風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケが、2017年10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

2018年03月

CIMG0773
 先の2月25日の記事「新しい電子辞書を買う」の末尾に、獲得した楽天ポイントでケースを買う、と書いた。
 先日、ポイントは確定した。しかしサイトで調べてみると、同じ品が楽天では2、800円余(送料込み)なのに対して、Amazonでは1、800円(税込み、送料無料)で出ていた。
 楽天ポイントは、本を買う時に使う事にして、Amazonへ3月18日に注文した。CASIO電子辞書ケース、ブックカバータイプ、XD-CC2405BK。
 翌日、3月19日に届いた。廉価な分、造りはしっかりしていない。辞書の下半分はケースに収まるが、、上半分は固定されない。写真の状態で、うまく収まっていると思う。下端裏の凹が、ケースの凸に合っている筈。

CIMG0775
 ケースを閉じるのは、ベルトバンドである。
 写真は、ケースの裏である。バンドは耐久性の検査もしてあるだろう。
 耐衝撃性もかなりあるようで、このまま使ってゆく予定である。



硝子のボレット
 今月14日の記事、「歌集2冊をダウンロード(3)」で入手を報せた2歌集の内、田丸まひる「硝子のボレット」を読み了える。
 kindle unlimited版を、タブレットで読みながら、気になる歌をノートにメモしてゆくのだが(ハイライト機能がないので)、読み了えて引用分の丁度7首だったのは、愉快でまた危機感もあった事だった。
概要
 歌集の諸版の発行年次、価格などは、リンクで先の記事を読んでください。
 田丸まひる(たまる・まひる)は、1983年・生まれ。2011年、「未来短歌会」入会。2014年より、「七曜」同人。短歌ユニット「ぺんぎんぱんつ」としても活動中。
感想
 まず第一に、エロチックな歌が多い。あとがき「短い歌」の中で、「事実ではなくても真実を」と書くように、事実を述べたのではない。こうまで放埓な生を送ってはいないだろう。歌に出て来る「官能小説(女性向け?)」の読み過ぎかも知れない。
 職業は精神科医であるという。歌に頼り、性の歌をも詠まないと、仕事と生が持たないのだろう。
 しかし方向転換しないと、彼女の未来は明るくない。
 「ボレット」は「弾丸」の意であるという。
引用

 以下に7首を引く。
縫いつけてもらいたくって脱ぎ捨てる あなたではない あなたでもない
あたたかい言葉まみれの決別の手紙ちいさくちいさくたたむ
一生眠れる薬ほしがる女子生徒に言い返せない 夕立ですか
甘いもの好きな子どもが死にたがる世界に機関銃を野ばらを
窓開けてしよう向こうの国道のトラックにまで見せたい裸体
スプーンを使いこなしてわたしまですくい取るなら結婚してよ
ニーソックス片足立ちで脱ぎながらいつかわたしはぼろぼろになる




IMG_20180319_0003
 最近に入手した、詩集と同人歌誌を紹介する。
 先ず3月17日の「第37回 会員の詩書を祝う会」のおり、赤木比佐江さんより頂いた、詩集「一枚の葉」。
 2017年6月、コールサック社・刊。127ページ。

IMG_20180319_0001
 同人歌誌「COCOON」Issue07が、3月19日の昼に届いた。
 結社「コスモス短歌会」内の、若手歌人による同人誌。短歌、批評を含めて、81ページ。
 いずれも読み了えたなら、ここで紹介したい。


 

CIMG0763
 春めく庭の、椿と山茶花を紹介する。
 庭の花実として、昨年12月17日の記事、雪より起こした
「実生の万両」以来である。
 上の写真は、椿の白花一重。蕊が雄大である。品種・不明。

CIMG0765
 赤花に白の斑入りの椿、「太神楽」。花容が乱れている。
 もっときれいな花が咲いたら、また紹介したい。

CIMG0768
 裏庭に咲く、赤花の山茶花は、盛りを過ぎたようである。
 2階の窓より写した。大木になって、屋根にかかっている



CIMG9500
 3月15日の記事「メルカリより、2冊を買う」で紹介した2冊の内、後の村上春樹「シドニー! 1 コアラ純情篇」を読み了える。
 先のエッセイ集、同
「おおきなかぶ、むずかしいアボカド」は、3月16日の記事にアップした。
概要
 2004年7月、文春文庫・刊。同「2 ワラビー熱血篇」と2分冊になっている。
 有森裕子のマラソンを掌編小説風に描いた「1996年7月28日 アトランタ」と、男子マラソンのシドニー代表選手・犬伏孝行の調整ぶりを取材したドキュメント「2000年6月18日 広島 オリンピック開会式まであと89日」の、2編を枕に、「シドニー日誌」(2000年9月11日~)に入ってゆく。
感想
 村上春樹は、オリンピックが嫌いだと書いていたので、その観戦記もどうかなあ、と思っていた。
 しかし現地に着くと、水族館、動物園等の直接には関わりない場所にも行きながら、競技を熱心に観戦している。
 日本贔屓も現れている。
 勝敗よりも過程の心理、勝敗後の心理、などに迫っている。
 テレビ観戦では捉えられない所を、よく描いている。
 「シドニー! 2 ワラビー熱血篇」文春文庫の新本を、楽天でポイントを使って、注文した。その事情については、また本が届いてから書く予定である。



↑このページのトップヘ