風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

2017年12月

CIMG0586
 上の写真は、売却する本を詰めこんだ、7個の段ボール箱である。
 2階の空き部屋に平積みにしておいた本を、ネットオフへ売却する事にして、10日ほど3回に分けて1階へ降ろし、玄関上がり際で、段ボール7箱に、12月1日に詰め了えた。本は重いので、しっかり目張りをした。(未練の残るわずかな本は残した)。
 ネット上でネットオフに申込み、12月3日の午後に、運送会社が回収に来る予定である。本代は何百円かくらいだろうけれど、処分に近いので致し方ない。
 売れなさそうな本は、この大きい方の箱9箱分を、11月20日に処分場へ運び処分した。
 家の畳替えなどを契機とした本の始末が、1段落しようとしている。年末の整理の1つであり、終活の1つでもある。




続きを読む

 思潮社「吉本隆明全詩集」(2003年2刷)より、初期詩編の4回目の紹介をする。
 
同・3回目は、先の11月16日の記事にアップした。
 今回に紹介するのは、「第Ⅳ部 初期詩編」より、「Ⅶ 詩稿Ⅳ(1946)」24編と、「Ⅷ かなしきいこひに(1947)」21編である。
詩稿Ⅳ(1946)
 1946年の詩作の内、「時禱」詩編に収められた少数を除き、すべてが収められていると、目次を追ってわかる。
 「童子像」(同名2作目の、フランス語の副題のある方)では、「(血まみれたみちをゆくがよい/童子よ/うまれたときからの執着の匂ひをさけてはいけない/あの風のこころとおまへのこころとどこに関りあらう」と、人の欲望を肯定するかのようだ。同じ詩に「童子のまへには無限の砂礫があるのみ/もろもろの門は架空のおきてのみ/…/或日/童子は天の眷属/あの強じんな風に訣れた」と結んで、天の無垢と別れ、もろもろの門(イデオロギー、宗派)とも別れ、地の砂礫を走る事を決意するのだ。
 「幼年」の1行では、「さあれ幼き日のおまへの生きた如くいまもナルチスムスの飢えを充さねばならぬ」と書いて、後に明らかとなる強いナルシシズムの現われを見せる。
かなしきいこひに(1947)

 1947年の詩作の内、「時禱」詩編、このあとの「Ⅸ 白日の旅から」に収めた3編、を除くすべてである。
 冒頭の「かなしきいこひに」は、幼い者たちに寄せて懐旧しながら、「わたしはたすかるだらうか/これからはたったひとり/兎小屋の兎をみたりして/おたまじゃくしの尾をみたりして/またひとりでゆけるだらうか」と生の危機感を描き、立原道造の詩の影響も感じさせる。
 「秋」は57調の7行の詩で、新体詩を思わせ、古い詩型への思いが残っていた事を示す。
 集の末尾の「黄昏に」を、「黄昏/わたしにはあらゆることが見えている/わたしはうす雲の反映に/もうすべてを忘れることができる/わたしはあぶなくはなく独りでゐる」と締めて、戦前への決別と、生の自信をうたっている。
0-02
写真ACの「童話キャラクター」より、「白雪姫」のイラスト1枚。


CIMG0584
 あかつきさんの11月カレンダーに続いて、12月カレンダーの出番である。
 12月カレンダーは、あかつきさんのブログ「あんこと麦と」の、11月11日の記事
「カレンダー作ってみました12月編」に公開されていて、誰でも取り込める。
 あかつきさんは、デザインセンス不足だと書かれているが、11月ぶんも可愛い図柄だった。プロとしてやって行くには、それでは不足なのだろうか。
 写真はややボケているが、原画は明瞭で、プリントもきれいである。
 僕はA4判でプリントして、紅殻風の塗りの横梁に構わず画鋲で留めた。
 問い合わせた所、あかつきさんが禁止している再配布に当たらないだろう、という事だった。


↑このページのトップヘ