風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

2018年04月

 4月18日(水曜日)の午前9時半より、メンバー3人がある喫茶店の隅に集まって、短歌研究会A第44回を持った。
 メンバーの都合で、2月17日の記事で紹介した、
同・A第43回以来の研究会なので、2ヶ月ぶりの再会だった。
 歌誌、歌集の貸し借り、返却のあと、研究会に入る。Aはお互いの詠草の検討である。Tさんは、先日にけがをして体調不良で、詠草を持って来なかった。
Mさんの10首より。
 「はらはらと桜花ちる峡のみち歩みきしときうぐゐすの鳴く」を3人掛かりで「桜花ちる峡のみち歩むとき木立の上にうぐひすの鳴く」に直した。
 3首目の「のそりと出づる白き蛙よ」を順直に「白き蛙ののそりと出づる」に直すよう、Tさんが奨めた。
 6首目の下句「灯に照らされど寂しその白」より、4句を「灯に照らされて」に直すよう、2人が奨めた。
僕の10首より。
 5首目の「ひらけて見仰ぐ」は「仰ぐ」だけで見上げる意になるとTさんが指摘するので、僕は納得した。
 8首目の中句「配りきて」は「配りおえ」が良いとTさんが奨めるので、ニュアンスが微妙に違うと思いつつ、受け入れた。
研究会後
 僕の今期1ヶ月の30首程を2人に読んでもらった。
 また研究会Bの予定も決め、11時半頃に散会した。
0-34
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。


 以下のプロフィール記事は、メニューバーの「プロフィール」に連携するための、下書きです。
 お目障りであれば、読まずに飛ばして、「年刊句集 福井県 第56集」の記事においでください。
0-54
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



 福井県俳句作家協会・刊の「年刊句集 福井県 第56集」より、3回目の紹介をする。
 
同・(2)は、今月14日の記事にアップした。
概要
 今回は52ページ~75ページの24ページ分、48名の480句を読んだ。
 福井地区(福井市・吉田郡)の中程である。
感想
 何と言っても、会員数が多く(若者の俳句離れが序文で述べられているけれども)、福井県短歌人連盟の年刊・歌集「福井短歌」、福井県詩人懇話会の年刊アンソロジー「詩集ふくい」に比べて、格段の差がある。
 俳句の指導法は、短歌の指導法と異なり、嫌味が少ないのかと思う。
 年刊句集には、小詩型と呼ばれるコンプレックスがあるのか、大きな景や大きな気概を吟じようとする作品が見られる。啄木から短歌に入った僕は、トリヴィアルな作品であっても、真実があれば良い、と考える。
引用

 K・朋子さんの「母の忌」10句より。
とろとろと畦に移りし野焼かな
 Y・てるこさんの「母の星」10句より。
ふる里の祖母に飛びつく子供の日
 M・桃翠さんの「お年玉」10句より。
かたかごの花へ靴音人の声

0-27
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



CIMG0818
 今月5日の記事「木蓮2種と椿3種」に続き、庭の木の花を紹介します。
 上の写真は、椿の古典的銘花「岩根絞り」です。1859年の銘簿に載っているそうです。(誠文堂新光社「日本ツバキ・サザンカ名鑑」に拠る)。
 1時は樹勢(約・丈2メートル、横張り)一杯に咲いていましたが、剪定が悪かったか、衰えか、今は数輪しか咲きません。

CIMG0825
 紫花の木蓮(普通種)です。
 主幹の切り替えを何度かしたせいか、大きな樹になっていません。

CIMG0827
 八重の桜です。豪雪の害か、花が少ないようです。
 家を建てた時、亡父が植えてくれて、40年が経っています

CIMG0829
 いわゆる黄桜です。
 僕が苗を買って来て、植えました。
 品種は「鬱金桜(うこんざくら)
」だったか、「御衣黄(ぎょいこう)」だったか、忘れました。


CIMG9508
 今月9日の記事「届いた3冊」で報せた内、川上未映子による村上春樹へのロング・インタビュー「みみずくは黄昏に飛びたつ」を読み了える。
概要
 2017年4月25日、新潮社・刊。345ページ。
 第1章は、「職業としての小説家」を中心として。
 第2章~第4章は、おもに長編小説「騎士団長殺し」をめぐって。
感想

