風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

2018年01月

CIMG0682
 今月14日の記事、「大雪です」と「屋根の雪おろしは回避しました」で報せたように、1月12日~14日の朝にかけて、81センチの積雪がありました。
 それに続いて、1月23日~24日の夜に、積雪がありました。
 当地では、前回の残雪を加えて、積雪23センチ程でした。
 深夜に、メモ用紙に「除雪は僕がします」と書いて、テーブルに置いたのですが、24日の朝に見ると、妻の手で除雪してありました。上の写真は、玄関から県道までを空けたところです。朝より午後にかけて、わずかに積もった分は、僕が除けました。

CIMG0685
 上の写真の通り、車庫前も雪を空けてありました。
 癌予後の妻に無理をさせて、再発してほしくないのです。帰宅した妻に訊くと、車を出せないから、と理由にならない事を言っていました。
 24日の夜は、疲れたと言って妻は夜8時頃に入浴し、10時前の今は眠っているようです。今は雪は降っていなく、このまま済んでくれるよう、願っています。



角川「短歌」1月号
 今月16日の記事「歌誌「歌壇」2月号が届く」の末尾で、「角川「短歌」Kindle版に惹かれる自分を意識している。」と書いた。
その後で、角川「短歌」2018年(平成30年)1月号を、ダウンロードした。日付を確かめてみると、1月15日となっている。
 1月15日に記事を書き、予約投稿したあと、どうしても欲しくなって、買ったようだ。
 1月25日頃まで待って2月号を買うのでなかったのは、1月号の「新春75歌人大競詠」に惹かれたからである。717円(紙本・版、1,200円)。付録、投稿券は付いていない。今はまだ読み了えていない。
 Amazonへの「歌壇」3月号の予約注文は、取り消しておいた。
 角川「短歌」があまり保守的過ぎて辟易したなら、「歌壇」に逃げ帰るかも知れない。


「水脈」61号
 今月21日の記事、「贈られた歌集と詩誌2冊」で報せたうち、詩誌「水脈」61号をほぼ読み了える。
 
同・60号に就いては、昨年8月26日の記事にアップした。
概要
 2017年12月28日、水脈の会・刊。A5判、50ページ。
 13名22編の詩(扉詩を含む)、2名2編の随筆、報告等5編、活動日誌、編集後記を収める。表紙絵、扉詩「月よ」、共にK・仙一さんの作品である。
感想
 「詩人会議」系の詩誌であるが、各人には異なった志向も見られる。
 K・通夫さんの「友への返信」、I・冴子さんの「その日」、I・義一さんの「優しい人たち」に政治性を読めるが、思想性はわからない。
 他は生活詩、境涯詩として読める作品である。お付き合いの長いI・信夫さんの「冬を越える」、「地の在りか」、S・周一さんの「蛸の一日」に、外からはわからない心境を窺えて、感慨がある。
 1泊での60号合評会、詩集出版記念会、「夏のつどい」と支える会合が持たれ、「水脈日誌」と共に記録もしっかり残されて、創作のモチベーション維持に役立つだろう。
引用

 Y・やよいさんの詩「まだらネコ」に魅かれた。ペットの死ではなく、人の死に際の(死の5段階「否認」「怒り」「取引」「抑うつ」「受容」の最終「受容」に至って、安らかに死を受け入れる)心情を、どこかで掴んだと思われる。3連の末連を引く。

  まだらネコ
    Y・やよい
……
冬も寒さは遠のいたある夜
ネコは冷たいコンクリートの道を
歩いていた
おひさまにみとられて死にたいと思ったが
本能がそうさせなかった
ネコが最後にふりかえって
小さな家を見つめると
あめ玉のような目から 涙が
流れ続けた



 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、2番目の句集、千代田葛彦「旅人木」を読み了える。
 先行する
古賀まり子「洗禮」は、今月15日の記事にアップした。
概要
 原著は、1964年、琅玕洞・刊。水原秋桜子・序、555句、著者後記を収める。
 千代田葛彦(ちよだ・くずひこ、1917年~2003年)は、台湾・生、1934年より作句。
 1946年・引揚げ、中央大学法学部に晩学、教職に就いた。
 1950年、秋桜子「馬酔木」に参加。
感想
 「旅人木(りょじんぼく)」は、第1句集である。全体を4部に分け、敗戦後の1946年の句より始まり、最後第4部に引揚げまでの句を62句のみ載せている。戦前の句より戦後へ続いた、1部の句集より好感を持てる。
 また戦後派らしい清新さがある。
 比喩の句も多く、「幹たちにささやかれ来て月夜なり」、「昃りて土筆のことば聞き洩らせし」などの暗喩で、「~のような」の直喩に安易に直せない、斬新な句がある。
 60年安保闘争に就いて「全学連など世の騒々しきに」と詞書して「葭切の眼下が暗し暗しと鳴けり」1句のみがある。俳人は、その闘争にあまり関心が、無かったのだろうか。
引用

 以下に5句を引く。
仮住みの寒波いたらぬところなし
幹うつて落葉は迅し故郷なし
木移りに鵯が導く屍の担架
冬の卵亨くまぶしさに声をあぐ
凩を父流水を母の声
0-11
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。




