風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

2017年07月

IMG
 7月17日(第3月曜日、「海の日」祭日)の、午後2時より4時までの予定で、福井県立図書館・多目的ホールにて、現代詩作家・荒川洋治氏の講演が行われた。演題は「第8回鮎川信夫賞受賞記念講演 書く事は読むこと ―詩作50年の風景」。
 荒川洋治氏の関連として、6月19日の記事、「現代詩作家・荒川洋治氏・講演」に次ぐ。
 ここで写真について言っておく。ホール内は、撮影禁止だった。事前にもらっていたパンフの写真を挙げてみたが、不鮮明なので、プリンタ複合機を使って初めてのスキャンをしてみた。それも怪我の功名的にうまく行ったものを用いた。
 講演のホールは満員(予約制)で、約100名の聴衆だった。映写カメラを回しており、別室で視聴できるようだった。
 講演前に、福井県知事の西川氏より荒川氏に、受賞を祝う記念品が贈られた。皆の拍手の中で。西川氏は、講演の仕舞いまで、最前列の席で聴いていた。
 講演の初めに、副題の「詩作50年の風景」は宜しくなかった、詩人同士の対談などでは自分の詩作史を語りもするが、一般聴衆の前では語っていない、と述べた。自分の作品を、良くも悪くも言えないから、と。
 そこで荒川氏の読書の中で、名作と推す作品を、A3紙両面に挙げて配布し、語っていく形になった。
 大野晋「日本語の源流を求めて」(2007年、岩波新書)では、日本語の起源を、スリランカなどのタミル語にある、とする。「あはれ」「さび」などに当たる語が、発音も似て、同じ意味であるとする。数百語の対照表もあるらしい。
 丸山真男は復員してすぐ市民に向け、「なぜ戦争が起こったか」を語り始め、「超国家主義の論理と心理」(1946年・岩波文庫)を発行した。
 網野善彦「日本の歴史をよみなおす」(1991年・ちくま学芸文庫)では、この歴史書が総50万部売れ、日本の中世・近世の見方を変えた。
 小説では、NHK文芸劇場で、横光利一「紋章」、梅崎春生「幻化」を観た事が大きい、と述べた。

 また尾崎紅葉は、「金色夜叉」で挫折したした人は、口語体、である・調で書かれた「多情多恨」(1896(ママ)年・岩波文庫)を読むよう薦めた。
 歌句では、「名歌名句事典」に人名別作品欄がない。季節、人事、などに分けられ、初句索引はあっても。また収める作品は、編集者の好みが偏り、よく知られた名作が載っていない、と批判した。
 詩では石原吉郎「位置」をあげながら、彼の言葉が壊れている、論理が外れている、脈絡がない。しかしシベリア抑留から復員した石原吉郎は、自分の体の中から生まれる言葉で書き、自分の真実を打ち出して書いた。わからないものだらけの世界(私たちにとっても)を大事にするために、と述べた。
 ここで自作の詩「美代子、石を投げなさい」を朗読した。
 最後に、海外文学に就いて。スタインベック「ハツカネズミと人間」(1937年・新潮文庫)では、人の情を、生き死にに到るまで描いた、とストーリーを語って感銘を与えた。
 アーサー・ミラー「テレビン油蒸留所」(2004年・早川書房「存在感のある人」)では、初期の戯曲以来ヒットの無かったアーサー・ミラーが、晩年に落ち着いて、戯曲の方法も取り入れて描いた、名短編だと推した。
 定刻を過ぎ、4時20分頃に講演を収めた。
 論旨に洩れている所も多いと思われるが、ご容赦を願う。





