吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)より、3番目の詩集「シルク&ミルク」を読み了える。
 2番目の詩集
「植物の断面」は、今月22日の記事にアップした。その詩集は、厚生閣の「現代の芸術と批評叢書」シリーズ(春山行夫・編集)の1冊であり、同叢書の詩集には、安西冬衛「軍艦茉莉」、北園克衛「白のアルバム」、北川冬彦「戦争」、吉田一穂「故園の書」がある。モダニズムの推進者として、春山行夫は編集力を振るった。「解題」の受け売りながら、当時の詩の状況を知るため、ここに付記した。
 「シルク&ミルク」の原著は、1932年(昭和7年)、ボン書店・刊。
 1932年には、「満州国」建国宣言が出され、5・15事件があり、評論ではプロレタリア文学と新興芸術派と共に、ファシズム文学が論じられている。
 この詩集では、やはり危機感が募ったか、「這入れない」「向かない」「消える」「かくれる」「小さい」等の否定語が多く、現実を否定したい気持ちのようだ。
 現実状況の否定の中に、プチブル・インテリゲンチャとして、庶民嫌悪の感情もあったようだ。例えば「納税督促人ト駐屯兵ト森林看守ト守銭奴ト/制動手ト脱疽患者ハ…」と続けた詩句がある。
 このあと詩集は、「花花」(1935年・刊)、「鳥類学」(1940年・刊)と続くが、戦後にはほとんど詩を書かず、詩集もないようだ。
016
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。