風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

2017年09月

 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第9歌集「百万遍界隈」を読み了える。
 先行する
歌集「風位」は、今月18日の記事にアップした。
概要
 原著は、2005年、青磁社・刊。
 1999年~2001年の、395首と、あとがきを収める。「方位」が、1998年~2000年の作品を収めているので、かなり時期的に重なっている。
 「あとがき」で、「昼と夜、表と裏とそんなことを考えさせるほどに、どこか沈潜の仕方が違うように感じたことだった。」と述べている。
感想
 題名は、職場近くの地名だという。 
 今回は、読みながら20余枚の付箋を貼った。しかし、生物学研究者としての思い、乳癌手術を受けて心のバランスを失いやすくなった妻・河野裕子を見守る歌に、引用をほぼ絞った。
 永田和宏は自然詠、叙景歌にも、とても優れているのだけれども。また面影のない母を恋う歌も、底流のように流れている。

引用
 以下に7首を引く。
身丈より高き箒の竹箒もちて出てゆきまだ戻り来(こ)
今年われらが見つけし三つの遺伝子に乾杯をして納会とする
こんなにもぶっこわれてしまったわたくしに優しくあれと言えば従う
ハーメルンの笛吹きのごと朝光(あさかげ)に老人たちを集めゆくバス
なに切りて来し妻なるや鋸(のこぎり)と大(おお)釘抜きを下げて入り来(く)
疲れやすくなりたる妻を伴えば桜紅葉のしたのゆうやみ
春の水盛りあがり堰を越えるところこころ危うき人を率(い)て来し
0-89
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。




 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、8番目の句集、小杉余子「余子句抄」を読み了える。
 今月7日の記事、
西東三鬼「変身」に次ぐ。
概要
 小杉余子(こすぎ・よし、1888年~1961年)は、1935年、松根東洋城・主宰の「渋柿」を離れ、「あら野」に拠る。戦後、復刊するが長続きせず、俳壇と没交渉となった。
 原著は、1962年、ヒゲタ・なぎさ句会・刊。ヒゲタ・なぎさ句会は、ヒゲタ醤油の社員の句会で、彼が指導していた。
 尾崎迷堂・序、1025句、川越蒼生・跋を収める。
 先行する「余子句集」、「余子句選」がある。
感想
 1025句は多い。先行する萩原麦草「麦嵐」の千に余るらしい句集、西東三鬼「変身」の1073句と、俳壇の風潮であったか、読む者の身になってもらいたい。
 内面には強靭な精神の緊張を持しつつ、その表現においては平明を守ろうとした、とされる。
 「ホトトギス」より戦後の社会性俳句、根源俳句への流れから、逸れた句境にあった。
 没後の「余子句抄」を含め、3句集をもって、生涯の句業を俯瞰できる事は、いたく優れた事である。

引用
 以下に5句を引用する。季節立てより1句ずつ。
門松の片寄り立つやビルの前
早春やまだ立つ波の斧に似て
返り梅雨して灯台の霧笛かな
月光をわたしはじめぬ波の皺
小十戸を海辺に並めて冬野かな
0-88
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。





IMG_0001
 今月16日の記事、「入手した2冊」で報せた内、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年10月号を、作品中心に読む。
 
同・9月号の感想は、8月20日の記事にアップした。
巻頭作品20首
 永田和宏「夏のをはり」は、実感がこもって、老いの自覚と共に、親しみやすい。「永田和宏作品集 Ⅰ」を今、読み継いでいるせいもあるだろう。1首を引く。
病むために仕事辞めるにあらざれど仕事を辞めて病む友多し
 道浦母都子「梅花藻とベトナム」後半では、ベトナム戦争時の被拷問者、枯葉剤の被害者に会って、用意した慰問の玩具等が、役立たぬ現実を知る。
開かざる掌(て)にクレヨンを渡したるそのときにじかんがはたと止まった
特集「覚醒する子規――生誕一五〇年」は、ほとんど読まなかった。時代が閉塞すると、なぜ復古に走るのか。僕は子規の随筆1、2冊、俳歌少々、「歌詠みに与ふる書」を読んだくらいで、とても子規論を読む気にならない。
特別作品30首
 小林幸子「満月祭」30首は、力量のある1群である。原発災害を、近しく詠んでいる。1首を引く。

森と森のあひの窪地に緑色のシートをかぶせてある仮置き場
作品12首
 天野匠「途中下車」12首が、庶民の現在を描く。次の1首が、危機下の行楽を描いて鋭い。
公園の浅きプールに子ら遊ぶ大人も濡れて楽しそうなり
作品7首
 小林亜起子「地獄覗き」7首は、家族の果て、生活の果てを描いて、感銘を与える。
ニシキギの雨に紅増しそういえばひとり暮しが楽なこの頃



CIMG0424
 秋のお彼岸の中日(9月23日、秋分の日)も近く、彼岸花とコスモスの花をアップする。
 昨年9月23日、記事
「彼岸花、コスモスとウメモドキ」をアップしている。
 今年の写真は、9月20日に撮ったものである。
 近所の不耕作田の、彼岸花の群生は、ここ1つになってしまった。
 他に5、6本の株が2か所あるだけとなった。路肩の管理が厳しくなったせいだろう。

CIMG0427
 同じ不耕作田とその続きの田の、畦道を挟んでコスモスが咲いている。
 草丈は高いとはいえ、はかなげな花である。
 以前はあった、赤花が失せた。
 ウメモドキの写真は、待ってください。


 9月12日の記事、かん吉「人気ブロガー養成講座」(3)の、Part7に、「魅力的なプロフィールを書く」がありました。
 その中のアドバイス、「書けることは何でも書く」、「実績は公開しよう」などに従い、かん吉さんのブログ「わかったブログ」のプロフィール欄も参考に、このブログのプロフィールを書き換えてみました。
 PC版では、右サイドバートップの、プロフィールの「新サスケ」をクリックしてください。またスマートフォン版では画面をずっと下にスクロールして、「読者ボタン(Twitter、Facebookページ)」の下、3カウンターの上に、アイコンマークの右、「新サスケ」の文字がありますので、それをタッチしてください。
 それぞれ、ほぼ9月19日に書いた、プロフィールが現われます。
 PC版では、狭い枠に、改行が効かずずらずらと並ぶので、やや読みにくいかと思います。スマホ版でも改行は効きませんが、画面一杯に表示されます。
 <略歴>で出生、職歴など。<詩歴>に継ぐ<著書>では3冊の詩集を。<受賞歴>では2つの小さな詩の賞を。<歌歴>では、25年を越える短歌との関わりを。それに現在の所属等の<現在>、幾つかの<資格>、<ブログ>を。それぞれ簡単に公開しました。
 このブログを読んでくださる、一助になればと思います。
 (追記)「詩歴」を、詳しく書き直しました。
0-86
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