風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

2017年08月

CIMG0385
 今月19日の記事、「庭のムクゲ2種」の最後に、「あと1本、実生の木が残っている」と書いた。
 8月20日、その最後の7本目のムクゲに、この夏の初花が咲いたので、紹介する。
 リンクを辿って行くと、これまでの6種のムクゲに会えるので、是非ご覧ください。
 今回の花は、白二重、底紅の花である。二重といっても、外の一重に、内側に乱れた花びらの付いた花である。あとに咲く花で、もっと整った花があるかも知れない。
 八重咲きの血が入っているので、最初に紹介した、純白一重と赤紫八重(花笠咲き)の交配かも知れない。あるいは2回目に紹介した、白千重と赤一重の花の交配か。
 これで庭にある、7本のムクゲの花の、紹介は終わりである。
 いまも何種ものムクゲが咲き、庭を彩っている。


 8月16日の記事「ブログ関連の3つの自動化」に続き、ブログ関連の6つの変更をした。なお前回の内、Pingoo!自動送信は、うまく行かなかった。
・タイトル・ロゴの画像を替えた。黄百合群落の写真を止めて、写真ACの配信する画像より、鏡枠ふうの幾つかから、シンプルな図柄を選んだ。タイトルと説明の、上下位置を前回に中央より上げて後、今回は戻せなかった。
・「ブログの説明」に言葉を加えた。「純文学系読書・中心です」と加えて、メイン・ジャンルの差別化(?)を図った。
・トップページの表示件数を、5件→3件、と減らした。5日分続けて読む訪問者も少ないだろうし、ページが軽くなる。右サイドバーとも、釣り合っている。
・フィードの表示件数を、5件→20件、に上げておいた。RSS配信はしていない筈で、そのフィード件数は関わりないかも知れない。
・ライブドア内のカテゴリの2番目を、「書評・レビュー」に替えた。読書日記のつもりだが、それはないので。
・スマートフォンの表示を、大きく変えた。表示件数、ランキング・バナー設置などだが、まだ経時確認ができていない。読みにくくなったら、申し訳ない。おいおい直して行く。
0-45
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


CIMG9433
 8月22日の記事「届いた2冊」で紹介した内、残る綜合歌誌「歌壇」2017年9月号を、作品中心にほぼ読み了える。同・8月号の拙い感想は、7月22日の記事にアップした。
巻頭作品20首
 尾崎左永子(以下、敬称・略)「音」20首が、盛年時代を回顧して、感慨深い。1首を引く。
高架路を走り抜けゆく快感はすでに過去わが盛年も過去
 久々湊盈子「夏こそおみな」20首。
 「勘違いされいるらしく折々にとどく句集に言葉をもらう」ともあり、次の1首はその成果だろうか。
雑巾がけは難儀なれどもフィンつけて泳ぐを喜ぶ身勝手な膝
特集・時代を読み、詠む
 松村正直の総論「常識・過去・重層性・多義性」は、過去とレトリックに拘って、現況に曖昧な気がする。
 「作品五首とコメント」12氏は、スローガン的な作品は頂けない。
 風間博夫「紋左」では、「焼き鳥の竹串し抜いて皆でつつくことなどあらじ苦(にが)しビールは」と共に、次の1首がドキュメントとして優れる。
言論の自由失せゆかん午前七時四十六分過ぎのにつぽん
 斎藤佐知子「言霊の」の、コメントで「言葉が辱められている」と述べる。中西信行「隘路の間」5首末で次のように詠む。
バベルの塔の故事の前夜か言の葉の汚れ乱るる未来あやふし
 今年5月2日の記事
「詩誌「生魚」No.86」で書いたように、政治家は半意図的に、言葉の世界を空虚化しようとしている。更には、言葉に悪意を付着させている。
インタビュー「橋本喜典さんに聞く」③
 今回の末の章の題が「この国の明日が心配でしょうがない」であり、戦後の思いやりの良識が失われそうである事を憂える。
作品12首
 内山晶太「蟬声」では、次の1首が、勤め人(あるいは学生)の農業に慰められる心境を描く。
夜の畑にしげる野菜をなぐさめとしてわたくしの帰路つづきおり
 藤野早苗「迦具土神」は、6月の情動と共に、「共謀罪」成立への怒りをも詠む。1首。
六月の夜陰に紛れ生れにけり迦具土神(かぐつちのかみ)のごとき一法
作品7首
 牧雄彦「草萩」の、次の1首のような異様な光景は、僕も喫茶店で見掛けた。
向きあひで飯を食ふべる若き女男スマホ操り物は言はざり
 評論・他も有意義な編が多いが、ここでは取り上げない。

 今月11日の記事「ムクゲ2種と空蝉」の、白花八重の写真のあとに、「自然交配した実生生えの木が3つかある」と書いた。
 その内、2本の木に花が咲いたので紹介したい。

CIMG0381
 薄赤の一重の花であり、底紅とともに、風情豊かだ。
 純白一重の花と、赤紫一重の花の、交配だろうか。真相はわからない。

CIMG0375
 白花一重(底紅)の花である。ごく淡くピンク色がかっている。
 これも同じ交配だろうか。一重(種ができやすい)は、庭に先の2種しかないので。
 純白の花に比べて小さ目だが、弁は厚い。底紅も彩りである。
 高い所に咲いたので、コンデジの望遠で撮り、更にトリミングした。
 あと1本、実生の木が残っている。花が咲いたなら、ここで紹介したい。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、5番目の句集、津田清子「礼拝」を読み了える。
 今月9日の記事、右城暮石「声と声」に継ぐ。
概要
 津田清子(つだ・きよこ、1920年~2015年)は、橋本多佳子に師事・「七曜」同人、多佳子の師・山口誓子の「天狼」に投句、のち同人。
 1971年、「沙羅」創刊・主宰、のち「圭」と改称。
 第1句集「礼拝」は、1959年、近藤書店・刊。山口誓子・序、450句、橋本多佳子・跋、後記を収める。
感想
 津田清子は、戦後に俳句を始めており、ここでは1948年~1958年の句を、年ごとに分けて順に収めている。戦前の句界から切り離された、清新な世界がある。
 しかし句集名からもわかるように、彼女はクリスチャンであり、僕は信仰に熱心な人をあまり信用しない。経験上、無信仰で苦しんでいる人に善い人が多い。僕は短歌を読み・詠む事で救われている。
 また山口誓子の「酷烈なる精神」、根源俳句の厳しさから来るのだろうが、破調(字余り、等)が多い。
 僕は俳句の素人だから、定型の、生活の中の調和・美を吟じた句が好ましい。大衆俳句は、その方向に向かっているようだ。最近の時事状況では、わからないけれども。
引用
 以下に5句を引用する。
うろこ雲うろこ粗しや眠り足る
曼珠沙華目的地まで暮るるなかれ
聖玻璃の五彩西日に強めらる
船出待つ他郷の雲の峯に向き
独奏や雷雨を厚き壁に絶ち
0-44
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。





 

↑このページのトップヘ