風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

2016年11月

40号
 県内にお住まいの詩人、N・としこさんが、同人詩誌「角」の第40号、第41号を送ってくださった。
 第40号を紹介する。2016年6月・刊。
 何版というのか、B5判よりやや大きく、42ページを数える。
 13名13編の詩では、まずS・章人さんの「もういいかい」が優れている。隠れんぼの遊びは、よく詩の素材となるが、末行の《 モウ イイヨ 》までは、描かれなかった。鬼が独り取り残される、という主題はあったけれども。
 N・としこさんの「トウ ルルルー」では、赴任していた息子夫婦が戻ってきた喜びを、楽しげな文体で描く。
 40号記念エッセイ(3段1ページ)を、6名が寄せている。
 編集役のK・久璋さんは詩とともに、散文「小説に向かって―創作管見」、「詩研究『自画像』からの出立―岡崎純の初期詩編」をアップしている。
 Y・勝さんの映画論は、熱が上がり過ぎたようだ。

 昨日(11月13日、日曜日)の午後1時半より、僕と女性2人のメンバー3人で、短歌研究会B第9回を、某喫茶店の1隅で持った。
 同・第8回の
記事(←リンクしてあり)は、先の10月7日付けでアップした。
 研究会Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」の読み込みである。
 今回は主に第二次大戦に従軍中の作品を集めた「山西省」より、昭和17年(1942年)の作品、5ページを読んだ。
 「…静かなる夜半なり雪に砲声きこゆ」は、「静か」と「砲声」の逆説が、従軍の極度の緊張を表わしている。
 「滹沱河(こだがわ)の水の響の空を打ち秋は来にけり大き石の影」は、純粋に叙景歌として成立すると、3人の感想が一致した。
 「馬家圪垜(ばかきつだ)」は、地名であろうと推測した。
 「鞍部」は、「山の稜線のくぼんだ所」とわかる。僕とMさんの電子辞書に、同じ広辞苑第6版電子辞書版が入っているので、すぐ一致した解が出る。
 照る麦の穂を見て笑いがこみあげるのは、平和と戦争のギャップから来るようだ。
 「もの悲しく小鼓と鉦を打つきこゆ」の上の句は、葬儀の様らしいと推測した。
 昭和17年分の最終の「耳を切りしヴァン・ゴッホを思ひ孤独を思ひ戦争と個人をおもひて眠らず」は字余りの1首として有名で、思いは確かには判らないが、戦争の非人間性を怒る歌だろう。
 他にも様々に語り合った。
 2時40分頃に研究会が済んだが、次回の研究会Aの日程を決め、支払いで僕がTさんに面倒を掛け、3時頃に散会した。
菊6
フリー素材サイト「Pixabay」より、菊の1枚。




CIMG9199
 楽天ブックスより、ジョージ・G・スピーロ著「ケプラー予想」が、1昨日(1月11日、金曜日)に届いた。
 今月3日の記事(←リンクしてあり)、「文庫本2冊」で欲しくて買わなかった本より、楽天のわずかなポイント(期限付きを含む)も使って、1冊を買った。
 新潮文庫、2014年・刊。
 僕は数学の証明の物語が好きだ。古代以来、進歩しているか判らないとされる哲学と違って、ここには明らかな進歩がある。ポアンカレ予想、フェルマーの最終定理、4色問題、の証明の物語を読んだ。
 しかし今月3日に買えなかったのは、同じ学問解説書の、L&Rアドキンズ「ロゼッタストーン解読」(新潮文庫、2008年・刊)を所蔵しながら、読んでいなかったから、また本棚の肥やしになる事を恐れたのだ。
 今回のポイントの事を契機としてこの本を買い、「ロゼッタストーン解読」の方から読んでゆきたい。


CIMG9147
 総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年11月号を、作品中心に読みおえる。
 散文(評論等)では、読まなかったものもある。
 本誌が届いた報せは、10月18日の記事(←リンクしてあり)、「届いた4冊」にアップした。
 巻頭の小島ゆかり(敬称略)「赤子」20首では、初孫が生まれてからの大騒ぎと、それに続く感慨が親しい。
 石橋妙子「叙情ともなふ」7首では、最後の歌の「老いの暮し日日新たなり慎ましくひそかに明日のサプライズ待つ」が、老いながらネットに関わる身に、共感を呼んだ。
 天野匠の「ビール一缶」12首には、優れた諧謔がある。
 栗木京子の高野公彦へのインタビュー「ぼくの細道うたの道」第6回では、宮柊二・逝去の当時の様、他が語られる。
 読者歌壇の、田宮朋子の添削が優しく秀でている。
 「歌壇ニュース・クリップ」他のニュース記事が有用である。

CIMG9185
 同人詩誌「青魚(せいぎょ)」No.85(2016年10月30日・刊)を、ほぼ読みおえる。
 同号が届いた事は、11月2日の
記事(←リンクしてあり)にアップした。
 また同・記事のリンクより、僕のソネット8編のうち7編を、1日1編ずつ連載した。
 T・幸男さんの「ドヂの独白・うつつの鳥瞰」の前半は、「詩集ふくい2016」に既に寄せている。
 入院生活を皮肉に比喩で描きながら、世への怒りを訴える。また後半も含め、哲学原語を用いながら、原発など俗世への反発を強めている。
 M・幸雄さんの「詩人懇話会会報九十二号に触発されての随想」では、会報の自分の記事の誤植、Kさんへの3つの批判、蔵書の各種辞典、などを述べた(2段5ページ)。
 また評論としてK・久璋さんが「杉本直『馬』連作とネオリアリズムの潮流」(2段6ページ)、A・雨子さんが「詩の小ささ」(2段2ページ半)を寄せている。
 同誌の方針として「来る者拒まず、去る者追わず」らしいので、多彩なメンバーが詩と散文を寄稿した。

↑このページのトップヘ