風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

2017年02月

CIMG9239
 砂子屋書房・現代短歌文庫127「続 森岡貞香歌集」より、3歌集全編を読みおえ、末尾の「歌論・エッセイ」13編を読みおえた。
 先行する3番めの
歌集「敷妙」は、先の1月30日の記事にアップした。なおこの本では、1首1行となっており、正編の1首2行・1ページ2段とは異なっている。
  「覚書・文化としての短歌と歌人」は、4章に渉る覚書である。「Ⅰ」「Ⅱ」では、「女人短歌会」発足の頃の仲間、葛原妙子や五島美代子をめぐる回想と記録である。
 「Ⅲ」では、「ユリイカ」誌上での企画、詩人・大岡信との往復書簡を語っている。
 「Ⅳ」では、季刊同人歌誌「灰皿」(1957年~1959年まで、6号)や、「律」(1960年~1963年、3号、「ジュナル律」「律’68」に引き継がれる)の、戦後短歌の活動が語られる。
 「葛原妙子 ―覚書ノート」では葛原妙子を巡って、「挽歌のこころ」では主に五島美代子を巡って、それぞれ歌に即して語られる。
 「五十回忌近く」は、戦後帰還して約半年で亡くなった夫へ、50回忌近くに語りかける文章である。「なんという長い年月が過ぎたことか。わたしはそんなに長く生きてきたと思われません。」と結んでいる。


CIMG9284
 講談社「日本の天然記念物」(全6巻)より、「5 植物Ⅲ」(1984年2刷)を見おえる。
 先行する
同「4 植物Ⅱ」は、先の1月28日の記事にアップした。
 この「植物Ⅲ」のテーマは、巨樹・名木である。
 落葉広葉樹では、桜の樹が多い。森岡石割ザクラ(岩手県)、三春滝(みはるたき)サクラ(福島県)の枝垂れ桜、金剛サクラ(栃木県)、臥竜のサクラ(岐阜県)などが見事である。
 他では、月潟(つきがた)の類産(るいき)ナシ(新潟県)、二見(ふたみ)の大ムクが、生活場に近い巨樹であり、高瀬の大木<ケヤキ>(福島県)が樹齢約500年とされ、八木沢のオハツキイチョウ(山梨県)は黄葉が美しい。
 常緑広葉樹では、称名寺のシイノキ(宮城県)、大宰府神社のクス(福岡県)の、根上がりが怪異である。
 常緑針葉樹では、鳴門の根上がりマツ(徳島県)の根上がりが高く、杉の大スギ(高知県)は推定樹齢1000年とされる。
 つる性樹木では藤が多く、熊野(ゆや)の長フジ(静岡県)は花房2メートルに達する。
 残るは同「6 地質・鉱物」である。



歌壇
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)の、2017年2月号を、短歌中心にほぼ読みおえる。
 同誌の到着は、先の1月16日の記事にアップした。
 第28回歌壇賞は、大平千賀(以下、文中・敬称略)「利き手に触れる」、佐佐木頼綱「風に膨らむ地図」、2編に決まった。
 歌の前線は、このようなものかと思った。新しい人の感情は、新しい言葉で詠まれれば良い。
 候補作品は、初めの2編は読んだけれども、あとは痛々しくて読めなかった。選考座談会の記録も、僕の歌作の参考にはならないようで、殆んど読まなかった。
 連載「短歌の周囲(うたのぐるり)」11回「な・り・た・い」で、藤島秀憲が大西淳子・歌集「さみしい檸檬」他を取り上げて、実感する所を述べている。
 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」第9回は、歌集「甘露」「天平の水煙」と共に、様々な旅・他を語っている。


CIMG9275
 高野公彦氏の最新歌集「無縫の海」を読みおえる。
 本の到着は、2月2日の記事、
「届いた2冊」にアップした。
 高野氏は、僕の所属する歌誌「コスモス」の編集長であり、以前に所属した季刊同人歌誌「棧橋」の編集長でもあって、お世話になり、また歌集を読むのはお会いした事のある歌人との対話であり、歌壇のトップを占める歌人の一人としてではなく、呼び捨てにせず、「氏」の字を付けて表わす。
 また先述の記事で、複雑な事情があると書いたのは、以下の通りである。2016年5月にこの歌集が発行され、しばらくしてAmazonで求めようとした所、売り切れとなっており、古書はプレミアムが付いていた。氏の所へお願いするのも憚られ、困っていた。
 先日、発行元のふらんす堂にあるかと思い、ホームページで調べると、在庫があったので、諸登録をして注文した。念のためAmazonで調べると、定価で出ていた。ふらんす堂の注文確認メールの返信に、丁寧に詫びて、注文をキャンセルした所、おおように応じてくれた。Amazonに注文して、翌日に届いた。
 2015年の元旦から大晦日まで、ふらんす堂のホームページに、毎日1首ずつ、前書(歌に関わりある事も、ない事も)を付して、発表された。本は歌集としては小型で、1ページ1日分、前書と1首を収める。
 「火の棒が胃に降りてゆく余市産シングルモルト「竹鶴」飲めば」等のお酒の歌、「わが裡に竜骨ありて寝返りをすれば軋めりをみな恋ひしく」等のエロスの歌を含め、芳純な世界がある。
 例に従い、以下に7首を引く。


続きを読む

 角川書店「生方たつゑ全歌集」(1979年初版、1987年再版)より、第5歌集「雪の音譜」を読みおえる。
 第4歌集
「浅紅」は、先の1月23日の記事にアップした。
 「雪の音譜」は、1953年、第二書房・刊。1950年~1952年春までの、作品を収める。
 題の命名は、「国民文学」の松村英一。
 夫の渡米、夫の公務員としての東京の公邸と群馬県の自宅との往復生活、歌に詠まれた娘の一時的離反など、苦悩の多い時期だった。
 ただしここまででは、政治的前衛ではなく、芸術的前衛という程もなく、冷静に身を処して詠い続けている。

 以下に7首を引く。



続きを読む

↑このページのトップヘ