風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

2018年02月

角川「短歌」1月号
 先の1月24日の記事でダウンロードを報せた、角川「短歌」2018年1月号より、短歌編(引用歌、投稿歌を除く)と散文の1部を読み了える。kindle版を、タブレットで、文字の小さな散文は「拡大」を押して詠んだ。
 短歌編とは「新春75歌人大競詠」である。10首or7首と短いエッセイである。短歌は、著作権等に扉文で厳禁されていて、引用等ができない。
 エッセイのテーマは「世界で一番有名な歌は」であるが、紛らわしい。短歌の世界で「歌」といえば短歌を指すが、それ以外ではsongを指すので、応えるエッセイも混乱している。
 短歌を指すとして、短歌は外国での認知度が低くて、俳句や日本現代詩のようには、浸透していないらしい。
 それに「有名な歌が優れた歌であるか」との疑問も書かれ、角川「短歌」の設問としては、あまりに拙い。
 なお何名かが「君が代」を挙げていた。「古今和歌集」に載り、初句「君が名は」であるらしい。歌集に載っていたとはいえ、国歌となれば短歌とは別格である。また非合理的で、国家主義に利用されやすく、あまり佳い国歌とも思えない。
 評論の1部を読んで、歯に衣着せぬ論調であり、勇ましい諸編だと思う。もう少し評論を読みたい。


 2月4日~5日に、今年(この冬)3度目の大雪になっています。
 1月12日~14日の積雪81センチ、1月23日~24日の積雪23センチに続き、2月5日19時までの24時間降雪38センチです。
 以下に写真を4枚、アップしますが、除雪は5日の午後2時頃、撮影は午後5時頃で、その間に数センチの積雪がありました。

CIMG0702
 玄関から県道までのアプローチです。両側は、植木、これまでの除雪を加え、雪の山になっています。
 枝がかぶさっていましたが、細くしか空けられません。

CIMG0707
 車庫前です。この前(県道の端)には、U字溝が走っており、鉄合金のメザラを捲って、雪の1部を放り込みました。
CIMG0704
 車庫横です。妻が車の出し入れに方向転換するため、仮駐車場を空けておいてほしい、と言っていた所です。
 面積があり、体力を使いました。
 隣の家の人がこの冬から使っている、除雪機が羨ましくなります。

CIMG0709
 玄関から勝手口までも、細く空けました。ふだんは勝手口から出入りしている為です。
 2月7日にかけての大雪が予想されていますが、5日午後9時半現在、雪は降っていません。このまま寒波が収まるとも思えませんけれども。






IMG_20180204_0002
 先の2月2日(金曜日)に、2冊の本が届いた。
 1冊は、郷土の文学者(詩、小説、評論を執筆)の定道明さんがご恵贈くださった、小説集「外出」である。
 2018年2月1日、編集工房ノア・刊。
 その前の
小説集「風を入れる」は、昨年2月12日の記事で紹介した。
IMG_20180204_0001
 もう1冊は、藤野早苗・歌集「王の夢」である。
 Amazonのマーケットプレイスで、ネットオフに注文していた本。
 娘さんが中学校で不登校になった(現在は大学で学んでいる)事からの回復を含めて、歌集に収載との事をブログかフェイスブックで知り、早速求めた。
 新本(2014年11月20日、本阿弥書店・刊)を求めるべき所を、Amazonに新本の在庫はなく、マーケットプレイスで古本を買うよりなかった。状態段階は「非常に良い」表示だったけれど、帯にイタミがあった。本文はきれいである。
 いずれも読み了えたなら、ここで紹介したい。




CIMG0694
 立春の今日、家うちにある花を、紹介する。
 上の写真は、先日の妻の誕生日に、遠く住む息子夫婦が贈ってくれたものである。息子は忙しいし、花にはほとんど関心がないので、子の妻が選んでくれたのだろう。
 明るい色のムスカリ、プリムラ、白い小花、観葉植物のアイビー(ヘデラとも呼ぶ)の小鉢植えを、あしらったもの。青い羽根の小鳥のマスコットが添えてある。
 暖かい所が良いだろうと、台所(朝夕にストーブを焚く)の台上に置いてある。

