風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

2017年08月

 河出書房「ドストエーフスキイ全集」(米川正夫・個人全訳)第2巻(1956年11月・刊)より、初めの短編小説「プロハルチン氏」を読み了える。
 先の6月24日の記事で紹介した、同・第1巻の
「ネートチカ・ネズヴァーノヴァ」に継ぐ。
 貧しい下級官吏・プロハルチンが、「役所が閉鎖される」という、冗談を信じて悩み、床に就く。同じ下宿の下宿人やかみさんに騒ぎ立てられたあげく、亡くなってしまう。
 下宿人たちが、彼のへそくりを引きずり出すと、2,497ルーブリ50コペイカあった、という落ちが付く。下宿代は月5ルーブリとされているから、その多額さが知れる。
 小心な官吏が、真面目に節約し、酒も博打も関わらないで中年まで生きて来て、たちの悪い冗談に惑わされて、狂気の果てに亡くなってしまう、喜劇立てじみた悲劇である。
 ドストエフスキーが、「分身」を発表した後、幾多の中短編を書いた、その第1作である。ドストエフスキーはその手紙で、「プロハルチン氏は大変評判がいい」と報じている(巻末・解説より)。
0-36
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、3番めの句集、萩原麦草「麦嵐」を読み了える。
 先の7月24日の記事、
岩田昌寿「地の塩」に継ぐ。
 原著は、1959年、竹頭社・刊。佐野青陽人・序、石田波郷・序、俳句遍歴(年譜)、後記を付す。
 萩原麦草(はぎわら・ばくそう、1894年~1965年)は、渡辺水巴に師事、主宰する「曲水」に入会、主要同人となる。戦後、伊豆に帰農、1953年、俳誌「壁」を創刊・主宰。
 「野人・麦草」「田園作品の第一人者」と呼ばれた。
 65歳頃の第1句集であり、1909年(明治42年)~1958年(昭和33年)の、半世紀に渉る句集であって、句数は明示していないが、かなり多い。
 土地にあって、旅にあって、庶民の姿を、暖かく捉えている。
 没後、句集「枯山仏」がある。
 戦後の句より、以下に5句を引く。
百姓はいくさに敗けてキャベツ剪り
豆を煮る豆殻を焚く十三夜
六月や脱兎の耳のやわらかさ
浜の娘は鰯を食べて羽根つけり
成人の夜を家継がぬ子が泊る
0-35
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。





 

CIMG0360
 庭で夏の花、ムクゲが咲き始めた。
 上の写真は、1重の白花である。
 底紅がない、純白で、清楚な印象がある。

CIMG0363
 同じくムクゲの八重・赤紫の花である。
 花笠咲きとも呼び、豪華である。
 この花笠咲きのピンク花が、大樹になっていたが、数年前に伐られて、残念だ。
 庭には、外にもムクゲの木があるので、咲いたなら紹介したい。




CIMG9396
 大山秀一「これだけは知っておきたい マーケティングの基本と常識 改訂版」(フォレスト出版、2016年・刊)を読み了える。
 先の7月7日の記事、
「なぜかマーケティング論」の完了形である。
 初めてのマーケティング論で、入門書としては、良い本だろう。2003年・出版の本に、加筆・修正を加えたものであり、デジタル・マーケティングには少し触れたのみのように思えるけれども。
 この本の読書の目的は、ブログのアクセス数アップに繋がるヒントはないか、という事である。ヒントが無かった訳ではない。
 経営戦略は(事業の目的➡事業の目標➡マーケティング目標➡マーケティング戦略)と進む事、ターゲットを絞る事、等である。
 ただしブログは、書く場合も読む場合も無料であり、読者が支払うのは時間と注意力だけである。
 数多いブログの中から、なんらかの経路で自分のブログを読んでもらい、リピーターになってもらうのは、易しい事ではない。
 各ブログの解説本、成功ブロガーのブログ論、マーケティング論などを読み、目標に近づければ良いのだけれど。


 

↑このページのトップヘ