Amazonより新鋭短歌シリーズの、岸原さや「声、あるいは音のような(百首選)」を、タブレットにダウンロードした。
 歌集の購入は、先の2月2日の記事
「届いた2冊」で報せた、高野公彦「無縫の海」以来である。
 この歌集は、2013年9月30日・書肆侃侃房・刊の「声、あるいは音のような」(1,830円)のkindle版(800円)より、著者自選100首版(300円)である。
 Amazonの新鋭短歌シリーズは気になっていたけれど、内容がほぼ判らないのでためらっていた。
 それで題名や内容紹介から、判りやすそうな歌集を選び、廉価な100首選をダウンロードした。
 タブレットを見ると、横長画面に、縦にほぼ1首1行で入っており、読みやすそうだ。
 読み了えての感想を、ここにアップしたい。
 なお歌集の画像は、残念だがここに引けないようだ。
椿8
Pixabayより、椿の1枚。