風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

2017年04月

 結社歌誌「コスモス」2017年4月号で、今月3日の記事「COSMOS集」読了、のあと「その一集」通常欄に戻って、先日に読み了えた。
 先日来、腰痛に悩んでおり、パソコンの用や庭仕事を減らしていて、それで読書時間が増えたのかも知れない。(僕は寝転がって本を読んでいます)。
 「コスモス」に入会して、「その一集」会員になれば一人前かと思っていたが、在籍が長いと、上の「月集シリウス」を目指したくなる。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。M・富美子さんの3首より。
遊戯せず、放蕩をすることもなしこの拙さは父母ゆづり
 僕は若い頃は酒を飲み、58歳までヘビースモーカーだったが、今はぴたりと止めている。賭博や不倫は、性にあわない。温室を建てて洋蘭を栽培してその後に止め、3冊の詩集を出版したが、今は控えている。
 これらも、思えば父母譲りだろう。父は酒、煙草が駄目で、株でさえ気を取られると嫌っていた。父は農業や、地域の役職で活躍し、僕はそれに及ばないけれども。
チューリップ8
Pixabayより、チューリップの1枚。


春の台
 わが家の椿、2種を紹介する。
 かつてホームページを立ち上げ、今はツイッターでも活躍する奥村晃作氏(「コスモス」の先輩歌人)に直接訊ねた所、毎年同じ花をブログにアップして良い、と仰ってくださった。
 上の写真は、庭の「春の台(はるのうてな)」である。白~淡桃地に紅の絞りが入る。

草子洗い
 上の写真は、鉢植えの「草紙洗(そうしあらい)」。
 淡桃地に、濃い紅の大小絞りが入る。古典的名花である。





 青土社「吉野弘全詩集」(2015年2刷)より、詩集「北象」「自然渋滞」を読み了える。
 先行する詩集
「陽を浴びて」は、今月9日の記事にアッした。
 「北象」は、銅版画と対で10編を収め、1985年、「アトリエ・楡」刊、限定50部。内7編を既刊詩集より再録し、1編を「自然渋滞」に再録したので、この全詩集・版では2編のみとなっている。自然の擬人化がなされる。
 「自然渋滞」は、1989年、花神社・刊。3章に分けて、37編を収める。
 第Ⅰ章の「少し前まで」、「風流譚」、「竹」、「鴨」等は、自然を擬人化して、また自分と比べて、機智を効かせている。「紹介」は、自身のお孫さんの紹介らしく、「お通じ、あります/よく眠ります/夜泣き、しません/寝起き、ご機嫌です」と爺ばかぶりを発揮している。
 「雨飾山(あまかざりやま)」以降の4編は、以前からの叙景詩の続きだろう。芭蕉の言葉とされる「名人は危うきに遊ぶ」の域に達していると、僕は思う。
 第Ⅱ章は、僕の嫌いな「漢字喜遊曲」系統の詩が並ぶ。
 第Ⅲ章の「冷蔵庫に」、「Candle's Scandal」は、叙景詩で得た手法で、家具を擬人化した。最後の「最も鈍い者が」は、「言葉の息遣いに最も鈍い者が/詩歌の道を朗らかに怖さ知らずで歩んできた/と思う日//…」と始まり、「言葉の道に行き昏れた者」の嘆きを綴る。
 「あとがき」に拠ると、第10詩集とされる。
チューリップ7
Pixabayより、チューリップの1枚。




CIMG9341
 村上春樹の短編小説2編を収めた、新潮社「パン屋を襲う」を読み了える。
 本の到着は、今月11日の記事、
「届いた3冊」で報せた。
 直近で読んだ村上春樹の小説は、先の3月5日の記事にアップした
「騎士団長殺し 第2部」である。
 「パン屋を襲う」(2013年・刊)には、1989年「早稲田文学」に発表した「パン屋襲撃」を改稿した「パン屋を襲う」と、1985年「マリ・クレール」に発表した「パン屋再襲撃」を改稿した「再びパン屋を襲う」の2編を、カット・メンシックのイラストを添えて収める。
 「パン屋再襲撃」は文庫本が手許にあるかと思ったが、捜すと無かった。
 「パン屋を襲う」では、腹を空かせた「我々」が包丁を持って、パン屋に出掛けるが、パン屋の主人が好きなワグナーを聴くならパンは好きなだけ食べさせる、と提案して「僕」と「相棒」は従う。
 「再びパン屋を襲う」では、結婚してしばらくの「僕」が妻に、「パン屋を襲う」の話を語り、ひどい空腹はパン屋の呪いだから再びパン屋を襲うべきだと妻が主張し、二人は散弾銃を持ってマクドナルドを襲う。
 ここで語られているのは、ヘルベルト・マルクーゼが1965年の論文で書いた、「抑圧的寛容」(1960年代末には流行語となったと記憶する。僕はその本を読んでいない)に屈してはいけない、という生活者の感覚だろう。
 支配者たちの自らのための寛容に、屈してはいけない、あくまで反するべきだ、というような。
 読んでいたと思っていた、「再びパン屋を襲う」の方が、新鮮だった。