CIMG9400
 今月9日の記事で入手を報せた、生方立つゑ・歌集「冬の虹」を読み了える。
 このブログでは、7月14日の記事
「ひとりの手紙」に続く、歌集紹介である。
 「ひとりの手紙」は1982年、新星書房・刊、「冬の虹」は1985年、同・書房・刊。
 「冬の虹」は、函(写真はその表)、本体にビニールカバー、1ページ1首、165ページと、贅沢な造りである。
 「ひとりの手紙」では落魄的と書いたが、入退院の疲れと弱りから回復したのか、この歌集では気力ある歌が多い。
 嫁いだ家は重要文化財となって移築されたが、元の家の近くに一人住まいしたらしく、著者住所は群馬県沼田市沼田上之町となっている。
 サポートは充分でないようで、「雪の夜のこのしづまりをおそれきて遂に脱出もならざりしなり」と「雪の庭のこのしづまりをおそれきてつひに脱出もあらざりしなり」の類歌が載っている。
 角川書店「生方立つゑ全歌集」のあと、この2歌集の外に、1、2あるようだが、ネットで当たってみないとわからない。
 以下に7首を引く。
あこがれを待つかたちにて門ひらくひとりといへど生き遂げるべく
わたくしに来る幸ひのあらむかとけさ新しき衿かけかふる
口数の減りゆくことも意識して老いの寂しき一日をゐたり
潮の襞ゆるやかに寄りて膨らむをものの化身として畏れをり
手のとどく幸ひなどはなけれどもま日照りくればささやく鳥ら
庭石にしづくしてゐる雨の音ききつつ今はねむらむとする
(こ)の中に拾ひためたる樫の実をたのしむごときひそけさにゐる



CIMG9407CIMG9409
 なるべく本を買わず、蔵書を読もうと思っている。しかし最近、5冊を入手したので、紹介したい。
 左上はAmazonに予約してあった、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年8月号。綜合歌誌では、これのみを読んでいる。
 右上は、生方たつゑ歌集「灯に寄る」。1981年、沖積舎・刊。「生方たつゑ全歌集」(角川書店)以降の歌集を集めており、「日本の古本屋」で廉価だった。しかしこの歌集は、19歌集からの自選歌集で、それのみの価値である。


CIMG9411CIMG9414

 先日に「マーケティングの基本と常識」を読書途中で記事アップした。図に乗って「デジタルマーケティング集中講義」を買ってしまった。どれだけ生かせるか。
 また先日、Google Analyticsを導入したのだが、図の読み方が英語の題ではわからない。初歩から勉強して置いた方が良いかと「はじめての最新 Google Analytics」を購入した。
 2冊ともAmazonより。このブログのpvはぞれほど多くはないが、役立つだろう。

副業YouTubeらくらく講座
 Amazonのkindle本の、「副業 YouTube らくらく講座」をタブレットにダウンロードした。。YouTubeの副業で稼ごうという訳ではない。
 動画をYouTubeに挙げて、公開しているブログが多くなり、アップの方法のみを学ぶのに、99円の価格に惹かれたのだ。読書と詩歌のブログに、動画が必要な場合が来るだろうか。



 7月14日(第2金曜日)の午前9時半に、メンバー3人が某喫茶店の1隅に集まり、短歌研究会A第37回を持った。
 
同・第36回は、先の6月17日の記事にアップした。
 短歌研究会Aは、各自の詠草の検討である。
 Mさんの10首より。「店頭に」を「店先に」の和語に換えるように、僕が奨めた。「芋のうは葉に露を置き」の2句3句を、「芋の広葉に露まろび」に換えるよう、Tさんが奨めた。「青あおと槻の繁れる下かげに孕み猫のそりと過ぎる真昼間」を二人して、「青あをと繁る欅の下かげを孕み猫ゆくのそりと弛げに」に直した。いじくり過ぎかも知れない。「不意に予感のする朝」を「予感のふいにする朝」に換えるよう、僕が奨めた。
 Tさんの10首より。「叉を」を「またを」と平がなに直し、「よぶ」は「呼ぶ」と漢字まじりに換えるよう、二人が奨め、Tさんも納得したようだ。「吐息のごとき」を「吐息のやうな」と柔らかく詠む事を、僕が奨めた。「雨あとの野辺に虹の」の初句2句を、「雨あとの野末に虹の」に換える事を、Mさんが奨めた。
 僕の10首より。「朴葉寿司三つを食べて」より初句を「朴葉飯」に直してもらった。「要職をリタイアの兄は」の3句4句より「要職を退(ひ)きたる兄は」に換えるよう、Tさんに奨められた。「老けたる妻か」を「老けたる妻よ」に換えるよう奨められたけれども、断定はしたくない。「諾(き)く」の前例があるなら、「聞く」よりも良い、とアドバイスされた。
 あと今期の僕の40首程のプリントを、二人に読んでもらった。
 次回の日程を決め、11時近くに散会した。
 夕方になって、言わでもの事があったと思い、二人に「第1感を大事にしてください」とSMSで送った。
0-24
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


