CIMG9406
 今月13日の記事で紹介した「永田和宏作品集 Ⅰ」より、栞と第1歌集「メビウスの地平」を読み了える。
 同・集は、これまでの11歌集と、年譜、初句索引を収めて、821ページの大冊である。
 栞には、馬場あき子が先輩として、高野公彦、小池光が同輩として、三枝昂之、大辻隆弘が後輩として、励ましの言葉を寄せている。
 第1歌集「メビウスの地平」は、1975年、茱萸書房・刊。
 永田和宏は1947年に生まれ、母が結核発病のため別居、4歳で母の死に遭い、母の面影が無いという。
 1967年・「塔」に参加、河野裕子に出会い、また第5次「京大短歌」創刊。1972年・河野裕子と結婚、1975年の「メビウスの地平」発刊、現代歌人集会賞・受賞に至る。
 僕より3歳の年上である。この業績の違いは何だろう。僕は僕なりに、苦闘して来たと思うのだが。
 「自分の1首を以って、短歌史を一変させてみせる、…と意気込んでいました。」とかつて述べた(「新版 作歌のヒント」)が、それらの劇しい歌と共に、河野裕子との相聞の優しい歌がある。
 以下に7首を引く。名作、傑作として、人口に膾炙する作品はできるだけ避けた。
かくれんぼ・恋慕のはじめ 花群に難民のごとひそみてあれば
言うなかれ! 瞠る柘榴の複眼に百の落暉を閉じこめきたる
惑星の冷たき道を吹かれくるあざみ色なる羞しさの耳
あの胸が岬のように遠かった。畜生! いつまで俺の少年
昏睡の真際のあれは湖(うみ)の雪 宥(ゆる)せざりしはわれの何なる
鏡の中いまはしずかに燃えている青貝の火か妻みごもれり
見抜かれていたることすらさわやかにかなかなの鳴く夕暮れなりき