IMG_20180115_0001
 今月16日の記事で到着を報せた、綜合歌誌「歌壇」2018年2月号を、短歌作品中心に読み了える。
 
同・1月号の読後感は、昨年12月29日の記事にアップした。
概要
 2018年2月1日付け、本阿弥書店・刊。169ページ。
 巻頭作品20首4名。第29回歌壇賞決定発表。特別企画「氷見・五箇山を訪ねて」(8首と短文)8名。作品7首10名。他に評論、エッセイなど。
第29回歌壇賞決定
 今回の受賞は、川野芽生(かわの・めぐみ、以下・敬称略)の「Lilith」30首である。彼女は1991年・生、同人誌「穀物」他に参加。
 選考座談会で、吉川宏志が「この一連はおそらく、男性社会に対する呪詛に近い批判がある。」と述べている。
 また「受賞のことば」で彼女は「そのときはじめてわたしは、自分が特定の性に、ことばや真実や知といったものを扱い得ないとされる性に、分類されることを知ったのでした。」と述べて、吉川宏志の言を裏付けている。
 人類の滅亡後も言葉が生き残ってほしいという願いは、あり得ないようで、ヒエログリフやヒッタイト文字のように、人類以後の生命に解読されるかも知れない。
 「Lilith」はユダヤ伝説の、女性の悪魔である。戦闘的ジェンダー性は、保守権力への反抗が敗れつつある現在、男性原理へ矛先を代えたものと思われる。
引用

 巻頭の桑原正紀「表参道の秋」20首には、世の右傾化を詠む4首がある。
Jアラートが役立たぬのはあたりまへ危機感煽るのが目的だもの
 このあっけらかんさは、既に右傾化を押しとどめる方策の放棄があるようだ。そして長期療養中の妻の許へ戻って行く。もう1首
夜な夜なを妻に添ひ寝をする猫の首のほころび縫ひ合はせやる




老いの小夜曲
 最近に1冊と2誌を受贈したので紹介する。
 受贈本として、昨年12月19日の記事
「届いた2冊とUSBメモリ」で紹介した、A・幸代さんの個人詩誌「野ゆき」vol.8以来である。
 まず大森孝一さんの第3歌集「老いの小夜曲」が1月17日に届いた。大森さんは結社「覇王樹社」の大先輩で、95歳になられる。1時断念した歌作を復活、500余首を歌集にまとめた。
 2017年12月、短歌研究社・刊。

「角」45号
 県内に在住の詩人、N・としこさんより、同人詩誌「角」第45号を、これも1月17日に頂いた。
 ほぼB5判、2017年12月・刊。44ページ。
 発行者はK・久璋さんである。

「水脈」61号
 1月18日に、詩誌「水脈」61号を同・事務局より頂いた。
 A5判、50ページ。2017年12月・刊。
 代表はI・信夫さんである。
 3冊とも写真は、白い部分がパソコン版の地に紛れぬよう、やや暗く補正してある。
 いずれも読み了えたなら、ここで紹介したい。





 先の1月16日(火曜日)朝9時半に集合予定の所、15分頃に喫茶店前でTさんとMさんに会った。大雪の道路困難を心配して、早く家を出たのかも知れない。
 3人での短歌研究会A第42回である。先の
同・第41回は、昨年12月16日の記事にアップした。年末の研究会Bを休んだので、1ヶ月ぶりの再会だった。
 喫茶店の席に掛けて、3人ともモーニングを頼んだ。
 歌誌、歌集の貸し借り、返却をして、研究会に入る。研究会Aは、各自の詠草の検討である。
Mさんの9首より。
 1首目の「庭隅にしんと椿が覗きゐる」の上句より、「椿の花が咲く」を僕が奨めた。しかしちょっと芸がなく、結句の「風花が舞ふ」の「花」とも重なるので、後にメールで「椿の紅(あるいは「白」)の咲く」に直しては、と連絡した。
 8首目の上句「山雀と鵯とが交互に鳴きて来る」は、「互みに来ては鳴く」にするよう、僕が奨めた。「互みに」は「かわるがわる」の意味もある。
 9首目の「除湿機の水流しより」をTさんが、「水捨てしのち」に直すよう奨めた。
Tさんの10首より。
 1首目の結句、「野寒布(のしやつぷ)岬」は「納沙布岬」と混同しやすいので、ルビを振るよう、2人が奨めた。
 9首目の2句3句「異形のものこそ恋しけれ」の2句が字余りなので、「異形のものの」にするよう(「こそ」なしの已然形はあるので)僕が奨めたが、Tさんは「こそ」に拘るので、僕は退いた。
僕の10首より。

 5首目の「「ああ多い」呻き句集を読みゆくに多いは悪に似るようである」の2句目「呻き」を「厚い」に直すよう、Tさんが奨める。句集で多いといえば句数の事で、採りたくない。
 9首目の3句から「パソコンの前を立ち来て外を眺める」の4句より、「立ち来て」を「はなれて」に直すよう、Tさんが奨めたが、原作の具体のままにしたい。
 そのあと、僕の今期1ヶ月の歌、60首近くを、2人に読んでもらい、感想をもらった。
 次の研究会Bの日程を決め、10時45分頃に散会した。
0-10
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