CIMG9393
 7月10日の記事で到着を報せた、生方たつゑ・歌集「ひとりの手紙」を読み了える。
 角川書店「生方たつゑ全歌集」以来、初めて読む歌集である。
 1982年、新星書房・刊。1ページ2首組み、185ページ。
 彼女の夫は亡くなり、娘とは離反的で、カスガイとなる婿は癌で逝いている。
 雪国で、一人暮しを続けた。「ことなりし世界と思ふこともさびし書庫に並べしわが著書の類」と詠んで、過去の実績に否定的になる事は、落魄の思いだろうか。
 「あとがき」に「過労のための長い入院生活から放たれた机辺は雑然としていて、この中に加えるべき作品の整理も不可能のまま、手離すことにした。」とあり、彼女をサポートする人がいなかったようだ。
 以下に7首を引く。
ひとすぢに生きゆくこともかなしきにひとすぢに死を遂げしをとめら(疼きの島—沖縄—)
丘くれば喪章のごとき黒き蝶貪婪にしてまつはるまひる(同上)
雪の日の孤独をむしろ運命となしつつ恋ふる父ははのこと
躓きやすくなりし雪上をあゆみきていちにんの死は刃よりも痛し(別れ—松村英一先生—)
密度なきくらしなれども手紙など綴ればいづる君の幻覚
をりをりに大てまりの白き花むらがしあはせ揺するやうに傾く
ひとりゐて物言ふこともなくすぎし日と思ひつつともし火ともす



CIMG9406

 どこでだったか忘れたが、「永田和宏作品集Ⅰ」の発行を知って、読みたいと思った。著名な歌人であるが、僕は単行本歌集、アンソロジー歌集を、まったく読んでいなかったからだ。歌誌や歌人家族の本で、まれに接した。
 さっそくAmazonで検索すると、品切れだった(今はどうか知らない)。
 そこで発行元の
青磁社のホームヘージより探る。左下の「ご注文とお問い合わせ」に、つながるメールアドレスが載っている。そこで図々しくも、1冊を送ってくれるよう、情報を入れて注文した。これらの本で、注文がごったがえしているかと思ったが、3日後の7月11日(火曜日)に届いた。
 定価7000円+税。送料・無料。郵便振替料・無料。
 11歌集を収めているので廉価であり、「Ⅰ」と銘打つからには、「Ⅱ」以後の発行を約束したようなものだ。
 全歌集類の積ん読が多いので、いつかわからないが、近い内に読みたい。


 吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)の、「「詩と詩論」より」から、1回目の紹介をする。
 先の6月20日の記事、
同・「「青騎士」より」に続く。
  春山行夫は1994年に亡くなっているので、4年前・1990年の吟遊社・版のこの詩集(米寿記念・出版)は、戦後に詩作の少なかった彼にとって、ほぼ全詩集と呼んで良いだろう。
 「詩と詩論」は、春山行夫・編集、厚生閣・刊のモダニズム詩誌(第14冊から「文学」と改題して文学誌となる)で、1928年~1933年、全20冊を刊行した。
 「「詩と詩論」より」は、この詩集(1段組み)で234ページ~310ページと長いので、2回に分け(1)~273ページ、第8冊まで(この詩集では、第14冊目までを納める)を記事アップする。
 「詩と詩論」は当時の、マルキシズム系、アナーキズム系の詩を除く、新しい詩のすべての流れが集まり、1大潮流となった。プロレタリア文学の詩観から独立し、レスプリ・ヌーボー(新詩精神)による詩作と、文化との連帯を目指した。
 社会性遊離の運動は、結局、社会より復讐され、滅びるより無かったのだろう。
 あと274ページ~310ページの37ページだが、無論理性の難物が待っている。
0-23
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