角川書店「生方たつゑ全歌集」(1987年・再版)より、歌集「虹ひとたび」を読み了える。
 前歌集
「春祷」は、今月9日の記事にアップした。
 歌集「虹ひとたび」は、1969年6月、角川書店・刊。
 題名は、川端康成の小説「虹いくたび」に因んでおり、本人の快諾を得た、と後書「をはりに」にある。
 この歌集は、7つの能に題材を採った連作群である。かつて歌集「火の系譜」の「火の系譜」3つの章で試みられたが、今回は7章286首の群作である。
 古代からの情念と、近代知性の乗り越えから、新しい地平が開けるだろうから、能を題材に短歌を成す事は好ましい。ただ記憶にあるのみだが、馬場あき子が能を題材とした連作より、情念が弱いようだ。経験と時代にも、拠るのだろうか。
 以下に7首を引く。
いちにんの思ひ遂ぐるさへよしなきにいづべの恋になびかむものぞ
決断をせざりし愛か破邪さへもなしがたくして苦しむわれは
母こひてをらむ切なさ騙されてゆきしひよわき子を思ふとき
鐘の内に身をかくすとも生霊の偏執祓ふ手だてはありや
豹変のわざもつものら栄えゐむ暴風雨が潮を捲ける南崖
あはれまれたくなき愛とおもひつめゆけば拮抗の硬き夜なり
暗きかがやきを知る傲慢か老いの日に孤(ひと)り屈葬のかたちに跼む
046
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。