にする事、等が提案された。
 そのあと、僕がここ1ヶ月間に詠んだ50首程を、Tさんに読んでもらい、自選のアドバイスを貰った。
 今月の研究会Bの予定を確認し、11時半頃に散会した。外に出ると、雪が降っており、駐車場の自動車にも雪が積もっていた。
ツララ1
Pixabayより、氷柱(つらら)の1枚。