風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

2017年11月

CIMG0508
 あかつきさんのブログ「あんこと麦と」の、10月14日の記事「カレンダー作ってみました11月編」より、カレンダーを取り込み、A4判にプリントした。
 印刷までの手順は、記事に書いてある。
 さっそく部屋の横梁(?)に、画鋲で留めたが、いよいよ出番である。
 パステル風な絵で、愛猫の、あんこさんと麦君が紅葉の山に入ったところを、とても可愛く仕上げている。
 これから、このカレンダーを観るたびに、心が和みそうだ。


覇王樹11月号
 10月30日の記事「届いた4冊」で報せた内、1番初め、10月25日に届いた結社歌誌、「覇王樹」2017年11月号を、評論をべつとして読み了える。
概要
 巻頭の「八首抄」、「爽什」10名(各6首)、「霜月10首詠」4名、「力作15首詠」1名がある。
 その他の通常詠は、各6首を載せる。ただし会員の「覇王樹集」と、準同人の「紅玉集」は、8首出詠より6首の選歌がある。同人3クラスは、無選歌6首が載る。
 「購読会員制」があり、3首送付の内2首が採られる。
感想
 創刊者・主宰の橋田東聲の、離婚時のエピソード(男が出来て去って行った妻を憎めなかった)に惹かれて、僕は入会して、この結社で良かったと思う。平等で、運営者も会員を思い遣っている。
 短歌の紙誌に載った、会員の短歌、文章は、「覇王樹」誌に転載される。また毎月の「題詠」「付句」の募集・発表も楽しい。
 ホームページ「短歌の会 覇王樹」の充実と、更新の早さに驚く。。

引用
 3首を引く。
 「爽什」のW・茂子さんの「夕茜空」6首より。
茹でたまごつるりと剝きて刻みつつわがさびしさの果ての飲食
 独居の方だろうか。「さびしさの果ての飲食」が切ない。
 「東聲集」のT・昭子さんの「ぬき足さし足」6首より。
かん高き幼児の声聞こえくるわが住む町に盆のにぎわい
 盂蘭盆会、暮れ正月のみ賑わう町というのは、淋しい事だ。
 「游芸集」のT・香住さんの「螢石」6首より。
甘酒をうましと言へばあくる日に君は十本買ひてもどりぬ
 男の不器用な純情を、よく捉えている。




 


CIMG9472
 思潮社「吉本隆明全詩集」(2003年2刷)より、初期詩編の2回目の紹介をする。
 
同・1回目は、先の10月22日の記事にアップした。
 なお上の写真は前回と違って、2重箱の外箱である。右上角に傷みがある。
概要
 
初期詩編Ⅲ(1944年の作品)19編と、Ⅳ(1945年の敗戦前の作品)2編を取り上げる。以降は戦後の詩となる。
感想
 初期詩編Ⅲは、「草莽」と題される。
 「原子番号0番」では、「私のやうな青くさい年齢になると/何をやつても救はれないやうな/どん底の意識を感じるのです」と、戦時下の本音を述べているようだ。
 「原子番号三番」では、「風は透明次元からの借りもので/…/唯光度と四辺の新鮮度が/大きな問題となつて現はれるやうです」と、戦後の彼の詩法を明かしているようだ。
 宮沢賢治の影響がある詩は、山形県の米沢高等工業高校に在籍していた、東北性があるかも知れない。
 「雲と風と鳶」では、「もう明日からはしづかな沈黙をまもつて/小さな自意識をかみしめませう」と、慎ましい孤独感を述べる。
 「草ふかき祈り」のような、戦争詩もある。
 初期詩編Ⅳは、「哀しき人々」と題される。
 「雲と花との告別」では、「おれたちは結局すべてのものの幸のために生命を捨てるのだ」と、戦時思想の極を述べている。

↑このページのトップヘ