CIMG9221
 1昨日の記事(←リンクしてあり。後日の読者のため)で書いた(1)に続き、田恵剛・小説集「孤独なバラ」の2回めの紹介をする。
 今回に僕が読んだのは、「螺旋」と「青い呼び掛け」の2編である。
 「螺旋」は1986年・発表、翻訳は鄭建さんが検討、「青い呼び掛け」は1985年・発表、前川幸雄さんが検討、双方が翻訳文を確認した。
 「螺旋」は、美しい女性建築士が交通事故に遭い、顔と足の怪我、片目失明の状態になり、恋人の男性が、将来と良心の間で苦しんだが(女性とその家族も別離を願う)、現実の障害を持つ娘さんと男性の恋人(もうすぐ結婚する)と出会い、一生を女性建築士と進もうと決心が着く所で終わる。やや長い、男性の心理変化を追う、小説である。
 「青い呼び掛け」は、女性一人、男性二人の、画家の物語である。パリへ留学して帰国しない男性画家と、その帰りを「十年でも待つ」という女性画家、彼女に惹かれるが事情を知って、パリ留学のうちにその男性を帰国させようと約束する、男性画家のストーリーである。「生活を把るか、芸術を把るか」の問題が、世俗的にも観念的にも描かれる。
 この本で残るのは、「生存の権利」と掌編「ハイヒールの靴をはいた若者」のみである。