吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)より、2番目の詩集「植物の断面」を読み了える。
 最初の詩集
「月が出る町」は、今月13日の記事に紹介した。
 「植物の断面」は、1929年(昭和4年)、厚生閣・刊。
 序文で百田宗治が、春山行夫の詩論を多く引いて、短く論じている。その引用された言葉の1つに、「意味のない詩を書くことによつてポエジイの純粋は実験される。」がある。
 モダニズム詩集として、シュールリアリズム(超現実主義)、ダダイズム(反文明・反合理的な芸術運動)、オートマチズム(自動記述法)、カリグラム(文字をグラフィックに配置した詩)、映像主義(シネポエム)などの詩編を収める。
 モダニズムは狭義に、第1次世界大戦後、1920年代の前衛的動向を指す。
 言葉の無意味化の果て、こめられた幼げな感情は、ボキャブラリ的に中産階級の優越感と、形式的には崩壊への危機感のみのように、僕には思える。
 ヨーロッパでファシズムが興っており、日本共産党への弾圧も繰り返された時代だった。翌1930年には、愛国勤労党・結成、ナチス進出などがあり、戦争の足音が聞こえたのだろう。
 「白い少女」の語を、6段14行重ねた詩は、カリグラムだろう。
 モダニズム詩として、有名な1編がある。「* 白い遊歩場です/白い椅子です/白い香水です/白い猫です/白い靴下です/白い頚です/白い空です/白い雲です/そして逆立ちした/白いお嬢さんです/僕の Kodakです」。映像主義とウィットが、無意味からわずかに救っている。
049
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。