風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

2017年04月

永田和宏 新版 作歌のヒント
 Amazonよりダウンロードした、永田和宏「新版 作歌のヒント」kindle版を読み了える。
 ダウンロード購入については、2016年10月18日の記事
「届いた4冊」の内、終いにアップしてある。
 その時に書いてあるが、同書の紙本版を読んだ事がある。
 47章において、作歌のヒントを説いている。
 読み了えて、あまり頭に残らない。電子本のせいだけでは、ない気がする。
 僕は理論(数学や物理学を除いて)をあまり信用しないし、短歌論もあまり読んでいない。作品を多く読む事で、作歌を学んで来た気がする。
 ただし本書を重ねて読んでおり、目次を読んだだけで項目の、おおよそが浮かぶくらいなので、また目次の項目よりページへ飛んで、学んでゆきたい。


CIMG9330
 福井県俳句作家協会の事務局より送って頂いた、年刊句集「福井県 第55集」を読み始める。
 同書の入手は、今月4日の記事
「届いた2冊」にアップした。本書の写真のアップは、今回きりとする。
 今回に僕が読んだのは、顧問・会長を初めとする役員35名と、名誉会員・参与20名の各10句、計550句である。
 これから30ページずつくらいに分けて、ここで紹介したい。
 さすが新しさを求め、情に分け入り、ときにユーモアを醸す。
 以下に3句を引く。
 I・秀雄さんの「終戦忌」10句より。
前をゆく櫓の音を追ふ舟遊
 M・和枝さんの「城淑気」10句より。
直線の十里街道夏つばめ
 K・逸子さんの「俳句の種」10句より。
大根蒔く俳句の種も蒔いておく



CIMG9328
 岩波文庫「ロンサール詩集」を読み了える。
 購入は、先の3月27日の記事
「入手した3冊(2)」に挙げた。
 井上究一郎・訳。1989年10刷。
 45編の詩(例外を除いて、短詩)と、訳注、小伝、等を収める。
 日本の詩人にも例のあるオード(頌詩)、ソネット(14行詩)を多く含む。
 イタリアのソネットを、フランス詩に移入した功績は、大きいとされる。
 恋人へ捧げられたソネット等は、雅び過ぎて、回想の詩と思われる。
 翻訳者の労を多とする者である。


CIMG9345
 4月15日(土曜日)に、結社歌誌「コスモス」2017年5月号が届いた。
 今号には、「桐の花賞」「評論・随筆賞」の発表がある。
 僕の歌は(10首出詠の内)、4首選だった。もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、
4月18日付け記事にアップしたので、横書きながらご覧ください。
 少しずつ読み進んで、ここに紹介したい。
CIMG9347
 4月16日(日曜日)に楽天より、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年5月号が届いた。
 いつものAmazonでないのは、楽天のポイントが少し、溜まったからである。
 特集は「わからない歌の対処法」。
 読み了えたなら、ここで紹介したい。


満天星
 庭の花、4種を紹介する。
 上の写真は、満天星(ドウダン)の白花。大株になっている。

藪椿
 藪椿(ヤブツバキ)の花。
 元の木に咲かず、挿し木して殖やした株に咲いた。

八重桜
 八重桜。ピントが合っていない。
黄桜
 黄桜。御衣黄か鬱金桜か、わからなくなった。


 昨日(4月18日、火曜日)の午前9時半に、メンバー3人がある喫茶店に集まって、短歌研究会A第34回が持たれた。
 
同・第33回は、先の3月17日の記事にアップした。
 研究会Aは、各自の詠草の検討である。
 ここで述べておかねばならないが、僕は「コスモス短歌会」退会を決めており、そのせいか少し熱の入らない研究会となった。
 Mさんの詠草10首では、かな遣いの間違いが指摘され、しづかに→音なく、思ひ見よとぞ→われを見よとぞ、等が奨められた。
 Tさんの11首では、「敷く」が普通では他動詞だが、自動詞の場合もあるので、用法は妥当となった。「開きを作り」を僕がわからなかったので、彼女自身が「魚を捌き」に直した。「大銀杏は堂々と」は「公孫樹は堂々と」くらいが適切だろう、という話になった。
 僕の10首では、「パソコンの…肩は」の、パソコンの肩が、わからないと言われた。「腰砕け連想は悪い方へ」→「腰砕け 想いは悪い方へ」に直す事になった。「われには聞こゆ」が古いので、「われに聞こえる」に直す事になった。
 そのあと、僕の詠草50首余りを二人に見てもらった。また歌誌等の貸し借りがあった。
 僕はタブレットを持って行ったので、AmazonPhotoの写真を見てもらい、Kindle本を紹介した。
 僕の腰が悪いこともあり、次回の日を決め、いつもより早い10時40分頃に散会した。
06
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第11巻(1982年・刊)より、12番目の句集、星野立子「実生」を読み了える。
 先行する
岸田稚魚「負け犬」は、今月8日の記事にアップした。
 原著は、1957年、玉藻社・刊。虚子の序、548句、虚子の跋、自跋を収める。
 星野立子(ほしの・たつこ、1903年~1984年)は、虚子の次女であり、父から期待されたようだ。
 素直、平明、軽やかな句風とされる。父の保護も厚かったが、父の面子を汚してはならない、という思いも強かっただろう。
 さりげない句材を選んだのは、生い立ちと共に、それが1因かも知れない。
 以下に5句を引く。
静かなる日向ぼこりをさまたげじ
わが庭の紅梅よしとききて病む
藤椅子に女こしかけ踵たて
朝寝して吾には吾のはかりごと
時雨るるや話し残せしこと文に

0-50
写真ACより、ケーキ・イラストの1枚。




↑このページのトップヘ