結社歌誌「コスモス」2017年4月号より、「COSMOS集」を読み了える。
 先行する
「その一集」特選欄・読了は、先の3月30日の記事にアップした。
 「COSMOS集」は、「その二集」と「あすなろ集」の特選欄であり、「あすなろ集」より30名が、「その二集」より12名が、出詠10首のうち5首(稀に6首)を選ばれ、選者による題名を付されて載る。
 「COSMOS集」の常連は、将来の有望株だが、元の集の会員層が薄い事は心配である。
 僕が付箋を貼ったのは、「その二集」特選より、次の1首。M・竜也*(新かな遣いのマーク)さんの「水たまり跳び越えるごと」5首より。
自転車のチェーンが外れるようにして母はも父のもと離れたり
 父母の双方に言い分はあっても、子は苦しんだだろう。下の句のぎこちなさに、その思いが表われている。上句では、納得しようとしているけれども。
チューリップ3
Pixabayより、チューリップの1枚。