風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケが、2017年10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

2017年01月

 角川書店「増補 現代俳句大系」第11巻(1982年・刊)より、6番めの句集、相馬遷子「山国」を読みおえる。
 先行する
柴田白葉女「遠い橋」は、先の1月17日の記事にアップした。
 原著は、1956年、近藤書店・刊。水原秋桜子・序、413句、石田波郷・跋、後記を収める。
 第1句集「草枕」より112句を採って「草枕抄」とし、その後の戦後の句を「山国」と章立てする。
 何回も述べるが、戦前の句と戦後の句を、並べて載せる心境がわからない。彼らの心情は、敗戦に激変しなかったのか。
 東大医学部の俳句会「卯月会」で水原秋桜子の指導を受け、軍医見習士官として出征し、戦後は故郷・長野県に開業医となった。
 秋桜子(本・大系の監修者の1人)の俳誌「馬酔木」(石田波郷も1948年に復帰)の、「高原俳句」グループとして、相馬遷子(そうま・せんし、1908年~1976年)は活躍した。優れた師兄、仲間を持つと、活動が大きくなるようだ。
 すべて「山国」の章より、5句を引く。
山峡に字一つづゝ秋晴るゝ
風邪の身を夜の往診に引きおこす
霧荒れてたゞ囀りを春となす
牛去りし泉に赤し九輪草
夕凍みに青ざめならぶ雪の嶺
白鳥2
「Pixabay」より、白鳥の1枚。





CIMG9248
 1月18日(水曜日)に、結社歌誌「コスモス」2017年2月号が届いた。
 先の同・1月号は、1月2日の記事、
同「COSMOS集」のあと、「その一集」通常欄に戻り、外国、北海道より南下して香川県に至った。同誌・12月号よりましだが、「その一集」を読みきれなかった。
 2月号は特集がなく、O先生賞発表のあった1月号より16ページ少ない、194ページである。
 僕の歌は、10首出詠の内、3首選だった。もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、
1月19日付の記事にアップしたので、横書きながら、ご関心あればお読みださい。



 この1月17日(火曜日)の午前9時半より、ある喫茶店の一角で、メンバー3人の短歌研究会A第31回を持った。
 1月13日に、同・B(岩波文庫「宮柊二歌集」の読み込み)を持つ予定だったが、メンバーの都合が悪くなり、17日に詠草提出日も近いという事で、同・A(各自の詠草の検討)第31回を持った。
 
同・A第30回は、昨年12月16日の記事にアップした。
 Mさんの12首では、動詞の終止形か連体形かをはっきりさせる事、強い漢語を重ねない事、漢字の間違い、状況をよく表わして重複の語を削る事、などが指摘された。生活の中からユニークな歌を詠む人なので、歌が正されると見直してしまう。
 Tさんの10首では、過去形を現在形に直す事、感情の由る状況を1首に入れる事、読みの誤りやすい漢字は他の字に替える事、などが指摘された。彼女は短歌歴が僕よりずっと長い。
 僕の10首では、語感を採るか文法の厳密性を採るか、語を入れ替えて正確にする事、過去形を現在形に直して臨場感を出す事、などが指摘された。
 そのあと今期1ヶ月に僕が詠んだ60首程のプリントを二人に見せたが、すでに時刻が11時なのでプリントを持ち帰ってもらう事にして、月内の研究会Bの日の予定を決め、散会した。
白鳥1
「Pixabay」より、白鳥の1枚。



 

CIMG9239
 砂子屋書房・現代短歌文庫127「続 森岡貞香歌集」収載の3歌集全編より、2番めの第7番歌集「夏至」を読みおえる。
 先行する
「黛樹」(たいじゅ)は、今月10日の記事にアップした。
 「夏至」は、2000年、砂子屋書房・刊。翌2001年、同・歌集によって斎藤茂吉短歌文学賞・受賞。
 あとがきによると、1985年~1993年の作品を、やや後に刊行している。森岡貞香(1916年~2009年)の、ほぼ69歳~76歳の作品であり、題名は女流歌人の盛りを表わすのだろうか。
 280万部のベストセラーとなった俵万智「サラダ記念日」の発行が、1987年である。
 そのせいかどうか、僕が選びたくなる短歌は、歌集の初め部分に多かった。
 戦地より帰還して半年くらいで亡くなった夫とその後の回想の歌、忌日、墓参の率直な歌がある。



続きを読む

 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)より、第11巻(1982年・刊)の5番めの句集、柴田白葉女「遠い橋」を読みおえる。
 先行する
目迫秩父「雪無限」は、今月5日の記事にアップした。
 原著は、1956年、近藤書店・刊。
 飯田蛇笏・序、410句、西島麦南・跋、「あとがき」を収める。
 第2句集であり、第1句集「冬椿」(1932年~1947年の作品)より、100句を採っている。なぜ戦前の句を採るのか、わからない。
 柴田白葉女(しばた・はくようじょ、1906年~1984年)は、父・白嶺の期待を受け、共に飯田蛇笏「雲母」で活動した。1954年、「女性俳句」創刊に参加、1962年「俳句女園」創刊・主宰。
 父から娘に文学が継がれることは、幸田文、萩原葉子、井上荒野(共に小説家)などの、例がある事だ。
 妻、母の思いを、自然に表した句がある。
 すべて「冬椿以後」より、5句を引く。
冬ばらのしたたる紅に心飢う
風の中ゆくセルの手に新刊書
春の日のさしてすぐ消ゆ鏡うら
よそながら歓楽の灯にふれて秋
打水や妻子待つ灯へみないそぐ
焚き火3
「写真AC」より、焚き火の1枚。




↑このページのトップヘ