風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

2016年10月

CIMG9081
 昨日(10月1日、第1土曜日)午後2時より、F市きらら館にて、第11回「苜蓿忌」が催された。
 「苜蓿忌」とは、詩人・広部英一(元・詩誌「木立ち」代表)の業績と人徳を偲ぶ集いである。
 上の写真は、館前公園の詩碑の前で催された、碑前祭である。30名近くの参加だった。
 現・「木立ち」代表のK・明日夫さんの挨拶、Y・清吉さんによる詩「野菊」の朗読、献花、「木立ち」関係の新本の献本が行われた。
CIMG9082
 場所を、きらら館内の1室に移して、偲ぶ会(茶話会)が持たれた。
 M・迪男さんの司会のもと、K・明日夫さんの挨拶、(実弟・広部正雄さんのハープ演奏、2曲を挟みつつ)9名が思い出や感慨を述べた。
 K・明日夫さんのまとめの言葉の後、故・詩人の夫人の謝辞(13回忌を済ませたとも話された)で、「苜蓿忌」を閉じた。


CIMG9061
 2、3日前から、家の庭の金木犀が匂っている。
 上の写真の、黄色い粒つぶが花である。
 去年はあまり咲かなかったが、今年はたくさん咲いた。
 あまり高い木ではない。
CIMG9064
 ピラカンサスの黄実が色づいた。
 赤実の株も植えたのだが、2、3年で消えた。
 ピラカンサスは鳥の餌になるが、微量の毒を含むと聞く。
 「ピラカンサス」が正しく、俳句や短歌で流通商品名「ピラカンサ」を用いるのは、誤りだと僕は思う。

↑このページのトップヘ