風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

2016年12月

 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、「『スクラップブック』から」の3回め、最終の紹介をする。
 同(2)は、今月6日の
記事(←リンクしてあり)にアップしたので、参照されたい。
 今回、僕が読んだのは、1969年「旅」に寄せた「舟遊び」から、発表年・紙誌・不明の「ふるさと二つ」に至る、30編である。
 「会話」の始まりは、「話の歯車が かっちり噛み合って進み/何時間も倦まぬことがある/さっぱり噛み合わず/いら いら いらのこともあり/二人の歯車が がたぴし食い違うのに/へんだなァ 愉快! 愉快! のときもあり/批判のやいばで刺しちがえても/悔いなしという場合もある」と続く。僕も言い合いになった場合、お互いアップしたステージに立てるなら最高だし、刺し違えても回復する手立てはある。どうしようもないのは、嘘をついたり噂を拡げる場合である。
 「祭りは」は、祖母の男言葉での呟きで始まり、「祖母が逝って 時すぎて/かの呟き いつしか私も口にする/うきうきしたことの はや過ぎたあと/そっくりの口調で <祭りは終ったぜ>」と締める。初出が1971年7月であり、どうしても退潮から内ゲバなどに移って行った、学生政治運動への暗指を思ってしまう。
 「別れ ―友竹辰さんに―」での終連は「逝ったひとびとはなぜか私のなかでとたんに若返る/病の影さえさっと拭いさられ/二〇代三〇代の若さに戻り 精気に満ちて/皮肉な顔でふりむく/<なにやてっての?>」と、病い、老いで亡くなる友人の面影を描く。
 これで彼女の創作した詩は終わる。稀に古い口調が出て来たり、彼女の中に古いものが残っていたのでは、と思われる他は、彼女は戦後に詩を始めて生き切った。
 このあと、彼女の翻訳した「韓国現代詩選」が続く。何回かに分けて、ここで紹介したい。
暖炉2
フリー素材サイト「Pixabay」より、暖炉の1枚。



CIMG0078
 今日は本を離れて、家事の話をする。
 歳末の息子夫婦の帰省に備えて、家の大掃除を少しずつ進めている。
 今日は妻に頼まれ、不燃粗大ゴミを処分場へ運んだ。
 写真の手前下から、サンドバッグ(中はウレタン、一人息子が高校生時代に使った)、ミニ4駆のコース(これも息子が幼いころに流行した)、木の薬箱(可燃物)、奥の左からステンレスの台、藤の回転椅子(妻が使っていた)、キーボード(新しいものを、ポイントで入手したので。粗大ゴミに入らないか?)である。

CIMG0079
 車に積んだところ。
 このあとドアを閉めて、公営の処分場へ運んだ。
 粗大ゴミ(可燃、不燃)、大量の書類など、業者に依頼しなくても、マイカーで搬入できる公営処分場のある地域もあるので、問い合わせると良いだろう。
 また処分場によっては、年末のサービスで、可燃・不燃・一般・粗大、すべて受け取ってくれる場合もあるので、マイカーのある方は自治体へ問い合わせてみると良いだろう。



CIMG9228
 「生方たつゑ全歌集」より、第1歌集「山花集」を読みおえる。
 全歌集は、角川書店、1987年・再版。前のブログ「サスケの本棚」の管理画面・検索によると、2009年5月2日、三月書房のホームページより、再販本を購入している。7年半、待たせたわけである。
 写真は、2重箱のうち、外箱(輸送用箱?)である。内箱を写すべきかも知れないが、黒地に題箋が貼られているので撮りにくく、外箱を写した。
 縦長の普通の本に思えるが、本体は横長である。1ページに最多21首が載るが、ほぼ同型の短歌新聞社「若山牧水全歌集」(1ページ20首)に比べて、横長の分だけ読みやすい。社長時代の角川春樹の才覚だろう。
 生方たつゑ(うぶかた・たつゑ、1904年~2000年)が、旧家に生まれ旧家に嫁ぎ、歌を詠み始めた事に、異論はない。
 初期の歌は、「アララギ」風の写実に徹するものだったとされる(三省堂「現代短歌大事典」に拠る)。
 「山花集」(1935年、むらさき出版・刊)より、以下に7首を引く。
梅雨のあめ音もひそけく降る夜かも家びと寄りて茶に親しめる
(いにしへ)の貴人(あてびと)さげし勾玉のたまを並べて心足らへり
薄皮をぬぎてすがしく芽立ちたるサフランの鉢を日向にはこぶ
さむしろに拡げて干せる大麦にこぼれまじれる南天の花
引窓に残る明りを追ひつつも今一息と縫(ぬひ)次ぎてをり
きりぎりすは籠によわれり気にやみて盆十六日の今宵放てる
枯くさはひかりくもりてざわめけり鮒を養ふ池はよどみて
 (1部、原文のルビを省いた)。




CIMG9226
 昨日の記事で受贈を報せた2冊の内、エリザベス・グレイス・著、稲木信夫・訳「日本女性プロレタリア詩人中野鈴子」を読みおえる。
 2016年3月・刊。私家版。軽装版、57ページ。
 イギリス在住のオックスフォード大学院生(当時)、エリザベス・グレイスさんの修士論文(2009年)を、詩人であり中野鈴子・研究家の稲木信夫さんが邦訳した本である。訳文が生硬で、やや読みにくい。
 中野鈴子は中野重治の妹であり、戦前から戦後にかけて、プロレタリア詩人として活躍した。
 しかし蔵原惟人、アルチュセールら旧・左翼の理論家に批判的に取り上げようとしても、既に古過ぎる。
 茨木のり子・詩集「倚りかからず」(1999年・刊)の中の「倚りかからず」冒頭で「もはや/できあいの思想には寄りかかりたくない」と謳われた通りである。
 僕の読書のストライク・ゾーンは広い(これに就いては1度書きたい)が、僕の経歴から高く評価するだろうとこの本を下さったのなら、危険球のボールである。
 中産階級出身らしい、母性からの(中野鈴子は一人の子供も持たなかったが)、戦時下抵抗という視線は新しいけれども。


 

CIMG9226
 遅くなったが、先の11月21日の記事(←リンクしてあり)にアップした、「2016ふくい詩祭」のおり、「水脈の会」代表の稲木信夫さんより、彼が邦訳したエリザベス・グレイス・著「日本女性プロレタリア詩人中野鈴子」を頂いた。
 エリザベス・グレイスはイギリスの文学研究者である。稲木さんは、中野鈴子・研究をライフ・ワークとすると公言しており、すでに研究書3冊を上梓している。
CIMG9223
 先日、坂井市にお住まいの作家・評論家の張籠二三枝さんが、評論「三好達治 詩のエピソード」を送って下さった。紫陽社・刊。
 彼女は3冊の小説集を上梓すると共に、「三好達治の詩を読む会」代表として、すでに「三好達治 詩(うた)語り」を2014年に上梓している。
 僕のような者に本を贈られるのはありがたく、共に読みおえて、ここに紹介したい。


↑このページのトップヘ