CIMG9338
 4月11日の記事「届いた3冊」で報せた内、詩誌「水脈(すいみゃく)」59号を読み了える。
 N・としこさんの「急がなくとも」よりピックアップすると、「そんなに急がなくとも/…//まだ 間に合う/たっぷりと時間がある」と続く。僕は残り月日が少ないかのように、気が急いているので、不思議な心境であある。
 S・周一さんの4編は、行末を揃える「夢を聴く」「泰澄大師の伝言」2編など、自在に描いている。
 N・千代子さんの「なくてはならぬもの」中の「闘うべき敵は/外にも内にもいるわけだ」の2行が、心に刺さる。
 A・比佐恵さんの「幸福度ランキング」は、幸福度ランキング1位の福井県で、息子夫婦が働き、孫たちも働き出したのに、「五十代で亡くした連れ合いの/行方不明の会話を探しに」町の温泉へ出掛ける、淋しいおばあちゃんを描く。
 フィクションの(しょせん作り物の)つまらなさを感じるこの頃、俳歌や生活詩の私性がたのもしい。
 次号は、60号記念号という事で、期待して待たれる。


 

CIMG9342
 稀にはバイオレンス物も良いだろう、と石田衣良(いしだ・いら)の小説集「少年計数機」を読む。
 文春文庫、2004年・13刷。
 僕はこれまで、5冊の石田衣良の文庫本を読んでおり、直近では旧ブログ「サスケの本棚」2016年8月7日の記事、
「池袋ウエストゲートパーク」がある。
 「少年計数機」は、「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ(10冊以上)の、2冊目である。
 「妖精の庭」、「少年計数機」、「銀十字」、「水のなかの目」の4作を収めるが、「水のなかの目」は終いを先に読んで、読む事を止めにした。
 「妖精の庭」は、ネット覗きシステムより、モデル「アスミ」のストーカーとなった32歳の男を、やっつける話である。
 「少年計数機」は、すべてを両手の計数機で数えずにいられない、10歳足らずの少年が、父の違う兄に誘拐される話である。二人の母親に頼まれた主人公マコトが、仲間と共に少年を救い出し、兄とその仲間を逃亡させる。
 「銀十字」では、70歳過ぎの男二人(ホーム住まい)が大活躍して、引ったくり二人組を捕まえ、更に更生させる。読者ターゲットに、老人を入れる狙いか。
 「水のなかの目」は、これまでと違って、主人公マコトが殺人を犯すようで、ストーリーも合わず、2、3ページで止しにした。

 解説の北上次郎が書いているが、脇役たちも鮮やかに描かれている。



桜トンネル
 あちこちで予告した通り、4月10日(月曜日)の午後、人出を避けて一人花見をした。
 上の写真は、足羽川堤防の道に、両側から桜が咲いた、花トンネル。
 マニアらしいカメラマンや、ポーズを取る女性がいた。

桜・遠景
 橋の上から、遠見の桜。女子高生の連れやカップルが、ベンチで休んでいた。
 当日は晴れ、翌日は雨で、僕は盛りの桜を見られて佳かった。

ズワイ蟹・こちら向き
 話は変わって、日曜日に妻がどこからか(怪しい所ではない)季節外れのズワイ蟹を1パイ(蟹は、1パイ、2ハイと数える)、買って来て、僕に食べるよう言った。
 これも月曜日の午後に食べた。旬のもの程ではないが、肉の剝き方にも慣れ、美味しかった。
 甲羅を剥いでのミソは、僕は酒飲みではないので、特別な美味しさではなかった。


↑このページのトップヘ