CIMG0695
 これも2、3年前に息子夫婦が、妻の誕生日に贈ってくれた、プリザーブドフラワーである。
 特殊溶液で水分を抜き、特殊色素液で発色させるそうである。水遣りをしなくても枯れなく、湿気が少ない国では5年~10年も、保つそうだ。
 写真は、やや赤色強く補正してある。薔薇2輪と、他はわからない。
 他には、昨年12月17日の記事
「コチョウランとストック」で紹介したうち、コチョウランの花は萎れたが、ストックは数本が花を残している。
 花ではないが靴箱の上には、名前不明の観葉植物、ヒモサボテン、アロエ、各小鉢が乗っている。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、3番目の句集、鷹羽狩行「誕生」を読み了える。
 1月21日の記事、
千代田葛彦「旅人木」に次ぐ。
概要
 原著は、1965年、昭森社・刊。山口誓子・序、444句、秋元不死男・跋、後記を収める。
 鷹羽狩行(たかは・しゅぎょう、1930年~)は、1948年に山口誓子「天狼」に入会、1977年に俳句専業となる。1978年、俳誌「狩」創刊・主宰。2015年、日本芸術院会員。
 第1句集「誕生」は、俳人協会賞・受賞。
感想
 1958年(28歳頃)に7歳年下の妻と結婚、愛妻句を多く作り、1964年となって長女を得て愛児句を成した。
 7歳も年が違い、少女妻と吟じているように、労わってやるよりなかったのだろう。また34歳頃に子を得て、父として喜びだったろう。
 慎ましいながら幸せな家庭を吟じて明るい。
 句集刊行の1965年は、60年安保の政治の時季も過ぎ、経済成長に向かっており、句集「誕生」の受け入れられる素地はあったのだろうと、僕は推測する。
 「燈火親しむ汝はフランス刺繍」は「燈火親/しむ汝はフラ/ンス刺繍」と切れるのだろうか、大胆な句割れ・句跨りである。このような句も目立つ。
引用

 以下に5句を引く。
寒林となりて河港の舟檣(マスト)透く
火事跡のまた匂ひ出づ雪催ひ
鳥雲に妻の指切りぐせ今も
金亀子(ぶんぶん)に裾つかまれて少女妻
雪握る充実の音父となりし
0-03
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。




 先の1月31日(水曜日)の午前9時半より、喫茶店にメンバー3人が集まって、短歌研究会B第22回を持った。僕は寝坊して、5分遅れた。
 
同・第21回は、昨年12月に欠けたので、11月25日以来である。
 飲み物を注文のあと、歌誌・歌集の貸し借り、返却をし、研究会に入った。
 短歌研究会Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込みである。
 今回は第5歌集「日本挽歌」(原著は1953年、創元社・刊、306首)より、「藪下道」の章(109ページ)よりである。
 「夢々惨々(ぼうぼうさんさん)として未来あり」の「夢々惨々」が、広辞苑にもなく、3人にわからない。前例があるのだろう。
 「新聞配達と/して働きき/戦争に兵たりき/今宵四十歳の/矮(ひく)き影あり」の上句は「新聞配達として/働きき戦争に/兵たりき」と切るのかも知れないが、いずれも異様な詠み方である。
 「みづからを偽るまいとおもふとき身体ほてりて夜の闇にをり」は、誰にも偽りはあるのに、自分に厳しい歌人だった、と意見が一致した。
 「新潟の浜」の章。「砂しけば臀(いしき)冷えきつ夏さきの波しづかなる日本海のおと」は、「砂しけば」が「草を藉く」の例があるが、「砂の上に座る」を略して、また「臀」が「臀部」を略して、上手である。「夏さき」は「春先」などと同じく、初夏だろうか。「日本海」と大きく詠んでいることを、Mさんが感心した。
 「夏日幻想」の節(111ページ)より。「銃を負ひ/背嚢を負ひ/たちまちに/苦しわが幻/影あゆみ去る」、「壇上に/反軍備論/すすみつつ/不思議なる聴/衆の沈黙あり」と読むのだろうか。前衛短歌の波があったとしても、大胆な詠みぶりである。
 「水面」の章に入り、初句「曇(くもり)映る」は、「雲映る」にしてしまいがちだが、拘りがあったのだろうとTさんの発言があった。

 結句「わが貧長し」があり、夫婦、病む老人たち、未婚の弟妹、子供たちを抱えて、たいへんだったのだろう。
 113ページの2首でもって、研究会を了え、次回の日程を決めて、10時45分頃に散会した。
0-02
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。



CIMG0690

 1月2日の記事、「あかつきさんの1月カレンダー」に続き、同じ彼女の2月カレンダーをアップします。
 ブロガー、マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ、「あんこと麦と」の1月31日の記事、
「2月のカレンダー(マンガの話9)」より頂きました。
 節分・バレンタインデーあたりの発表になりそうで、悶々としていたところ、神が降りて来て、1月中の発表になったそうです。
 イラストは、飼い猫の、あんこさんと麦君が、フィギュアスケートを演じているところで、背景の雪の結晶も美しいです。
 ブログ記事より、指示に従ってダウンロードし(再配布は禁止)、A4判にプリントし、部屋の横梁に画鋲で留めました。
 写真がややボケているのは、カメラと技術のせいで、ブログを訪れれば、鮮明なカレンダーを得られます。



↑このページのトップヘ