風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

2017年08月

 吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)より、手書き詩集「水の黄昏」の1回目の紹介をする。
 先行する、同・詩集よりの
「「詩と詩論」より」(2)は、先の7月27日の記事にアップした。
 この本(ほぼ全詩集)の「解題」では、未刊詩集「水の黄昏」を自筆ペン書きながら、「鳥類学」に続く第6詩集と考えられる、としている。実際は、初期詩編の手許愛蔵版の詩集であろう。
 大正10年代初期の習作や、「青騎士」「日本詩人」「謝肉祭」等の諸誌に発表された作品で構成されている。
 この本で98ページと作品が多いので、2回に分けて紹介する。
 「水の墓 序詞」の終連の「なべて/むなし/はかなし//水の/墓/なれば……」と、無常を古調で詠っている。「葦の中」第7連の「風が泣く/胸(こころ)が泣く」など、大正期の嫋々とした抒情詩が続く。
 「水の上に春を迎へる唄」では、「少女(をとめ)よそなたが閉めた銀の玻璃板のおもてに/誰れが来てさまよふことであらう/そなたがたかいBalcon(ばるこん)に戦くとき/誰れがあえかな水に消入ることであらう」と詠い始め、西洋風を取り入れようとしても、語は5音7音の語調が多い。
 白秋、朔太郎の影響を受けたと読まれる詩編もある。
 「赤い橋」では、「青い鸚鵡に/外套(マント)をやれ//蜂がストーヴの燠を/もらひに来た//…」等、ダダイズム等を取り入れた詩編が混じり始める。ただしその後も「人生思索」の章のように(例えば「桃園」の)、古典文法(旧仮名で)の古調の作品群がある。
 378ページの「宝石の盗人」でもって、詩集「水の黄昏」紹介(1)の区切りとする。
 なお引用中、正字を新字に替えた所があります。
0-43
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 8月14日にブログ関連の3つの小変更をした。
1・ブログ更新のブログサークルへの自動反映
 2つのブログの記事更新(予約更新)の際、人気ブログランキング内のサークル、「ブログサークル」に反映させるため、これまで「最新記事取得」で手動で行って来た。簡単な操作だが、他に時間がかかって、遅くなる場合があった。
 ブログサークルの管理画面に、メモのあとの「Ping送信先URL」を見つけ、そのURLをそれぞれのブログのPing送信欄へコピペした。
 予約更新時よりややタイムラグはありながら、ブログサークルへ自動反映され、マイページに載るようになった。
2・アメブロ更新の日本ブログ村への自動反映
 アメブロ「新サスケと短歌と詩」の、ランキング・サイト「日本ブログ村」への更新反映は、「アメブロにはトラックバック機能が無いからなあ」などと思って、「Ping代理送信」で手動で行っていた。
 アメブロにPing送信欄のあった事を思い出し、送信先URLをコピペすると、正しくブログ村に更新反映されるようになった。
3・「風の庫」のPingoo!への自動反映
 Pingoo!というサイトがあって、拡散的には気休めに参加している。
 こちらはアメブロは自動反映するが、この「風の庫」はURLをコピペしてあったけれども、反映しなかった。URLを、再度コピペすると、「URLが間違っています。」とのコメントが出る。
 メモしてあったURLを、キーボードより手動入力すると通った。どこが違うかわからない。
 朝の通知メールが来るか、楽しみである。
0-42
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




