風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

2017年12月

鯨井可菜子 タンジブル
 今月6日の記事「歌集2冊をダウンロード」で報せた2冊のうち、あとの鯨井可菜子・歌集「タンジブル」を、タブレットで読み了える。
 表紙写真は、パソコン版の白地に備え、露出を暗くしたのだが、補正が足りなかったようだ。
概要
 概要については、上記記事で述べたので、ご参照ください。
 タンジブルのスペルはtangibleだそうで、英和辞典で調べると、形容詞で「明白な。現実の」、名詞で「有形物。触知できるもの」等の意味である。
感想
 仕事では九州のデザイン会社に勤め、都内の職場に上京したが、過労気味で(徹夜、代休、徹夜、という歌がある)帰郷し、歌集出版を前に退職したようである。
 短歌、仕事、恋(→結婚)、生活の内、彼女は短歌と生活を選んだようだ。私生活の細かい事はわからない。
 勝手な異性、体力と感性を若い間に搾り取る職場、と現代の娘さんの深い悩みを描いて、普遍的である。
 題詠に優れている。また「小松菜」の章の短歌は、リアルな生活詠である。新かな口語の短歌に苦闘する一人でもある。
 東直子の跋文「しゃがみこまない」で、「実人生への意識と、言葉によるイメージの重ね方を試行して来た作者から、今後どんな豊かな世界が飛び出して来るのか、…」と期待されている。
引用

 以下に7首を引く。
試されることのおおくて冬の街 月よりうすいチョコレート嚙む
好きだった君がわたしの着メロにしていた「世界ふしぎ発見!」
終電に抱きしめられて胸のうち暗きブロッコリーの生えゆく
はつなつのランチタイムのタイ料理 空芯菜を清く嚙む友(題詠「ランチ」)
溜め息は月に濡れおりスプーンを曲げてばかりの人生である
死は遠き波間に光るごとくあり保険に入るはつなつの午後(「小松菜」の章より)
いいいいと蟬鳴き続け、もういいよほんといいけん辞めていいですか



CIMG0611

 12月12日の午後、積雪の中から起こした、万両の幼な木である。
 少しだが、赤熟した実が付いている。小鳥にも、見つからなかったようだ。
 庭の通路の近くに、自然生えした木である。元は鉢植えの万両の実を、小鳥が落としたものらしい。
 この春に、万両を含めて、鉢物をほとんどすべて廃棄した。それで万両は、自然生えのこの木しか残っていない。
 大きな木になって、楽しませてほしい。


CIMG0616
 大輪系ではないが、中輪系の3本立ちのコチョウランである。
 わが家で買えるものではない。妻の勤める事務所の所長さんが、叙勲を受けたので、そのお祝いの花の、お裾分けである。
 妻が出来るだけ温かい所に置き、世話をしている。

CIMG0618
 妻が実母の関わった農家から買って来た、ストックの花である。
 南欧州原産の多年草だが、秋播き1年草として栽培する。
 たくさん買ったらしく、玄関の靴箱の上にも、1瓶に挿してある。


 12月15日(第3金曜日)の午前9時半に、メンバー3人が喫茶店の1隅に集まり、短歌研究会A第41回を持った。
 
同・第40回は、先の11月17日の記事にアップした。
 歌誌・歌集の貸し借り、返却のあと、研究会に入った。研究会Aは、各自の詠草の検討である。
Mさんの10首より。
 「愈々」「吾が」をひらがなにするよう、Tさんと僕が奨めた。結句「インスタントコーヒー」は字数が多く、1首が詠草1行をはみ出すので、「即席珈琲」と書いて「インスタントコーヒー」とルビを振るか、「スティック珈琲」と書いて「珈琲」の所にルビを振るか、二人が奨めた。
 「降る雪が下屋に落ちたる音響き」の初句は、「積む雪が」にするよう、Tさんが奨めた。
Tさんの7首より。
 「三月ごとに配達さるる」を、「三ヶ月ごとに届ける」あるいは「配達の」に直すよう、僕が奨めた。「次回はやよひ春近き頃」の表記を、Tさん自身が迷っていたようなので、「次回は弥生はる近きころ」を、僕とMさんが例示した。
 「雪しづく音を聞きつつ」の「しづく」は、「沈く」の例しかないので、「垂づる」(「垂づ(しづ)」の連体形)にするよう、僕が奨めた。
僕の10首より。
 「歌詠まぬむなしき時の過ぎにつつ」の初句を、「歌詠めぬ」に直すよう奨められたが、意が違うので、元のままで置きたい。「LED天井灯に虫むくろ幾つか見えるおぼろに透けて」が2人に判らないようだったので、結句を「カバーに透けて」に自分で直した。
 「師走の日々に年を先取る」の結句「先取る」は、広辞苑にない(「先取り」はある)ので、「年の先取り」の例も示されたが「師走に年の先取りをする」に自分で直した。

 そのあと、僕の今期1ヶ月の50余首を2人に読んでもらい、感想をもらった。
 年末の研究会Bは無理なので、1月の研究会Aの日程を決め、10時40分頃に散会した。
0-06
写真ACの「童話キャラクター」より、「白雪姫」のイラスト1枚。



CIMG0614
 閑話休題。他に材料がないことはないが。
 今日は僕の持っている、ネット関連の本の24冊の写真を挙げる。自慢できる蔵書ではない。
 まずOSがWindows7なので、その関連の本。Word2010、Excel2010の本。
 アメブロとライブドアのブログの本、FacebookとTwitterのSNSの本、Evernoteの本などである。
 いずれも、できる、はじめての、かんたん、が頭に付いた入門書である。それも初めの導入部分しか読んでいない本がある。お恥ずかしい。
 タブレットのkindle本に、かん吉さんのブログ本と、YouTube本がある。
 文系の人間が、50歳となってパソコンを始めたので、悪戦苦闘である。
 それに、何でも本から入る性質なので、囲碁(日本棋院アマ6段、現在は対局していない)も、園芸(1時は3坪の温室で、洋蘭を育てていた)も、共にたくさんの本を読み、実践と共に進んで行った。
 ブログはWordPressとか難しい事への挑戦は、周囲に堪能な人もいないのでせず、今のままで進もうと思っている。



↑このページのトップヘ