風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケが、2017年10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

2018年04月

 河出書房「ドストエーフスキイ全集」(米川正夫・全訳)第2巻(1956年・刊)より、短編小説「弱い心」を読み了える。
 昨日の記事、
(同)「ポルズンコフ」に次ぐ。何も1日で読み了えた訳でなく、2段組み41ページを数日掛けて読んだ。
概要
 アルカージイと今でいうルームシェアしている青年・ヴァーシャが、リーザンカという娘と婚約するが、幸せのあまり、ささいな仕事の遅れが気になって、狂気してしまう話である。
 アルカージイの言葉に由ると、「君は自分が幸福なものだから、みんなが、それこそ一人残らずみんなの者が、一時に幸福になればいいと思うんだ。君は一人だけで幸福になるのがつらいんだ、苦しいんだ!」と言い当てる。
感想
 役所で書類の清書の役を続けて、生活に痛めつけられた青年の弱い心が、大きな幸せのあまり狂気してしまう姿は哀れである。
 先のアルカージイの言葉は、資本主義、官僚主義の社会悪を衝き、ドストエフスキーが社会主義に近づきペトラシェフスキー事件で逮捕される因となったようである。
 古典的社会主義も、今は1つの幻となってしまったけれども、当時としては進取的だったのである。
0-12
写真ACより、「ゲームキャラクター」のイラスト1枚。


 河出書房「ドストエーフスキイ全集」(米川正夫・全訳)第2巻(1956年・刊)より、短編小説「ポルズンコフ」を読み了える。
 昨年8月10日の記事、
(同)「九通の手紙に盛られた小説」以来である。
 なぜこんなに期間が空いたかと言えば、2編の間にある中編小説、「主婦」を読み進められなかったからである。それなら一旦、それは避けて通って(後時、読む日があれば幸いである)、次の短編小説を読む事にした。
概要
 周囲の者に無心して(小説では、借金して、と書かれてもいる)生活しているポルズンコフが、自虐ネタの笑い話で座興を惹く話である。
 下級官吏だった頃、上司の娘が失恋して、彼と結婚する事になった。しかし思い直した上司が芝居を打って、破約、持参金も返却させ、ポルズンコフを免官してしまう。しばらくして元・上司に出会ったポルズンコフが、「卑怯者」と言ってやろうとして、口から出ない始末である。
感想
 失恋した娘を嫁がせようとする親心、舞い上がってしまう下級官吏、思い直した上司官僚の冷酷さ、などが座興話的にうまく描かれている。
 当時の貧民の道化の心理、それを面白がる者たちの心理、貧しい者たちの世界を描いて、ドストエフスキーの1世界である。
0-23
写真ACより、「ゲームキャラクター」のイラスト1枚。


新しい猫背の星
 記録に拠ると4月14日に、Amazonのkindle unlimited本コーナーより、書肆侃侃房の新鋭短歌シリーズから、2冊の歌集をタブレットにダウンロードしている。
 3月28日の記事、
(同4)に次ぐ。

 1冊目は,尼崎武(あまがさき・たけし)、「新しい猫背の星」。
 紙本版:2017年3月14日・刊、1836円。
 kindle版:2017年4月27日・刊、800円。

トントングラム
 2冊目は、伊舎堂仁(いしゃどう・ひとし)の「トントングラム」。
 紙本版:2014年12月15日・刊、1836円。
 kindle版:2016年6月4日・刊、800円。

 なおkindle unlimited版は、共に追加金・無料である。
 共に読み了えたなら、ここで紹介したい。


 今日2回目の記事更新です。
 今月17日の記事「椿、木蓮と桜」に続き、庭の椿2種と満天星の花を、紹介します。

CIMG0831
 赤花の八重大輪の椿です。
 品種・不明。洋種椿らしい。
 花の白い部分は日当たりの加減で、斑入りではありません。

CIMG0834
 ピンク色の八重の大輪です。
 品種・不明。これも洋種椿らしい。

CIMG0836
 満天星(どうだん)の白花(普通種)です。
 大株の1部で、他の花には、蜂が集まっていました。
 写真で見ると、野性味があります。


 4月18日(水曜日)の午前9時半より、メンバー3人がある喫茶店の隅に集まって、短歌研究会A第44回を持った。
 メンバーの都合で、2月17日の記事で紹介した、
同・A第43回以来の研究会なので、2ヶ月ぶりの再会だった。
 歌誌、歌集の貸し借り、返却のあと、研究会に入る。Aはお互いの詠草の検討である。Tさんは、先日にけがをして体調不良で、詠草を持って来なかった。
Mさんの10首より。
 「はらはらと桜花ちる峡のみち歩みきしときうぐゐすの鳴く」を3人掛かりで「桜花ちる峡のみち歩むとき木立の上にうぐひすの鳴く」に直した。
 3首目の「のそりと出づる白き蛙よ」を順直に「白き蛙ののそりと出づる」に直すよう、Tさんが奨めた。
 6首目の下句「灯に照らされど寂しその白」より、4句を「灯に照らされて」に直すよう、2人が奨めた。
僕の10首より。
 5首目の「ひらけて見仰ぐ」は「仰ぐ」だけで見上げる意になるとTさんが指摘するので、僕は納得した。
 8首目の中句「配りきて」は「配りおえ」が良いとTさんが奨めるので、ニュアンスが微妙に違うと思いつつ、受け入れた。
研究会後
 僕の今期1ヶ月の30首程を2人に読んでもらった。
 また研究会Bの予定も決め、11時半頃に散会した。
0-34
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。


↑このページのトップヘ