CIMG9431
 今月12日の記事、「届いた2冊」でアップした2冊のうち、初めの佐田公子・第4歌集「さくら逆巻く」を読み了える。
 2011年9月、角川書店・発行。355首に「あとがき」、「著者略歴」を付す。
 佐多公子さんは、僕の所属する短歌結社「覇王樹」の事務局を担当し、代表・佐田毅氏の夫人である。
 入会手続きとその後、メールで何度もやりとりをしたけれども、温和な書きぶりの方である。
 歌集は、息子さんがドーパミン過多で異常言動を示し、やむなく医療保護入院となる歌群から始まる。
 切羽詰って相談する、警察や保健所の薄情さも描かれる。
 自らは動脈乖離を病みもする。
 また娘さんの住み着く沖縄を訪う「島風」の章がある。
 彼女は1982年、大学の博士課程を修了しており、「古今和歌集」等の研究者であって、当時、東洋学園大学、日本医科大学等で講師を務めていた。授業の歌、学会の歌が混じる。
 3月11日の歌、「覇王樹」九十周年の歌でもって、歌集を閉じる。
 以下に7首を引く。
病棟に担ぎ込まるる子の声の耳に響きてへなへなと座す
「長男は犯罪者ではないんですが」家裁でわれは声殺し問ふ
病棟に帰らざる子を駅前にいかにかせまし 夕闇迫る
「お苦しみでせう」と言へる子狐の去りて尾花の翳に笑みをり
病む身にて初めて押さるる車椅子 何と優しく温ときものか
隣家に柿色づけり 子を逃れ家出せしより三度目の秋
押し寄する仕事の量に怯まざる力を得んや 夕つ黒富士





人気ブロガー養成講座
 8月12日の夜に、トップブロガー、かん吉さんのブログ「わかったブログ」を読んでいると、前から購入を考えていた彼の本、「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ」のkindle版が、70%OFFの583円でセール中だった(8月27日まで)。
 同じく彼のkindle本「人気ブログの作り方」を3読した際にも書いたが、この本の紙版を読みたかった。ただし少し高価だった。それでこれ程のセールだと、8月13日につい買ってしまった。題名は長いので、副題を記事名に挙げた。
 「はじめに」と全8セクション(マネタイズはしまいの1セクションのみ)で、懇切にアドバイスしているようだ。
 まだ「はじめに」を読んだのみだが、ソフトな書きぶりのようだ。自分の説く方法も絶対ではない、と述べている。これらを参考にしながら、自分のこれまでの経験を活かして行くしかないのだろう。


 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第4歌集「やぐるま」を読み了える。
 
第3歌集「無限軌道」は、今月5日の記事にアップした。
 原著は、1986年、雁書館・刊。
 歌集名について、「π(ぱい)」などが候補に挙がったが、イメージ・チェンジして「やぐるま」に決まった経緯は、歌集で初めての「あとがき」で詳しく述べられる。
 作品は、1981年~1984年の4年間の作で、そのあと彼はアメリカで2年間の研究生活(家族同伴)を送る。
 彼は優しさに就いて、歌集「無限軌道」で「やさしさはやさしさゆえに滅ぶべし 夕ぐれの野を漕げる野あざみ」と読んで、圧し留めようとしている。
 それは歌壇や生物学研究で、ライバルと厳しく競争しなければならなかった故だろう。ただし女性歌人や子どもたちには、優しい面もあったようだ。
 また妻の歌人・河野裕子との関わりも、多く詠まれている。
 この期に、作品発表の他、評論(「普遍性という病」、「虚像論ノート」、他)、対談(斎藤史、岡井隆)、女性短歌討論会(河野裕子、阿木津英、道浦母都子、永井陽子ら)の企画・司会など、短歌活動は盛んだった。
 以下に7首を引く。
草原に汽罐車ありき鉄塊は銹びて臓器のごとくやさしき
もの言わで笑止の螢 いきいきとなじりて日照雨(そばえ)のごとし女は
将来を未来に賭けて待つべくも銹(さび)つつ虚空に朴(ほお)しずもれる
精神の岬灯(ひ)ともし怺えおるゆえ願わくば迂回されたし
悪口雑言いきいきとして艶めくに思えばおまえになき喉仏
あるときは枝として子がぶら下がるゆさゆさと葉を繁らせてわれは
にこやかにわれの時間をかすめゆく「できれば」と言い「ぜひ」と重ねつ
0-41
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。





↑このページのトップヘ