昨日(4月18日、火曜日)の午前9時半に、メンバー3人がある喫茶店に集まって、短歌研究会A第34回が持たれた。
 
同・第33回は、先の3月17日の記事にアップした。
 研究会Aは、各自の詠草の検討である。
 ここで述べておかねばならないが、僕は「コスモス短歌会」退会を決めており、そのせいか少し熱の入らない研究会となった。
 Mさんの詠草10首では、かな遣いの間違いが指摘され、しづかに→音なく、思ひ見よとぞ→われを見よとぞ、等が奨められた。
 Tさんの11首では、「敷く」が普通では他動詞だが、自動詞の場合もあるので、用法は妥当となった。「開きを作り」を僕がわからなかったので、彼女自身が「魚を捌き」に直した。「大銀杏は堂々と」は「公孫樹は堂々と」くらいが適切だろう、という話になった。
 僕の10首では、「パソコンの…肩は」の、パソコンの肩が、わからないと言われた。「腰砕け連想は悪い方へ」→「腰砕け 想いは悪い方へ」に直す事になった。「われには聞こゆ」が古いので、「われに聞こえる」に直す事になった。
 そのあと、僕の詠草50首余りを二人に見てもらった。また歌誌等の貸し借りがあった。
 僕はタブレットを持って行ったので、AmazonPhotoの写真を見てもらい、Kindle本を紹介した。
 僕の腰が悪いこともあり、次回の日を決め、いつもより早い10時40分頃に散会した。
06
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。