福井県俳句作家協会の年刊句集「福井県 第55集」より、2回目の紹介をする。
 
同・(1)は、先の4月22日の記事にアップした。
 今回は、32ページより61ページまで30ページ、60名の600句を読み了えた。
 役員と名誉会員・参与を除く一般会員の句欄は、福井地区(福井市・吉田郡)、坂井地区(坂井市・あわら市)など、8つの地区に分け、地区内でほぼ所属ごとに分けて、氏名のアイウエオ順に並ぶ。表記などに混乱がなくて、読みやすいようだ。
 このアンソロジー句集への400余名の参加は、県の詩の「詩集ふくい」、短歌の「福井短歌」の参加者の数を、遥かに越えている。
 俳句の国際化を背景に、俳壇の競争・団結があるのだろう。勢いのある所、量の増大とともに、質の向上がある。
 今回に、僕が付箋を貼ったのは、次の3句。
 N・陽子さんの「卆業」10句より。
黒板に卒業までの日数入れ
 O・紀子さんの「吾亦紅」10句より。
昼休み群れて何処かへ新社員
 O・友江さんの「天気占ひ」10句より。
炎昼に豆腐屋得意先回る
 3名とも、女性の俳人となってしまった。
028
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。