昨日の記事、結社歌誌「コスモス」2017年3月号<風鳥派>に続き、作品欄の「COSMOS集」を読了する。
 「COSMOS集」は、入門の「その二集」とそれに次ぐ「あすなろ集」の、特選欄である。
 各5首(まれに6首)が、選者による題名を付けて、掲載される。
 歌歴の若い人には、可能性としては、将来がある。昇級の夢、歌壇で活躍する夢も、可能性としてはある。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。T・千尋*(新仮名遣いのマーク)さんの「すうはあすう」5首より。
すうはあすうアスファルト上の修行者の息が聞こえるマラソン大会
 字余りの多い1首(苦しさに繋がるようだ)だけれども、マラソン走者の荒い息遣いを言葉化した事と、「アスファルト上の修行者」と捉えた事が、新しい表現である。体言止めで、まさに1首を止めている。
椿2
Pixabayより、椿の1枚。