 改稿回数(「騎士団長殺し」で10稿)とか女性性について、新しい話もあるけれど、地下2階論とか、これまでの繰り返しの部分も多い。
 第1章で彼は、「僕がいつも言うことだけど、優れたパーカッショニストは、一番大事な音を叩かない。」と述べるけれども、僕は初めて聞いた。名声で押し切っているのではないか。
 「職業としての小説家」は話題にのぼらなかった。
 また「騎士団長殺し」は、アンチ・村上春樹にも、村上春樹・支持者にも、あまり評判は良くなかったようだ。
 言い訳めいて聞こえる。
 これだけのロング・インタビューを発行して、批判を封じているようにも読める。
 「ねじまき鳥クロニクル」でピークを迎えて、「アンダーグラウンド」等で転換を図り、発表を続けているが、勢いは(深さは別として)衰えたのか。
 彼は執筆に関する本を、何冊か出版していて、彼の作品を深く読めるようだが、読者は言いなりになってはいけない。



春戦争
 先の3月28日の記事、「歌集2冊をダウンロード(4)」で報せた内、陣崎草子・歌集「春戦争」kindle unlimited版を読み了える。
 Amazonの諸版の発行時期、価格等について、そこで述べたのでご覧ください。
概要
 昨日の記事、天道なお・歌集「NR」と共に、書肆侃侃房の「新鋭短歌シリーズ」の内の1冊である。
 陣崎草子(じんさき・そうこ)は、1977年・生まれ。大学美術科・卒業後、デザイン会社等に勤めるも、23歳で独立。
 絵本絵、絵本、小説、短歌を発表している。いわゆるフリーランサーか。
 歌集の巻末に、東直子・解説「生き延びるための覚悟」、著者・あとがき「以来ずっと」を収める。
感想
 20代の末に、穂村弘の短歌に衝撃を受け作歌を始め、2008年、歌人集団「かばんの会」入会。
 やや頼りない歌、頼りない生き方である。「こんなにもだれか咬みたい衝動を」と肉食系ながら、「この道がまちがった場所につづくこと」と結婚に行き着かない恋をし、生きゆく費用を算段したりする。
 「短歌は自己救済の文学である」と言われるから、力を与えてくれるけれども、無理な使い方をすると見放されるかも知れない。
引用

 以下に7首を引く。
こんなにもだれか咬みたい衝動を抑えて紫陽花の似合うわたしだ
どうやって生きてゆこうか八月のアイスクリームの垂れざまを見る
整理して出ていく誰もいない窓 なのに見送られているふりを
すっきりとした立ち姿を見てってよこれがあなたがたの生んだものです
この道がまちがった場所につづくこと知ってるぼくらのほどよい笑い
「思索型、と、いうらしい」関節の目立つこの手と長いつきあい
忘れたいことがあふれてくる夜更け首輪のにおいを嗅いでは祈る



 

NR
 先の3月28日の記事「歌集2冊をダウンロード(4)」で報せた内、天道なお・歌集「NR」を読み了える。
 Amazonでの諸版の発行時期、価格等については、そこで述べたので、ご覧ください。
概要
 天道なおは、1979年・生まれ、高校生時代より作歌を始め、早稲田短歌会を経て、(1時期「波濤」に在籍したようだが)、2003年より「未来短歌会 彗星集」に所属する。
 第1歌集「NR」には、250首、加藤治郎・解説「帰ることなく」、著者・あとがきを収める。
感想
 大学卒業、就職(営業職だったか)、結婚、出産を経て、退社。
 順調な生活に読めるかも知れないが、仕事は厳しく、第1子出産後も働こうとするが、止むなく退社したようだ。
 企業が、娘さんの若さと体力を搾り取って、放り出す典型である。
 現在はJCDAのキャリアカウンセラーとして、働いているようだ。
 短歌を支えに、時には武器として、これから先を歩んでほしい。
 なお解説名の「帰ることなく」は、春日井建の歌集名「行け帰ることなく」に誘発されたようだ。
引用

 以下に7首を引く。
約束をやぶってごめん惨惨とやさしい雨が降る場所にいる
懐かしいあの夕闇に立ち戻り立ち戻りして生きるのだろう
炎だつExcellグラフいくつかの受注決まりし五月、六月
ひっそりとヒトのかたちにしずもりて熟れゆく果実わが宮にあり
山間部および都市部はおよそ雨、NR(ノーリターン)とあるホワイトボード
コットンのねむりの中でおさなごがやさしく握る虹の先っぽ
新姓を貼り付けられて生き延びるこのベランダは終着点なり



↑このページのトップヘ